2014年

10月

31日

知事選告示 4氏立候補 基地、経済など争点に 来月16日投開票、辺野古影響も

 任期満了に伴う沖縄県知事選は30日告示され、元郵政民営化担当相の下地幹郎氏(53)、元参院議員の喜納昌吉氏(66)、前那覇市長の翁長雄志氏(64)、3選を目指す現職の仲井真弘多氏(75)=自民推薦が立候補した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設や沖縄振興策などを争点に、11月16日の投開票に向け、激しい選挙戦が展開される。

 普天間飛行場移設問題では、安倍政権は結果にかかわらず移設を推進する方針だが、有権者が下す審判は移設計画の進め方や今後の日米関係に影響を与える可能性もある。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

31日

今年は8万4000人が来島 アクエリアス号 最終寄港

今季最終寄港したスーパースター・アクエリアス号をウィングキッズリーダーズが演舞で見送った=30日夜、石垣港
今季最終寄港したスーパースター・アクエリアス号をウィングキッズリーダーズが演舞で見送った=30日夜、石垣港

 4月7日からプログラム運航していたスタークルーズ社(本社・マレーシア)の「スーパースター・アクエリアス号」は30日、今季の最終寄港となった。石垣港F岸壁では、石垣市民吹奏楽の演奏やウィングキッズリーダーズによる演舞が披露され、訪れた台湾観光客へ感謝の気持ちを表した。同船は今年57回寄港しており、9月末で7万3034人が来島。石垣市によると、10月の寄港を加えて概算で8万4000人が来島した見込みだという。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

31日

年賀はがきが発売開始 郵便局でセレモニー

アトラクションで販売開始をPRした子どもエイサー会=30日午前、八重山郵便局
アトラクションで販売開始をPRした子どもエイサー会=30日午前、八重山郵便局

 2015年用年賀はがき発売開始セレモニーが30日午前、八重山郵便局窓口ロビーで開かれ、子どもエイサー会がアトラクションを披露、PRした。松川真局長は「種類によって品切れ、手元に届くのが遅れることがある。早めに購入し、年始のあいさつに年賀状を送付してもらいたい」とアピールした。


 年賀はがきは、この日から販売を受け付け。八重山郵便局を含む15局では、年賀はがき50枚以上の購入した先着100人の利用客に対して「卵パック」プレゼントのサービスを実施している。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

30日

きょう告示 4氏激戦へ 八重山は離島振興に関心集中 県知事選

 県知事選はきょう30日告示、11月16日投開票される。現職で3期目を目指す仲井真弘多氏(75)、前那覇市長の翁長雄志氏(64)、元郵政民営化担当相の下地幹郎氏(53)、元参院議員の喜納昌吉氏(66)が立候補を表明している。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設や沖縄振興策などが主な争点。八重山では普天間飛行場移設問題に対する関心は低く、有権者の関心は離島振興策に集中している。


 告示日の30日、仲井真氏は午前8時半から選対事務所で第一声を放つ。翁長氏は午前8時から出発式を開いたあと、辺野古に向かう。下地氏は午前10時からパレットくもじ前で演説。喜納氏は久高島から選挙戦をスタートさせる。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

30日

年間観光客、過去最高更新へ 9月までに89万人超 八重山

 県八重山事務所は29日、9月の入域観光客数が11万9957人(前年同月比13・8%増)で、9月としての過去最高を記録したと発表した。23カ月連続で対前年同月比を上回り、1月から9月までの累計は89万9768人に達した。年間で過去最高だった昨年の入域観光客数(94万2964人)を上回るのはほぼ確実な見通しとなった。


 国内観光客数は、那覇からの入域観光客数が前年度に比べ減少したが、東京、大阪方面からは前年を上回り、好調さを維持している。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

30日

APEC尖閣喪失危機 愛國派の議員は疑惑を追究せよ 石井 望

 十月十六日、毎日新聞が第一面上段左方を大きく使って怖ろしい話を報じた。安倍内閣が北京側と時間をかけて尖閣について話し合って行くことを、十一月十日の北京APECで表明する見込みだと言ふ。週刊朝日(十月三十一日號)も類似の動向を報じた。


 私としては朝日・毎日の嘘だと信じたいが、嘘か否かでなく、これは一大疑惑だ。安倍首相は今、自民黨左派や財界やアメリカの意向及び漁船の横行などに勝てず、歴史上で初めて尖閣放棄を決める瀬戸際のやうに見える。首相自身が惡いのか、誰が惡いのか、分析する必要は無い。誰が惡くても、放棄してしまったら結果は同じである。殘された時間は少ない。愛國派の議員は國會でこの疑惑を追究して欲しい。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

29日

「離島出身の知事誕生を」 下地陣営が総決起大会

ガンバロー三唱で気勢を上げる下地氏(中央)と支持者=28日夜、双葉公民館
ガンバロー三唱で気勢を上げる下地氏(中央)と支持者=28日夜、双葉公民館

 知事選に立候補する元郵政民営化担当相、下地幹郎氏(53)の八重山総決起大会が28日夜、石垣市の双葉公民館で開かれた。下地氏は「強い県知事、はっきりものを言う知事を目指さないと、沖縄は良くならない。私は、やると決めたらやる」と訴え、応援の弁士たちも「第一の離島振興策は、離島出身の知事を誕生させることだ」(新里聡宮古島市議)などと下地氏への支持を呼び掛けた。

 儀間光男参院議員は「沖縄では基地問題だけが取りざたされるが、一番大事なのは経済活性化だ」と指摘。下地氏が宮古島の出身であることを挙げ「離島出身の人でないと離島の政策はできない」と述べた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

 

2014年

10月

29日

普天間の無条件閉鎖を 喜納氏が政策発表

政策発表を行う喜納氏
政策発表を行う喜納氏

 30日に告示、11月16日に投開票が行われる県知事選挙に出馬する元参議院議員の喜納昌吉氏(66)が28日午後、那覇市内の事務所で政策発表を行った。喜納氏は「物事をすっきりさせるために出馬する。ほかの候補者が知事になれば、辺野古埋め立て工事は止まらない」と強調。また普天間基地問題は嘉手納基地への統合に一定の理解を示しつつ、「無条件閉鎖を主張し日米両政府との交渉に臨む」とした。尖閣問題は「国有化」で緊張が高まったとし、日中での国際共同開発・管理を目指す。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

29日

住民投票条例提出へ 11月上旬に臨時議会か 自衛隊配備問う

与那国町で進む駐屯地建設現場=8月20日、与那国町の南牧場
与那国町で進む駐屯地建設現場=8月20日、与那国町の南牧場

 与那国町の野党系議員は11月上旬、与那国町議会(糸数健一議長)の臨時議会招集を外間守吉町長に請求する意向であることが、八重山日報社の取材で分かった。同町への陸上自衛隊沿岸監視部隊の配備計画の是非を問う住民投票条例案を提出する方針。提出されれば可決される可能性があり、その場合、年内にも住民投票が実施される予定。

 同条例案の提出に向けた臨時議会の招集について、外間町長は八重山日報社の取材に対し、「現段階では把握していない。(条例案が)出た段階で対応したい」と述べ、議長の糸数氏は、「聞いていないので、コメントする立場にない」と語った。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

