【スタッフ募集中】

       電子版購入はこちらから【新聞オンライン.com】

   http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

『新聞オンライン』アプリ配信開始!

スマートフォン・タブレット端末で閲覧できます! 

 

 八重山日報電子版では最新号の新聞の他、バックナンバーも購入いただけます。定期購読または1部からの購入も可能となっており、購入した新聞は、IDとパスワードでログインさえすれば、自宅でも職場でも、読むことができます。

 発売時刻は、発売当日の午前11時となります。(変更になる場合があります)

 難配達地域の既存の読者にも非常に利便性の高いサービスとなっております。是非ご利用ください。

 ※著作権の都合上、電子版では、紙の新聞と内容が一部異なる場合や、掲載されないページ・掲載されない記事がある場合があります。あらかじめご容赦ください。

2016年

12月

08日

日本が「奄美・琉球」の…

 日本が「奄美・琉球」の世界自然遺産登録を目指していることに絡み、中国紙が「琉球は日本固有の領土ではない」とする専門家の論文を掲載した。世界遺産登録の範囲が将来、尖閣諸島に拡大されることを警戒する中国の妨害工作だ。石垣市が2013年の海洋基本計画で尖閣の世界遺産登録を打ち出したことへの「意趣返し」と見られる◆しかし県は6日の県議会代表質問で「一専門家の論文に過ぎない」と問題視しなかった。反論しないということは黙認したも同然だが、そんな安易な姿勢でいいのか◆尖閣を抱える石垣市もトーンダウンが目立つ。海洋基本計画の策定から3年、尖閣の世界遺産登録に向けた具体的なアクションが全く見られない。「奄美・琉球」登録への悪影響を懸念していると見られるが、そうしたリスクは最初から認識すべきだった◆尖閣を守る最大の対抗策は石垣島への自衛隊配備だが、防衛省の打診から1年、市はいまだに賛否を明らかにしていない。この問題は中山市長の就任以前から浮上しており、市長も当然、政治家としてそれなりの考えを持っているはずで、これほど時間をかける理由が不可解だ◆中山市長が年内に表明する可能性が取り沙汰されているが、受け入れるにせよ拒否するにせよ、遅過ぎの感は否めない。

2016年

12月

08日

交通事故死 過去最多 ヤマネコ「絶滅の恐れ」 西表島

死亡したイリオモテヤマネコ。4日に発見された(環境省西表野生生物保護センター提供)
死亡したイリオモテヤマネコ。4日に発見された(環境省西表野生生物保護センター提供)

 環境省那覇自然環境事務所は7日、竹富町西表島に生息し、絶滅の恐れのある国の特別天然記念物イリオモテヤマネコの死骸が県道で見つかったと発表した。死因が交通事故死だった場合、今年7件目となり、記録が残っている1978年以降で最多となる。同事務所は「死亡した個体には妊娠中の個体や幼獣が含まれており、繁殖に影響し、絶滅の恐れが高くなっている。非常に憂慮すべき事態」として県や町と連携し、市民参加型の対策会議の開催を検討している。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2016年

12月

08日

増員警官、高江に配置せず 知事、辺野古反対で訪米へ 県議会代表質問

 【那覇】池田克史県警本部長は7日、県警の警察官を100人増員する計画について「米軍犯罪を含め、事件・事故の初動対応、パトロールの強化などを図る」と述べ、米軍施設の移設工事が進む名護市辺野古や東村高江に「配置することはない」と強調した。県議会12月定例会の代表質問で瀬長美佐雄氏(共産)に答えた。
 米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対するため、翁長雄志知事が近く訪米する意向を表明していることに関し、謝花喜一郎知事公室長は「知事が訪米し、米国の理解を求めることは沖縄の基地問題を解決する上で重要だ。米国の状況や普天間飛行場移設の状況などを勘案し検討したい」と説明した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2016年

12月

07日

適正飲酒量の啓発を 低年齢からの指導必要 健康おきなわ21

八重山地区健康沖縄21推進会議の適正飲酒対策ワーキング部会が開かれた=6日午後、八重山保健所
八重山地区健康沖縄21推進会議の適正飲酒対策ワーキング部会が開かれた=6日午後、八重山保健所

