【スタッフ募集中】

       電子版購入はこちらから【新聞オンライン.com】

   http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

『新聞オンライン』アプリ配信開始!

スマートフォン・タブレット端末で閲覧できます! 

 

 八重山日報電子版では最新号の新聞の他、バックナンバーも購入いただけます。定期購読または1部からの購入も可能となっており、購入した新聞は、IDとパスワードでログインさえすれば、自宅でも職場でも、読むことができます。

 発売時刻は、発売当日の午前11時となります。(変更になる場合があります)

 難配達地域の既存の読者にも非常に利便性の高いサービスとなっております。是非ご利用ください。

 ※著作権の都合上、電子版では、紙の新聞と内容が一部異なる場合や、掲載されないページ・掲載されない記事がある場合があります。あらかじめご容赦ください。

2016年

7月

01日

「自公」対「革新」の激戦に 保守陣営は分裂状態 参院選

 7月10日投開票の参院選は、自民現職で沖縄担当相の島尻安伊子氏(51)=公明、おおさか維新推薦=と新人で元宜野湾市長の伊波洋一氏(64)が激戦を繰り広げている。八重山では、島尻氏を支える自民党石垣市支部が自衛隊配備計画をめぐる路線対立から分裂、市議らは別々に事務所を構えて選挙運動を展開している。一方、「オール沖縄」を標榜する伊波氏は革新支持層が運動の核。選挙戦は事実上、「自公」対「革新」の構図となっている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

01日

救助技術の向上目指す 市消防、航空基地が覚え書き

石垣市消防本部と海保石垣航空基地で覚書が結ばれた=6月30日、石垣市消防本部
石垣市消防本部と海保石垣航空基地で覚書が結ばれた=6月30日、石垣市消防本部

 所属する職員の救助技術向上と迅速で的確な人命救助を目指すため、石垣市消防本部(慶田城用充消防長)と海保石垣航空基地(大河内克朗基地長)は6月30日、石垣市消防本部で「救助・救急等の技術にかかる相互協力に関する覚え書き」を締結した。

 同覚え書きは、石垣航空基地が市消防職員に懐中捜索や海中作業の指導助言を行い、市消防は同航空基地にトリアージ訓練など、救助や救急等に関する指導を行うもの。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

6月

30日

「漁業者の安全確保を」 中国軍艦侵入で県に要請 市議会

要請文を渡す石垣市議会の知念辰憲議長(右)と県議会議長の新里米吉氏(左)=29日午後、県議会(那覇市)
要請文を渡す石垣市議会の知念辰憲議長(右)と県議会議長の新里米吉氏(左)=29日午後、県議会(那覇市)

 【那覇】石垣市議会の知念辰憲議長ら市議団6人は29日、県庁を訪れ、尖閣諸島周辺の接続水域に中国軍艦が侵入した問題をめぐり、翁長雄志知事と県議会の新里米吉議長に対策の強化を要請した。
 県議会への要請で知念議長は「地元の漁師が安全に操業できるように、県から国に対してもっと強く働きかけてほしい」と地元の漁師に対する配慮を求めた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

6月

30日

国は大臣が対応 県は副知事も会わず 尖閣、市議は「温度差」と疑問視

翁長知事宛てに要請を行った石垣市議会の知念辰憲議長(左)ら=29日午後、県庁(那覇市)
翁長知事宛てに要請を行った石垣市議会の知念辰憲議長(左)ら=29日午後、県庁(那覇市)

 尖閣諸島周辺の接続水域に中国軍艦が初めて侵入した問題をめぐり、石垣市議会は28、29の両日、政府と県に対し漁業者の安全操業に向けた取り組みなどを要請した。政府は菅義偉官房長官、島尻安伊子沖縄担当相ら大臣、副大臣クラスが要請に対応したが、県は翁長雄志知事はおろか副知事さえ姿を見せず、部課長級職員に要請書を受け取らせた。知念辰憲議長は「残念だ。国と県の温度差を感じる」と県の姿勢を疑問視した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

6月

30日

「三線の宴」で観光PR ミス八重山、台湾物産博で

テープカットを行う関係者
テープカットを行う関係者

 24日から3日間、台湾の台北駅で「日本の観光・物産博」が開催され、62団体、75ブースが出展。延べ11万9900人が来場した。「八重山三線の宴」と題したステージパフォーマンスではミス八重山が登場。大型クルーズ船や飛行機の直行便で気軽に行くことができる八重山諸島をPRした。
 その後は平良彰健さん、金城弘美さんが八重山民謡を披露し会場を沸かせた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html