28日

漢那氏の副市長再任を否決 教育委員人事は取り下げ 市議会最終本会議

副市長の人事案件が無記名投票で採決された=27日午前、議場
副市長の人事案件が無記名投票で採決された=27日午前、議場

 石垣市議会9月定例会の最終本会議が27日開かれ、中山義隆市長は副市長に漢那政弘氏、教育委員に玉津博克氏を再任する人事案件を提案したが、副市長人事は賛成少数で否決、教育委員人事は中山市長が取り下げた。閉会後、中山市長は報道陣の取材に対し「与党からも賛同をいただけなかった」と与党の一部と調整がつかなかったことを認めた。12月議会で人事案件を再提案する方針で、10月1日以降の副市長、教育長職の不在期間は、さらに長期化する見通しになった。


 漢那氏を副市長に選任する人事案件の採決は無記名投票で行われ、賛成8人、反対13人となった。直後に休憩に入り、再開後、中山市長が玉津氏を教育委員に選任する人事案件を取り下げた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

28日

「離島に経済効果波及」 翁長陣営 八重山版政策を発表

翁長雄志氏の政策を発表する、うまんちゅの会石垣支部の髙嶺善伸共同代表(前列左)ら=27日午後、石垣市内の同支部事務所
翁長雄志氏の政策を発表する、うまんちゅの会石垣支部の髙嶺善伸共同代表(前列左)ら=27日午後、石垣市内の同支部事務所

 11月16日投開票の沖縄県知事選に出馬表明した前那覇市長の翁長雄志氏(64)の陣営は27日午後、石垣市内で会見、八重山版マニフェスト(政策)を発表。うまんちゅの会石垣支部の髙嶺善伸共同代表は「離島に経済効果を波及させる」と強調した。


 基本政策として、①経済発展プラン②生活充実プラン③平和創造プランを列記。重点施策として、15項目に及ぶ「沖縄21世紀ビジョン」を提唱した。


 離島に関連した主な項目として、「離島力の向上」と題し、①交通・水道料金などの生活コスト低減③急患空輸体制及び医師不足などの医療サービス対策⑤離島航空運賃及び離島船舶運賃の割引制度などを挙げた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

28日

冠鷲プロジェクトに見る競争の原理 辻 維周

 玉津前教育長が実践している冠鷲プロジェクトの成果が早くも表出し、昨年まで最下位であった全国学力テストの結果が、今年は県内6地区で小学生は2位、中学生は5位となった。


 その要因として一番に挙げられるのは、本紙8月29日の記事にも挙げられているように、競争の原理を採用したからであろう。


 世の中には競争の論理を採用しなければ壁を打ち破ることができないものが山ほどある。航空運賃然り、ガソリン価格然り。しかし近年、学校教育は「平等」の意味を拡大解釈し、体育祭の徒競争でさえ順位をつけずにおく学校が増えていると言うが、これは長年、教育に携わっている筆者にとっては、噴飯ものであると言わざるを得ないものである。


 国語辞典で「平等」の意味を引いてみると「すべて等しく差別が無い事」(旺文社国語辞典)とあるが、順位付けは差別ではなく区別でもない。もし順位付けが問題であると言うならば、入試自体が競争原理の典型であり、その入試を実施しているのは他ならぬ教員であることを忘れているのではないだろうか。


 競争に負けたものはその悔しさをバネにして起死回生を図るであろうし、勝ったものはそれに奢ることなく弛まざる努力をしなくてはならない。


 例えばいくら陳情しても下がらなかった航空運賃が、スカイマークが参入した途端に急落した事例は、記憶に新しい。また、ガソリンスタンドでも石垣にセルフのスタンドができた途端、様々な店で「セルフ同価格」という看板を掲げるようになってきた。また都市部にある家電量販店でも毎日他店の価格調査を行い、他より一円でも高い商品があった場合には、その価格より安く販売することは常識となっている。


 教育においても全く同じことが言える。つまり競争があるからこそ次へのファイトがわいてくるはずである。もしこの競争が無かったとしたならば社会人になった時、苦労する事必至である。そういった意味でも、冠鷲プロジェクトを行った意味は重要であると言うことを、ぜひ市民の方々にも気づいていただきたいものである。

                          (桃山学院大学兼任講師)

2014年

10月

27日

何が「正しい」かという疑問は・・・

 何が「正しい」かという疑問は、一見単純明快なようでいて、実際にはなかなか難しい問題をはらむ。時代を支配する価値観は時間とともに変化するのが常だ。50年後、100年後には全く逆の価値観がまかり通るかも知れない。現在の「常識」が未来の「非常識」となる可能性は十分ある◆音楽の世界にも、こうした問題が存在する。古今を通じて最大の名曲とされ、年末には誰もが耳にするベートーヴェンの「第9交響曲」。近年の自筆譜の研究によって、この曲の第1楽章に登場するあるメロディは、実は後世の出版社によって音程の一部が改ざんされていたことが分かった◆最近はオリジナルに戻した演奏のCDも登場しているが、実際の演奏会を含めて、現在も改ざんされた楽譜を使用するのが一般的だ。演奏家も聴衆も、改ざんされた楽譜に「慣れ」てしまい、オリジナルのほうに違和感を抱いてしまうのである◆同じく有名なモーツァルトの「トルコ行進曲」も、楽譜の読み方によっては、私たちが聞きなれているメロディが全くの「間違い」である可能性がある◆あえて音楽を例に取ったが、歴史とか政治の世界では、こうした状況は言わずもがな。自分の考えを持つのは当然だが、それを絶対だとは考えず、常に一歩引く冷静さも必要だろう。

2014年

10月

27日

「みょうら旗頭」99年ぶり奉納 組踊の119年ぶり上演も いしゃなぎら結願祭

119年振りに上演された「伊祖の子」=26日、宮鳥御嶽
119年振りに上演された「伊祖の子」=26日、宮鳥御嶽

 五穀豊穣と無病息災を願う石垣字会の「いしゃなぎら結願祭」(主催・同実行委員会)が26日、宮鳥御嶽で6年振りに開催された。組踊り「伊祖の子」が119年振りに上演され、字石垣に伝わる最古の伝統旗頭「みょうら旗頭」が99年振りに奉納されるなど、待望の復活に、いしゃなぎらは新たな喜びに包まれた。


 午前10時前、宮鳥御嶽では、神司がニガイ(願い)を捧げ、拝殿前に字民関係者が揃(そろ)い、「みょうら旗頭」を奉納した。拝殿前で一同拝礼。御嶽は厳かな雰囲気に包まれた。池城孝実行委員長は、「99年前にこれほど立派な旗頭が存在していたと思うと感慨深い。世果報(ゆがふ)の象徴として継承していきたい」とあいさつした。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

27日

350人が景観満喫 石垣島ライドで1周

350人が順次スタート=26日午前、舟蔵公園
350人が順次スタート=26日午前、舟蔵公園

 自然を楽しみながら自転車で島々を走る、第7回「GRAET EARTH~地球を遊びつくせ!~石垣島ライド」(同実行委員会主催)が26日午前7時、舟蔵公園からスタートし、全国から参加した350人が石垣島を巡った。