 県民の健康づくりの指針となる「健康おきなわ21」実現に向けた八重山地区推進会議の適正飲酒対策ワーキング部会の初会合が6日、八重山保健所で開かれた。住民の飲酒量が県や全国平均に比べ高い傾向にあり、適正飲酒量の啓発が必要であることが報告された。飲酒の低年齢化を指摘し、小学校低学年からの指導を求める声もあった。

 「健康おきなわ21」では、1日平均純アルコールで約20㌘を適正飲酒量としている。同保健所の2014年の調査では、1回の飲酒量が適正量である人の割合は男性34・6%、女性73・1%で、男女とも全国平均より少なかった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2016年

12月

07日

災害状況 無人機で ドローン導入を検討 石垣市

▶複数のドローンが紹介された=6日、市消防本部
▶複数のドローンが紹介された=6日、市消防本部

 石垣市が災害発生時の情報収集や救助活動など、多方面で活躍しているドローン(無人航空機)の導入を検討していることが6日、わかった。市防災危機管理室の大濵武室長は取材に対し、「災害時の情報収集に力を発揮すると思う。導入を検討している」と話した。

 6日、石垣市消防本部駐車場で合同会社パワナ、株式会社ソリトンシステムズ、ジオサーフ株式会社、フリアーシステムズジャパン株式会社が合同で、石垣市職員などを招き、ドローンのデモ飛行を行った。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2016年

12月

07日

「アクセス道整備に支障」 旧浄水場の文化財指定で県 県議会代表質問

代表質問する次呂久成崇氏=6日午後、県議会
代表質問する次呂久成崇氏=6日午後、県議会

[那覇]県議会12月定例会は6日から代表質問の日程に入り、石垣市区選出の次呂久成崇氏(社民・社大・結連合)が登壇した。新石垣空港アクセス道路の予定地上にある旧大浜町の旧浄水場施設に文化財指定の動きがあることについて宮城理土木建築部長は、石垣市の意見照会に対し、文化財に指定されれば「事業に多大な支障がある」と回答したことを明らかにした。
 旧浄水場施設などをめぐっては、市文化財審議会から市教委に対し、市の文化財に指定するよう求める建議書が提出されている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2016年

12月

06日

反対派、住民投票要求 賛成派はゼロ、考えに相違 陸自配備計画

 石垣島への陸上自衛隊配備計画をめぐり、石垣市は、10月28日に開催した公開討論会で参加者に実施したアンケート結果をまとめ、5日公表した。反対派から住民投票を求める意見が多数あった一方、賛成派で住民投票を要望する意見はゼロで、住民投票に対する考え方の相違が浮き彫りになった。

 反対派は自治基本条例に基づく住民投票を模索。同条例では有権者の4分の1以上の署名で住民投票を請求できると定めており、中山義隆市長が受け入れを表明した場合は、署名運動に踏み切る可能性が高い。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2016年

12月

06日

「あいさつしに寄ってきてくれる」 オオゴマダラの乱舞にびっくり

アサヒカズラに集まってきたオオゴマダラ=4日、竹富島西集落バギナヤ
アサヒカズラに集まってきたオオゴマダラ=4日、竹富島西集落バギナヤ

 【竹富】竹富島では最近、日本最大級の大きさといわれるチョウ、オオゴマダラが飛び交う姿をよく目にする。ふわふわと飛ぶさまは、まるで新聞紙を広げたかのようにも見えて、強いインパクトがある。
 竹富島西集落のバギナヤでは、庭先のアサヒカズラ(ニトベカズラ)に、10匹ちかくものオオゴマダラが乱舞し、思いがけないショーの開始に、通りかかった観光客らは大喜びだった。オオゴマダラは人懐こい性格なのか、目の前までカメラを近づけても逃げることなく、いつまでも優雅な姿を堪能させてくれた。
 愛知県から観光で来島した木村昭子さん(87)は「私にあいさつしに寄ってきてくれるのよ」と笑いながらオオゴマダラとのふれあいを楽しんでいた。(隅田賢通信員)