【スタッフ募集中】

       電子版購入はこちらから【新聞オンライン.com】

   http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

『新聞オンライン』アプリ配信開始!

スマートフォン・タブレット端末で閲覧できます! 

 

 八重山日報電子版では最新号の新聞の他、バックナンバーも購入いただけます。定期購読または1部からの購入も可能となっており、購入した新聞は、IDとパスワードでログインさえすれば、自宅でも職場でも、読むことができます。

 発売時刻は、発売当日の午前11時となります。(変更になる場合があります)

 難配達地域の既存の読者にも非常に利便性の高いサービスとなっております。是非ご利用ください。

 ※著作権の都合上、電子版では、紙の新聞と内容が一部異なる場合や、掲載されないページ・掲載されない記事がある場合があります。あらかじめご容赦ください。

2016年

7月

29日

マイバック悪用の手口も 万引き抑止で連絡協 八重山署

八重山署は「万引きは見つけしだい通報してほしい」と呼び掛けている=27日、市内スーパー(写真は記事とは関係ありません)
八重山署は「万引きは見つけしだい通報してほしい」と呼び掛けている=27日、市内スーパー(写真は記事とは関係ありません)

 八重山署管内での万引き被害は25日現在で21件発生し、前年同期比で4件(31・3%)増加した。マイバッグを悪用した万引きなど手口が巧妙化し、発見が困難になっていることからスーパー関係者が頭を抱えている。
 27日、八重山警察署で市内のスーパーやコンビニなどの関係者を集めた万引き抑止連絡会議が開かれた。同署の担当者は「マイバッグを持参しての万引きが増加している」と報告した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

29日

「友だち100人つくる」 夏休み利用し語学留学 与那国

 【与那国】夏休みを利用し語学留学をする町の中学生4人の出発式が、26日午前、与那国空港で行われた=写真。
 派遣されるのは、与那国中学校3年生の崎元美玖さん、仲黒島結子さん、久部良中学校3年生の和泉用樹君、2年生の城間美栄さん。
 短期留学は「与那国町海外ジュニア語学留学派遣事業」として毎年実施されているもの。4人は、8月16日までアメリカワシントン州シアトル近郊に滞在し、現地の学校に通う。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

29日

北部地区に政治の光を 5校連が市に振興策要請

要請書を手渡す柳澤正和野底小PTA会長(左)と金城弘一石垣市総務部長(右)=28日午後、石垣市役所
要請書を手渡す柳澤正和野底小PTA会長(左)と金城弘一石垣市総務部長(右)=28日午後、石垣市役所

 伊原間中学校区の小中学校、公民館などで組織する「石垣市北部五校地区連絡協議会」(兼元光誠会長)は28日、スクールバスによる完全送迎の実施や学校施設の補修、コミュニティFMの難聴解消などを求める要請を石垣市役所で行った。要請項目は石垣市に対するものが11項目、市教委に対するものが56項目、八重山土木事務所に対するものが4項目。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

28日

観光好調、過去最高も視野 上半期で前年比15%増

離島行きの船を待つ観光客(資料写真)
離島行きの船を待つ観光客(資料写真)

 八重山観光が好調を維持している。県八重山事務所が27日発表した2016年上半期(1~6月)の八重山入域観光客数は60万610人で前年比7万7818人(14・9%)増。112万人台を記録した14年の上半期も上回り、過去最高ペースとなった。国内、海外路線とも増加を続けており、武田智所長は「通年でも過去最高となる可能性は十分にある」と期待した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

28日

「大好きな平和伝える」 徳さん親子 長崎で取材へ

親子新聞記者に当選した徳誠司さん(右)と琉歌(るか)君と母親の小百合さん=24日午前、平得にある徳さんの学習塾で
親子新聞記者に当選した徳誠司さん(右)と琉歌(るか)君と母親の小百合さん=24日午前、平得にある徳さんの学習塾で

 日本非核宣言自治体協議会が公募した親子記者に石垣市から平得の学習塾経営、徳誠司さん(46)と二男の琉歌(るか)君(11)=大本小5年=が選ばれ、8月9日に長崎県で開かれる原爆犠牲者慰霊平和祈念式典などを取材することになった。

 親子記者には全国152組の応募があり、抽選で親子9組が選ばれた。徳さん親子は8月7日に石垣市を出発し、8月11日まで長崎県で取材する。
 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

28日

敷居高い警察に「癒やし」 さんご会が植栽活動

さんご会のメンバーと山城係長=27日、八重山警察署
さんご会のメンバーと山城係長=27日、八重山警察署

 八重山警察署(前田達史署長)の敷地出入り口で、さんご会(多宇美恵子会長)が5月下旬から植栽活動を行っており、8種類ほどの色彩豊かな花が咲いた。警察署は一般人には敷居が高いイメージだが、花々が訪れる人の心を癒やしている。
 同署交通課事故係の山城正人係長が、いつも庭の手入れをしている知り合いの多宇会長に植栽を依頼したことがきっかけ。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

27日

八重山商工の…

 八重山商工の衝撃的な春夏連続甲子園出場から10年。沖縄の高校野球に偉大な足跡を残した伊志嶺吉盛監督が退任を表明した◆10年前は八重山にとって「天の時、地の利、人の和」の三拍子がそろった千載一遇の機会だった。伊志嶺監督という名将、その薫陶を受けた優れた選手がいて、市民も一丸となって選手の島外流出を防いだ。当時のような熱気を、現在の八重山で感じることはできない。この10年間、八重山勢の甲子園出場がかなわなかったことは、ゆえなしとしない◆離島の八重山は、本島の高校に比べると大きなハンディを抱えている。お隣の宮古島からも、いまだに甲子園出場校は出ていない。生半可な覚悟では甲子園にたどり着けないことを、10年間の空白が教えてくれる◆それでも今年の八重山勢は健闘した。八重山高校が県王者となり、九州大会でも1勝して21世紀枠候補に初めて選ばれた。八商工も夏の大会で4強入りを果たした。しかし八重高は夏の大会で初戦敗退し、最大のライバルだった興南も早々に姿を消して、頂点に立ったのはダークホースの嘉手納だった◆沖縄の高校野球界は戦国時代に入っており、誰もが天下を狙って切磋琢磨している。勝負の世界で生き抜く厳しさを、改めて実感させられた1年でもあった。

2016年

7月

27日

一番おいしいのは? 生産農家らがマンゴー品評会

八重山のマンゴーをA試食する県職員ら=26日、県八重山合同庁舎
八重山のマンゴーをA試食する県職員ら=26日、県八重山合同庁舎

 マンゴー生産農家や関係機関からなる、八重山マンゴー研究会は26日午後、県八重山合同庁舎でマンゴーの品評会を開催し、庁舎内で勤務する職員らが12農家、4機関が生産したマンゴーの食べ比べを行った。

 同研究会は結成8年目。6年前から品評会を開催しており、現在は郡内29経営体が加盟している。
 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html