 大会は、舟蔵公園を発着点に崎枝、米原、多良間から平久保灯台まで西回りに石垣島を1周する最長125㌔のコースから、参加者が各自のコンディションに合わせ、90㌔、50㌔の距離を設定。9時間の制限時間を活用し、米原ビーチ、玉取崎展望台などからの眺めを楽しんだ。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

26日

離島振興の流れ 確実に 仲井真陣営が総決起大会 県知事選

ガンバロー三唱で気勢を上げる仲井真氏(中央)と支持者=25日夜、屋内練習場
ガンバロー三唱で気勢を上げる仲井真氏(中央)と支持者=25日夜、屋内練習場

 知事選に立候補する現職、仲井真弘多氏(75)の総決起大会が25日夜、石垣市屋内練習場で開かれた。仲井真氏は「八重山、石垣がいよいよ力強く動き出している。この流れを私も手伝い、確実なものにしたい」と訴え、応援の弁士たちも「離島を発展させるのは仲井真知事しかいない」(砂川利勝県議)などと仲井真氏の実績を強調した。



▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

26日

島おこしイベントに1400人 ちゅらさん祭盛況

1400人が訪れ、賑わった「ちゅらさん祭」=25日、小浜島ちゅらさん広場
1400人が訪れ、賑わった「ちゅらさん祭」=25日、小浜島ちゅらさん広場

 小浜島の魅力を島内外にアピールする恒例イベント「第12回かふぬ島ちゅらさん祭」(主催・同実行委員会)が25日、小浜島ちゅらさん広場で開催された。引き続き催された、「小浜節大会」も含め、1400人(主催者発表)が島内外から来場。多彩なステージイベントや体験コーナーなどを楽しんだ。 会場は秋晴れの強い日差しと涼しい風に包まれ、ドラの音と勇壮な獅子舞で幕開けした。オープニングセレモニーでは、浦底透実行委員長が、「『これぞ我らの小浜島』と歌声を披露するばあちゃん合唱団など、存分に楽しんでほしい」とあいさつ。

 また、2匹の獅子が加えたトウツルモドキを川満栄長竹富町長ら関係者が、鎌でテープカットした。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

26日

尖閣領海警備を専従体制へ 巡視船2隻の就役披露式

「たけとみ」、「なぐら」は複数クルー制を採用。披露式出席者に紹介された=25日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ
「たけとみ」、「なぐら」は複数クルー制を採用。披露式出席者に紹介された=25日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ

 石垣海上保安部(赤津洋一部長)に配備された新鋭大型巡視船「たけとみ」、「なぐら」の就役披露式・船内見学会が25日午後、市内ホテル、巡視船「たけとみ」で開かれた。海上保安庁では、尖閣諸島周辺海域の警備強化を図るために、「尖閣領海警備専従体制」を敷き、来年度までに新造船10隻を石垣海保に配置。「たけとみ」、「なぐら」はその、1、2番船となる。佐藤雄二海上保安庁長官は「海保庁創設66年間で初の大規模な増強。最新鋭の船をフル活用し、地域住民の期待に応えたい」と抱負を述べた。この日の披露式に200人余、見学会には100人余の八重山3市町の住民や海上保安庁関係者が出席し、関心と期待の高さが示された。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

25日

香水「命果報」に県連会長賞 市商工会女性部が開発

表彰状を手にする商工会女性部の浦内由美子部長と市商工会の我喜屋会長(左)=24日、奥武山公園
表彰状を手にする商工会女性部の浦内由美子部長と市商工会の我喜屋会長(左)=24日、奥武山公園

 第38回沖縄の産業まつり(同実行委員会主催)が24日から3日間、奥武山公園(那覇市)で開催されている。初日の24日は特産品コンテスト(県商工会連合会主催)の表彰式が行われ、石垣市商工会製作の香水「石垣島オールドファム・NUCHIGAFU「命果報(ぬちがふぅ)」が県知事賞に次ぐ県商工会連合会会長賞を受賞した。「香りだけでなく、島の記憶、気持ち。ハードとソフトの両面から評価した」と評価を受けた。

 特産品コンテストには食品部門36点、非食品部門に9点の応募があり、食品部門から7点、非食品部門から2点が入賞した。講評によると、特にラベルなどのデザイン性が例年よりも向上し、全体的に完成度が高かったという。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

25日

秋の風物詩 ドングリ実る オキナワウラジロガシ

 八重山の山々では、秋の風物詩、オキナワウラジロガシのドングリが実っており、日本一大きいとされる実を人目にさらしている=写真。

 石垣島の於茂登岳周辺でも、オキナワウラジロガシのドングリが見られた。於茂登岳まで行かなくとも今もバンナ公園の林道の中にあるのだが、林道は荒廃し、雑草だらけで近づけない状態。「昔は公園で気軽に様々な木の実が見られたものが、今は見られないというのは惜しい話だ」との声も。



2014年

10月

25日

八重山の特産品PR 産業まつりで「ありんくりん市」

産業まつりで「ありんくりん市」
産業まつりで「ありんくりん市」

 第38回沖縄の産業まつり(同実行委員会主催)が24~26日まで、奥武山公園(那覇市)で開催されており、同まつりの第2会場では市町村コーナーや商工会特産品フェア「第16回ありんくりん市」(県商工会連合会など)が開かれ、石垣市商工会、竹富町商工会、与那国町商工会などが出展し、特産品の紹介と販売を行っている。

 石垣市商工会は石垣ハーブ「ピパーツ」やジーマミー豆腐、マグロ味噌や菓子類を展示。石垣市特産品販売センターの根原工さん(40)は「全て石垣の人気商品。石垣のPRに努めます」と意気込んだ。2014年度Y―1グランプリ受賞のまぐろふりかけ「イーソン」も販売中。




▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

25日

優良県産品に2社 あざみ屋と宮城菓子店

優良県産品最優秀賞を受賞した、あざみ屋のべっ甲プラハンド・藍ヒチガーラ(右)と宮城菓子店の塩クッキー(左)=21日午前、あざみ屋みんさー工芸館
優良県産品最優秀賞を受賞した、あざみ屋のべっ甲プラハンド・藍ヒチガーラ(右)と宮城菓子店の塩クッキー(左)=21日午前、あざみ屋みんさー工芸館

 沖縄県主催の優良県産品推奨制度の2014年度の審査結果が発表され、石垣市から飲食料品の部で宮城菓子店(宮城龍二代表取締役社長)の「石垣島の塩クッキー」が、生活用品の部であざみ屋(新賢次代表取締役社長)の「べっ甲プラハンド・藍ヒチガーラ」が、それぞれ最優秀賞に選ばれた。

 優良県産品推奨制は県が優良県産品を推奨することにより、県産品の品質の向上と需要の拡大、販路開拓に資することを目的に設立されたもので、今年は94点の応募があり、74点が合格。認定された商品は3年間県の推奨を受けることができる。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

24日

テレビドラマの一ファン…

 テレビドラマの一ファンとして、密かな一つの信念を持っている。いわゆる「男らしい男」を主役に描くドラマは、男性の脚本家に書いてほしい、というものだ◆こんなことを言うと偏見だと怒られそうだが、大河ドラマなどを見てきて、女性脚本家が描くヒーローに常に違和感を抱いてきた。男の目から見て軟弱なのである◆非情な手段で敵を倒した戦国武将なのに、なぜか実は平和主義者で、城に帰ってから「自分は悪人だろうか」とクヨクヨ悩んだりする。物事には常に優柔不断。男尊女卑の時代なのに、女や子どもには異様なほど優しい◆要するに女性の目から見た「男はこうあってほしい」という理想像なのだが、本家の男に言わせると「男はそんなもんじゃないだろう」という気がする。戦国武将であれば、胸に秘めたものがあっても表には出さず、顔で笑って心で泣く。しんの強さがにじみ出るようなヒーロー。こういう男を描くドラマは、男性の脚本家のほうが成功しているように感じる◆とはいえ、色白でなよなよした最近の人気タレントなどを見ると、男の目から見た理想の男も、だいぶ軟弱化が進んでいるように見受けられる。実際のところ「男らしく」「女らしく」という言葉だって、現実社会では死語になりつつあるのではないか。

2014年

10月

24日

建設位置 年内に決定へ 策定委 早くも意見二分 新庁舎基本計画

中山市長から新庁舎建設基本計画策定の諮問を受ける策定委員会の神谷委員長=23日午後、市水道部庁舎
中山市長から新庁舎建設基本計画策定の諮問を受ける策定委員会の神谷委員長=23日午後、市水道部庁舎

 石垣市は23日、新庁舎建設基本計画策定委員会(委員長・神谷大介琉球大工学部助教)の初会合を水道部庁舎で開き、新庁舎の建設位置などをめぐる議論をスタートさせた。委員からは現在地(美崎町)での建て替えと、高台への移転建て替えを求める声が上がり、早くも意見が二分された。同委員会は年内に建設位置を決定する予定。市は11月から始まる地域意見交換会や市議会の意見、パブリックコメント(市民意見募集)の結果も踏まえて基本計画案を固め、来年3月、同案を市長に答申する。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

24日

新教育長制度を紹介 文科省の福島課長補佐講演 離島教育長会

福島崇さん
福島崇さん

 全国の離島にある市町村の教育長が一堂に会する「第6回全国離島等市町村教育長会沖縄県石垣市大会」(主催・全国離島等市町村教育長会)が22、23の両日、石垣市で開催され、23日午前には、石垣市民会館で記念講演が行われた。文部科学省初等中等教育局初等中等教育企画課の福島崇課長補佐が講師を務め、教育委員会制度改革をテーマに講話した。同大会は、離島教育の振興、発展を図ることを目的に開催。県内での開催は、今回が初。

 講演のテーマは、「教育委員会制度の改革について」。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

24日

田中貴、巨人が指名 八商工から3人目のプロへ 育成枠ドラフト

 23日のプロ野球ドラフト会議で、読売ジャイアンツが山梨学院大の捕手、田中貴也(八重山商工出身)を育成選手として指名した。入団が決定した場合、八重山商工高校出身者から大嶺祐太、翔太につづく3人目のプロ野球選手が誕生することになる。


 育成選手とは、球団の支配下登録を目指し、野球技能の錬成向上およびマナー養成を目的とした選手のこと。出場できる公式戦は2軍の試合に限られており、1試合に5人までとなっている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

23日

4陣営、水面下で前哨戦 告示まで1週間に迫る 八重山でも総決起大会 知事選 仲井真氏25日   下地氏28日   翁長氏11月5日

 11月16日投開票の知事選は30日の告示まで1週間となった。現職の仲井真弘多氏(75)、前那覇市長の翁長雄志氏(64)、元郵政民営化担当相の下地幹郎氏(53)、元参院議員の喜納昌吉氏(66)が立候補を予定しており、激しい前哨戦を繰り広げている。八重山でも各予定候補の事務所が設置されているが、候補者不在で選挙ムードは盛り上がりを欠く。仲井真氏は25日、下地氏は28日、翁長氏は11月5日に石垣入りし、総決起大会や集会を予定している。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

23日

また会えてうれしい 岩手で仮設住宅住人と交流 八重盛48の会

1年ぶりの再会で、更に交流を深めた八重盛48の会炊き出しふれあい交流会=19日、岩手県宮古市近内地区センター仮設住宅(同会写真提供)
1年ぶりの再会で、更に交流を深めた八重盛48の会炊き出しふれあい交流会=19日、岩手県宮古市近内地区センター仮設住宅(同会写真提供)

 八重山高校PTAのOB有志で結成する「八重盛48の会」(浦内克雄会長)21人は19日、岩手県宮古市近内地区センター仮設住宅で「炊き出し・ふれあい交流会」を実施、仮設住宅の住民たちと交流を深めた。今回で4回目となる。会員たちは「『また会えて、うれしい』と喜んでくれた。来年も訪れたい」と語った。


 八重盛48の会は、八重高の姉妹校である盛岡第四高校PTAOBで結成された「絆の会」16人の総勢37人で、近内地区センター仮設住宅で炊き出し・ふれあい交流会を実施した。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

23日

PTA活動の功績表彰 個人表彰の仲山さんら 九州ブロック協

「第59回九州ブロックPTA協議会」で表彰されたPTA役員ら=22日午後、八重山教育事務所
「第59回九州ブロックPTA協議会」で表彰されたPTA役員ら=22日午後、八重山教育事務所

 「第59回九州ブロックPTA協議会」(東川勝哉会長)がこのほど長崎県で開催され、仲山久紀さんが個人表彰、宮良小学校PTA(玉津健市会長)が団体表彰、平良守弘さんが感謝状を受賞。3氏は22日午後、八重山教育事務所を訪れ、黒島一哉所長に受賞を報告した。


 個人表彰の仲山さんは、大浜中学校PTA役員、八重山地区PTA連合会会長、沖縄県PTA連合会理事などを務めた功績が認められた。仲山さんは、「小中学校でPTA役員を務め、最後の年に表彰されてうれしい。周りの支えに感謝」と笑顔を見せた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

23日

田中、プロ入りなるか 八商工出身の捕手

プロ入りを志願した田中貴也・学校法人山梨学院ホームページより(http://www.ygu.ac.jp/)
プロ入りを志願した田中貴也・学校法人山梨学院ホームページより(http://www.ygu.ac.jp/)

 八重山商工高校野球部出身の田中貴也(捕手・山梨学院大学4年)が4日、関甲新学生野球連盟にプロ志願届を提出した。プロ入りが実現すれば、大嶺祐太・翔太兄弟についで八重山商工から3人目のプロ野球選手が誕生する。プロ野球ドラフト会議は23日に行われる。


 田中は京都府南丹市出身。京都府の園部中学校を卒業し、八重山商工高校に進学した。高校では主将としてチームをけん引。3年次の夏の県大会では糸満高校に敗れ予選敗退となった。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

22日

石垣島と宮古島で…

 石垣島と宮古島で、ほぼ時を同じくして、優れた才能を持つ2人の有名人が亡くなった。奇しくも、ともに交通事故死である◆石垣島で9月に亡くなったのは天然素材を生かした服飾ブランド「ヨーガンレール」(東京)のドイツ人デザイナー、ヨーガン・レールさん。石垣島で農作業しながら、東京と往来していたという。宮古島では今月、元サッカー日本代表の奥大介さんが亡くなった。宮古島のホテルに就職し、第二の人生を始めた矢先だったという。2人はともに、沖縄の離島に新天地を求めていたのだ◆本土から八重山に移住する人は、どんどん増えている感じがする。各種大会で活躍した児童生徒の名簿などを見ていると、本土の姓がかなりの割合を占める。豊かな自然や文化はもとより、外来者に寛容な土壌が移住者を惹きつけるのだろう◆このまま移住者の増加傾向が続けば、八重山に限らず、将来的には混血も進み、純粋な沖縄人は少数派になる可能性もある。こうなると「ウチナーンチュ」の定義もあやふやだ◆沖縄人の純粋なDNAを持つ者なのか、沖縄に生まれ育った者なのか、沖縄に現に住んでいる者なのか。今や従来の意味での「ウチナーンチュ」と「ヤマトンチュ」の境目が消えつつある時代がやって来た、とも思えるのだが。

2014年

10月

22日

尖閣の遺骨収集を決議 与党「戦後処理の問題」 野党反対「非現実的」 市議会 政府に要請団派遣へ

尖閣列島戦時遭難者の遺骨収集などを求める要請決議の採決で、起立して賛成する与党=21日午後、議場
尖閣列島戦時遭難者の遺骨収集などを求める要請決議の採決で、起立して賛成する与党=21日午後、議場

 石垣市議会(知念辰憲議長)9月定例会の本会議が21日開かれ、議員提案の「尖閣列島戦時遭難事件」遭難者の遺骨収集などを求める要請決議を与党の賛成多数で可決した。提案者の伊良皆高信氏は「戦後処理の問題として遺骨を収集してほしい」と求めた。野党は「現実的ではない」などと反対し、与野党で賛否が分かれた。市議会は今後、議員団を直接政府に派遣して要請する。


 決議では政府に対し①犠牲者の遺骨を早急に収集するため、魚釣島への上陸許可と慰霊祭の援助を行う②尖閣列島戦時遭難事件の資料を収集し、資料館建設などの慰謝事業を行う―ことを求めている。あて先は首相、内閣官房長官、外相、国土交通相など。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

22日

渇水対策本部を設置 少雨傾向 水源地は深刻な状況 竹富町が6年ぶり

6年ぶりに設置された渇水対策本部=21日午前、竹富町役場
6年ぶりに設置された渇水対策本部=21日午前、竹富町役場

 少雨傾向が続き、水不足が深刻な竹富町では21日午前、渇水対策本部(本部長・川満栄長町長)を発足させた。現在は、給水量と使用量がほぼ同じで推移しているが、使用量が上回ると、夜間断水から段階的に実施していく方針が確認された。川満町長は「水は生活に欠かせない。全職員が認識を新たにして取り組んでほしい」と要望した。対策本部設置は08年9月以来、6年ぶり。


 町内では西表島内5ヵ所の水源地に堰(せき)を設けて取水した水を小浜島、黒島、新城島、鳩間島に海底送水管を通して配水しており、 町水道課によると、西表島内5ヵ所の水源地はいずれも深刻な状況だという。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

21日

尖閣の遺骨収集要請へ 「戦後処理の問題」きょう提案 市議会

 沖縄戦末期、石垣島から台湾に向かった疎開船が米軍機の攻撃を受けた「尖閣列島戦時遭難事件」の遭難者の遺骨収集実現などを求める要請決議案が、21日の石垣市議会9月定例会本会議に提案される。遺骨収集を八重山の戦後処理の問題ととらえ、国に対し、遺骨が眠る尖閣諸島魚釣島への上陸や現地での慰霊祭開催などを要請する。

 提案者の伊良皆高信市議は「北方領土や北朝鮮にも人道上の観点から墓参が認められている。戦後処理の一環として、また人道的な観点からも、遺骨収集を認めてほしい」と話した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

21日

遺骨放置「受け入れられず」 尖閣で父失った伊良皆さん

尖閣に関する資料を手にしながら、遺骨収集に懸ける思いを語る伊良皆高吉さん=20日午後、八重山日報社
尖閣に関する資料を手にしながら、遺骨収集に懸ける思いを語る伊良皆高吉さん=20日午後、八重山日報社

 尖閣列島戦時遭難事件の遺族で、強く遺骨収集を求め続けている一人が伊良皆高吉さん(76)だ。伊良皆さんは事件で、父の高晨(こうしん)さん(享年54)を失った。「人間として、親父の遺骨が放置されているのを受け入れることはできない」と訴える。


 高晨さんは、尖閣で一時、カツオ節工場を経営していた古賀商店に勤務。高吉さんの姉、安さん(享年17)と疎開船に乗り込んだ。高吉さんら家族は既に台湾に渡っており、現地で合流するはずだった。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

21日

三線最高賞に10人合格 来月29日に晴れの発表会 古典音楽コン

三線の部最高賞と優秀賞の合格発表が行われた=19日夜、市民会館中ホール
三線の部最高賞と優秀賞の合格発表が行われた=19日夜、市民会館中ホール

 第37回八重山古典音楽コンクール(八重山古典音楽協会主催、八重山日報社後援)三線の部の最高賞、優秀賞の審査が17日から19日までの3日間、石垣市民会館中ホールで行われた。19日夜には合格発表があり、最高賞10人、優秀賞16人が合格した。合格者は筝曲、笛、太鼓の部の合格者とともに11月29日、市民会館大ホールで開催される発表会で演奏を披露する。


 今回のコンクールは三線の部優秀賞34人、同最高賞52人が応募。合格率は最高賞が19・2%、優秀賞が47・1%だった。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

19日

沖縄・台湾で漂着ごみ考える 交流で抑制対策を推進 きょう、海ラブフェス参加

「沖縄・台湾漂着ごみ対策交流事業」が石垣市で初めて開催された=18日午後、大濱信泉記念館
「沖縄・台湾漂着ごみ対策交流事業」が石垣市で初めて開催された=18日午後、大濱信泉記念館

 漂着ごみの現状や課題、対策について情報共有・意見交換を行う「沖縄・台湾漂着ごみ対策交流事業」が、18日から石垣市内で初めて開催された。同日は大濱信泉記念館でオリエンテーションが開かれ、台湾からは新北市政府と民間団体5団体から15人が来島した。県内も県と民間団体11団体から17人が参加。オリエンテーションでは沖縄、台湾相互の漂着ごみ対策の取り組みを紹介した。同事業は20日まで行われ、19日は吉原ヒュッタ海岸で開催されるビーチクリーンイベント「第6回海LoveLoveフェスタ」へ参加するほか、20日はワークショップに取り組む。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

19日

日本最南端のオーケストラ結成 12月に第九コンサート 石垣フィルハーモニー管弦楽団

石垣フィルハーモニー管弦楽団が結団式を行った=18日午前、市民会館前
石垣フィルハーモニー管弦楽団が結団式を行った=18日午前、市民会館前

 日本最南端のオーケストラ、「石垣フィルハーモニー管弦楽団」(西倉佳代団長、団員23人)がこのほど、結成された。18日、石垣市民会館前で結団式が行われ、12月13日に市民会館で開催する「南ぬ島第9演奏会」に向けて、士気を高めた。西倉団長は「市民と一緒に石垣島から平和発信を行い、みんなで分かち合いたい。楽しみにしている」と意気込む。


 石垣フィルハーモニー管弦楽団は、県立芸術大学教授の庭野隆之さんが呼びかけ、石垣市民吹奏楽団とYAEYAMAストリングスを中心に結成された。庭野さんは同楽団の常任指揮者を務める。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

19日

屋比久君、史上最年少で合格 沖縄歴史検定 奄美・琉球世界遺産検定

検定試験に合格した屋比久大翔君(右)と上勢頭芳徳さん=18日午後、ICT文化ホール
検定試験に合格した屋比久大翔君(右)と上勢頭芳徳さん=18日午後、ICT文化ホール

 「沖縄歴史検定」(主催・沖縄歴史教育研究会)と「奄美・琉球世界遺産検定」(主催・琉球弧世界遺産学会)の認定証授与式が18日午後、ICT文化ホールで行われた。大浜中学校3年の屋比久大翔(ひろと)君=真栄里=ら3人が合格。この日、2人に認定証が贈られた。屋比久君は、両検定史上最年少での合格。

 屋比久君は「沖縄―」3級と「奄美―」3級に合格。上勢頭芳徳さん(70)=竹富町竹富=は「沖縄―」2級に合格。井谷信吾さん=真栄里=は「奄美―」2級に合格した。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

18日

辺野古移設で4氏激論 容認、県民投票、反対、撤回 新人は現職批判展開 知事選

 沖縄県知事選挙公開討論会(主催・公益社団法人日本青年会議所沖縄ブロック協議会)が17日夜、県市町村自治会館(那覇市)で行われ、立候補を予定している現職の仲井真弘多氏(75)、新人で元郵政民営化担当相の下地幹郎氏(53)、前那覇市長の翁長雄志氏(64)、元参院議員の喜納昌吉氏(66)の4人が米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設などについて激論を交わした。容認の仲井真氏に対し、下地氏が県民投票、翁長氏が反対、喜納氏は埋め立て承認の撤回を掲げ、激しい批判を展開した。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

18日

八重盛の会が岩手訪問 仮設住宅で炊き出しなど

岩手県宮古市で炊き出し交流会のため、出発した八重盛48の会=17日午前、南ぬ島石垣空港
岩手県宮古市で炊き出し交流会のため、出発した八重盛48の会=17日午前、南ぬ島石垣空港

 八重山高校PTAのOB有志で結成する「八重盛48の会」(浦内克雄会長)は19日、岩手県宮古市近内地区センター仮設住宅で「炊き出し・ふれあい交流会」を行い、仮設住宅の住民たちと交流を深める。今年で4回目となり、会員ら21人が参加する。


 八重盛48の会は、八重高の姉妹校である盛岡第四高校のPTA、そのOBで結成された「絆の会」と一緒に、近内地区センター仮設住宅で炊き出し・ふれあい交流会を実施。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

17日

捨て犬として殺処分寸前…

 捨て犬として殺処分寸前だった雑種犬「夢之丞」が、広島の土砂災害で救助犬として活躍し、話題になっている。倒壊した家屋の下などから人間を救出する役割を担う◆夢之丞は生後3~4カ月の時、広島県動物愛護センターでガス室に送られるところだった。偶然施設を訪れたNPОのメンバーに抱かれた時「自分の番が来たと直感したのか、小さな体が約30分間小刻みに震え続けたという」(毎日新聞)。夢之丞がNPОに保護されたあと、訓練を経て、救助犬として再生した◆小さな命を断つことはたやすいが、その命には大きな可能性が秘められていたのかも知れない。このエピソードは、一つの命が決して一つだけではなく、実は多くの命と連鎖していることを示唆してくれる◆誰にとってもかけがえがないのは「自分の命」だが、それは想像もできないほど遠い昔から、多くの先祖や周囲の人たちによって守り継がれてきた命である。特に県民にとっては、最近の大きな危機は沖縄戦だった。祖父や祖母、または父や母になるべき人が命を落とし、ついに存在することができなかった命も多いはずだ◆自分の命は自分の命であると同時に、託された命でもある。自分の肩に何が背負わされたのか、生き抜いてみないと分からない。

2014年

10月

17日

「枠組み溶解」混戦模様 辺野古移設 4氏異なる主張 知事選

 任期満了に伴う沖縄県知事選(10月30日告示、11月16日投開票)まで16日で1カ月となった。立候補を表明している4人は、最大の争点となる米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設問題でそれぞれの立場が異なる。平成8年の普天間飛行場の返還合意以降、知事選候補者の主張が鮮明に分かれるのは初めて。選挙協力や支援のあり方も複雑化しており、「枠組み溶解」で混戦の様相を呈している。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

17日

「そばは島民のソウルフード」 Y―1グランプリ受賞の平良商店

 10月17日は沖縄そばの日―。「沖縄そば」が公正取引委員会に正式に認定されたのを記念して制定された。「そばジョーグー」の多い沖縄では、毎日約19~20万食の沖縄そばが消費されている。


 八重山の産業まつりで見事Y―1グランプリを受賞した平良商店の「辛味噌野菜そば」。グランプリを受賞してから様々なお客の来店に忙しい日々が続く。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

16日

イノシシ被害防止に電気柵 148基、農家の希望多く 石垣市

市が農家に貸し出している電気柵のセット。組み立ては農家自身で行う
市が農家に貸し出している電気柵のセット。組み立ては農家自身で行う

 深刻化しているイノシシの農作物被害を防止しようと、石垣市は農家に電気柵の貸し出しを進めている。北西部の公民館で10日から17日まで貸し出し抽選会が開かれている。今年度は148基、延長29・6㌔の貸し出しを予定しているが、市農政経済課によると現時点では希望者が多く、電気柵の数量が追い付かない状況で、同課は「農家の希望を調査しながら、来年度、さらに貸し出し数を増やせるか検討したい」と話している。


 電気柵は通常、約4000ボルトの電流が流れており、イノシシが農地に侵入するのを防ぐことができる。市は県鳥獣被害防止総合対策事業を活用し、昨年度から農家への貸し出しをスタート。昨年度は77基、延長7・7㍍を貸し出していた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

16日

「成長することが大事」 元女子柔道の山口香さん講演

講演する山口さん=15日夕、市民会館中ホール
講演する山口さん=15日夕、市民会館中ホール

 女姿三四郎と呼ばれ、柔道ソウル五輪で銅メダルを獲得するなど活躍した筑波大学准教授の山口香さんを講師に招き、「強さはやさしさ~柔道から学んだこと~」と題した人権を考える講演会(石垣市主催)が15日夕、市民会館中ホールで行われた。山口さんは「男女の性別や障がいがある人などの違いはあるが、互いに理解し、認め合うことが大事」と呼び掛けた。

 山口さんは、講演会で柔道を通して学んだことを紹介。柔道の創始者である嘉納治五郎氏が、柔術から柔道へと名を改め「自己完成」、「精力善用」を掲げ、相手に勝つことでなく、自らを成長し、社会に役立てる人を育てることが目的に、その道を講じようとした歴史を紹介、「柔道でつらいことがあっても継続することで感動を覚えることがある」と述べ、「勝った一瞬の喜びでなく、いかにして自分が成長していくかが大切」と語った。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

16日

「そば店は娘のプレゼント」 「ファンの来訪がうれしい」 夏川りみさんの母  新盛和枝さん

夏川りみさんの母、新盛和枝さん=14日午後、石垣市真栄里のそばどころ「ニライカナイ」
夏川りみさんの母、新盛和枝さん=14日午後、石垣市真栄里のそばどころ「ニライカナイ」

 今年、デビュー15周年を迎える夏川りみさん(41)の母、新盛和枝さん(65)は石垣市真栄里で、そばどころ「ニライカナイ」を経営している。店名の名付け親はりみさん。17日の「沖縄そばの日」にちなみ、和枝さんにりみさんとの思い出を聞いた。


 和枝さんは、西表島の古見生まれ。中学卒業後、石垣市で就職。19歳で結婚し、5人の娘に恵まれた。3女のりみさんがお腹の中にいるとき、和枝さんはいつも八代亜紀さんのレコードを聞いていたという。「胎教になっていたのでは」と和枝さんは笑う。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

15日

きょうから新聞週間…

 きょうから新聞週間。八重山日報の創業者、宮良長欣は1977年6月15日の創刊号に「創刊に当たって 読者とともに歩む」という一文を載せた。「八重山日報は、情報化の波にのり遅れがちなこの八重山のために、新しくユニークな新聞をつくり、国の内外の大きな流れや地元のニュースをいち早く伝え、時代の要求と人びとの望みにこたえるために誕生した」と記した◆2004年に死去した創業者の思いをどこまで形にできているのか、現在の社員たちは葛藤の日々が続いている◆毎日の業務に忙殺されていると、自分の原点は何か見失ってしまう。随分前、ある小学校の部活動を数年取材した◆部員たちは県大会で優勝し、顧問の先生が「新聞に載ると子どもたちも元気が出ます。いつも取材してもらってありがとうございます」と言ってくれた。何気ない一言だったが、胸が熱くなった。記事を書くことで少しでも地域を元気にしたいし、読者との信頼関係を築きたい◆宮良はこうも言っている。「冷静な読者の批判には謙虚に耳を傾ける寛容さを持ち、自らを厳しく律し、よりよい新聞づくりにまい進しなければならない。(中略)愛される新聞をつくりたいのである」。創業者の言葉が今は叱責に聞こえる。「初心に帰る」気持ちを肝に銘じたい。

2014年

10月

15日

「いまだに心休まらない」 震災から2年7カ月 岩手県大槌町

庁舎からほど近くにある大槌港
庁舎からほど近くにある大槌港

 「東日本大震災から2年7ヵ月経つが、いまだに心が休まることがない」と、静かに語る岩手県大槌町総務部長兼総務課長の平野公三さん(58)。大槌町の復興事業を先頭に立って進めている一方、多くの同僚を被災で失った中、「自分より若い職員が亡くなり、自分だけ生き残った」という罪悪感。その中で震災後もほとんど無休で働いている。


 岩手県大槌町は釜石市の北側にある三陸海岸沿岸部。同町にある蓬莱島がモデルの一つと言われる「ひょっこりひょうたん島」でも有名な町だ。



▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

15日

成績UPへの近道紹介 陰山英男教授が講演

 「百ます計算」などの反復練習を提唱している立命館大学の陰山英男教授による「ミニ教育講演会」が14日午前、宮良小学校(﨑山晃校長)の体育館で開催された。陰山さんは、今年度の全国学力調査で石垣市内の小学校の成績が躍進したことを受け、学力向上の取り組みを視察する目的で来島。同校は、市教委からICT教育実践校に指定されている。


 陰山さんは同校の保護者と高学年の児童、約70人を対象に、「早寝、早起き、朝ご飯と学力の関係について」と題して講話した。「最も重要なのは、朝ご飯。食材の種類が多ければ多いほど、成績がよくなる」と成績アップへの近道を紹介。「朝食を食べない児童は、IQ(知能指数)が低下する傾向にある」と朝食の重要性を訴えた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

14日

来月4日から意見交換会 新庁舎建設めぐり5カ所で 建設位置、最大の焦点

石垣市が新庁舎の建設計画を進めている(資料写真)
石垣市が新庁舎の建設計画を進めている(資料写真)

 新庁舎建設計画を進めている石垣市は、地域意見交換会を11月4日から5カ所で開催する。今月23日には新庁舎建設基本計画策定委員会を発足させる予定で、意見交換会で上がった市民の意見を基本計画の策定作業にも反映させる。最大の焦点は新庁舎の建設位置。市街地の振興を図るため、現在地の美崎町で建て替えるべきだとする「現地建て替え」派と、東日本大震災の教訓を踏まえ、津波被害を避けるため高台に移転すべきとする「高台移転」派に意見が分かれている。


 「現地建て替え」派は、市役所が美崎町から移転した場合、市街地の空洞化が起きる可能性を懸念。美崎町では商店を中心に現地建て替えを求める懸垂幕などが設置されている。当初は公民館を中心に決起集会の開催を模索する動きもあったが、当面は市民の議論を見守るとして静観の構えに転じた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

14日

60人が難関突破 合格発表に歓喜の声 八重山古典音楽コン

張り出された合格者番号に一喜一憂した挑戦たち=13日午後、大川公民館
張り出された合格者番号に一喜一憂した挑戦たち=13日午後、大川公民館

 第37回八重山古典音楽コンクール(八重山古典音楽協会主催)は13日、筝曲、笛、太鼓の各賞、三線のあやぱに賞と新人賞の審査が終了した。午後2時ごろ、大川公民館で合格者が発表され、挑戦者たちの歓喜の声が響き渡った。筝曲は最高賞2人、笛はあやぱに賞2人、新人賞5人、優秀賞1人、太鼓はあやぱに賞1人、新人賞2人、優秀賞1人、最高賞1人、三線はあやぱに賞12人、新人賞33人の計60人が合格した。


 審査は、台風19号の影響で13日まで延長された。同日は場所が市民会館中ホールから大川公民館に変更となり、三線のあやぱに賞と新人賞の審査が行われた。審査は昼前に終了。引き続き、合格者を決める審査委員会が開かれた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

13日

「どんなトラブルに巻き込まれても…

 「どんなトラブルに巻き込まれても、僕は絶対に腕力だけは使わないよ。話し合えば分かってもらえるから」。そう宣言する草食系男子に、どれほどの女性が惹かれるだろうか◆軟弱そうな男性タレントがもてはやされる時勢を考えると、それはそれで大勢の女性ファンがつくのだろうが、こういう男性が「日本男児」かと問われれば、誰でも違和感を抱くだろう。せめて「腕力はなるべく使わないけど、男としてやる時はやるよ」と言ってくれるほうが頼もしい◆しかし、この草食系男子こそ、日本という国家の理想像なのだ。「武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」「国の交戦権は、これを認めない」。日本人なら誰でも、こう明記した憲法9条を読んだことがあるはずだ◆憲法9条には功罪があったが「罪」の部分は「自分の国は自分で守る」という、他国にとっては至極当然なことが、日本では当然でなくなってしまったことだろう◆今年のノーベル平和賞が女性の権利擁護を訴えてきたマララ・ユスフザイさん(17)らに与えられたと聞き、当然だと思った。厳しい国際情勢に翻弄される八重山住民の1人として「憲法9条を保持する日本国民」にノーベル賞などとは、首をかしげざるを得ない。

2014年

10月

13日

野党より「手ごわい」? 巨大与党、中山市長の壁に

与党議員の一般質問に答弁する中山市長=10日午後、市議会
与党議員の一般質問に答弁する中山市長=10日午後、市議会

 石垣市の中山義隆市長が市議会で、野党より「手ごわい」与党の壁に直面している。与党は9月の市議選で圧倒的多数の14議席を勝ち取ったが、改選後初の議会では中山市長が提示した副市長、教育委員の人事案件を拒否。一般質問では与党から市政を追及する特別委員会の設置を求める声が相次いだ。中山市政には「与党対策」が今後の大きな課題として突き付けられている。


 「与党が14議席取ったからといって、みんなうまく行くと思ったら大間違いだ」

 8日の市議会一般質問で、与党最年長の仲間均氏は、鋭い口調で市政を追及した。中山市長が人事案件を提案予定日の9月30日まで与党に提示しなかったという内幕まで暴露。「その日に出してきて、議員が割れるのは当たり前だ。もう少し大人にならないといけない」と根回しの不足に反省を求めた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html


2014年

10月

13日

〝世界一〟の技披露 ダブルダッチの体験授業も

ダブルダッチプロチームのカプリオールが夢授業を行った=12日午後、市総合体育館メインアリーナ
ダブルダッチプロチームのカプリオールが夢授業を行った=12日午後、市総合体育館メインアリーナ

 2本の縄を交互に回して飛ぶ、ダブルダッチのプロチーム「CAPLIORE(カプリオール)」による「カプリオールの夢授業~皆さんには夢がありますか~」(石垣市など主催)が12日、市総合体育館メインアリーナで開かれた。

 カプリオールのメンバーが縄を飛びながら、ダンスやアクロバットを披露。見学に訪れた600人(主催者発表)が拍手と歓声を送った。リーダーのNOBU(ノブ)さんは「『ありがとう』をたくさん集めると、仲間や協力者が出来て夢が叶いやすくなる。『ありがとう』とあいさつは夢が叶う魔法の言葉」と語った。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

12日

海底温泉活用へ 滞在型観光を推進 竹富町が3年計画

googleマップより (https://www.google.co.jp/
googleマップより (https://www.google.co.jp/

 竹富町(川満栄長町長)は、竹富島北東にある海底温泉を観光振興に活用しようと、竹富島海底温泉活用整備事業に着手する。3年計画で取り組む事業で、今年度は海底温泉を活用する際に考えられる課題を踏まえながら、環境調査を行う。最終的には、海底温泉を活用した施設を竹富島に設置する考え。町商工観光課では「滞在型観光の促進が目的。海底温泉を活用して島での滞在時間を延ばしていきたい」としている。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

12日

緊張の審査はじまる 三線最高賞は17日から 八重山古典音楽コンクール

昼食時間、本番さながらに練習する挑戦者=11日午後、市民会館中ホール
昼食時間、本番さながらに練習する挑戦者=11日午後、市民会館中ホール

 第37回八重山古典音楽コンクール(八重山古典音楽協会主催)の審査が11日、石垣市民会館中ホールで始まった。初日となった同日は筝曲の新人賞、優秀賞、最高賞、笛のあやぱに賞、新人賞、優秀賞、最高賞、太鼓のあやぱに賞、新人賞、優秀賞、最高賞、三線のあやぱに賞、新人賞の審査が行われた。12日は三線のあやぱに賞と新人賞の審査が行われ、12日の審査終了後、合格者が会場のロビーで発表される。


 同コンクールは、古典音楽の正しい継承と優秀な新人育成を目的に、毎年開催されている。今年は筝曲、笛、太鼓、三線の4部門で176人が難関に挑戦。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

11日

学校別成績公表に前向き 全国学力テで中山市長 成績上昇「一喜一憂せず」 市議会一般質問

 石垣市議会(知念辰憲議長)9月定例会は一般質問最終日の10日、石垣亨、砥板芳行、大石行英、友寄永三、崎枝純夫の5氏が登壇した。全国学力テスト(全国学力・学習状況調査)の結果を学校別に公表することについて中山義隆市長は「個人が特定されない部分においては公表もあるのかなという考えはある」と述べ、条件付きの公表に前向きな考えを示した。今年度の八重山地区の順位が大きく上がったことについては「一喜一憂してはいけない。長いスパンで見なくてはいけない」と指摘した。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

11日

八商工がロボット競技で準V 部門別に全国、九州大会へ

ロボット競技大会で全国(前列)、九州(後列)に派遣される生徒=10日午後、八商工
ロボット競技大会で全国(前列)、九州(後列)に派遣される生徒=10日午後、八商工

 第21回県高校ロボット競技大会(県工業教育研究会など主催)が9月12日、美里工業高校で行われ、八重山商工高校アイコン部が、アイデアロボットの部で準優勝し、同校2年ぶりに全国大会(11月8、9日・宮城県セキスイハイムスーパーアリーナ)の出場を決めた。また、相撲ロボットの部ラジコン型で準優勝、4位、相撲競技の部自立型で4位。2年連続の九州大会(11月9日・福岡興業大学)に派遣される。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

11日

ファミマ初日に賑わい 市内4店舗が同時オープン

買い物客で賑わう店内=10日正午、ファミリーマート八重山支庁前店
買い物客で賑わう店内=10日正午、ファミリーマート八重山支庁前店

 石垣島初出店となる沖縄ファミリーマート(大城健一代表取締役社長)が10日の午前10時から4店舗同時にオープンした。この日も「きいやま商店」や「ぱい~ぐる」が各店舗を巡って来客者を出迎え、つめかけた多くの客でにぎわった。


 いよいよ開店の運びとなった当日は開店前から30分待ちの行列となり、島民の注目度の高さが伺えた。また店頭ではきいやま商店がミニライブを行いファミリーマートとのコラボソングを披露した。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

10日

「子育て支援課」創設検討 来年度の新制度に対応 公有財産管理で特別委 市議会一般質問

 石垣市議会(知念辰憲議長)9月定例会は一般質問3日目の9日、宮良操、今村重治、石垣涼子、前津究、福島英光の5氏が登壇した。知念修福祉部長は、2015年度からスタートする子ども・子育て支援新制度に対応するため「子育て支援課」(仮称)の創設を検討する考えを明らかにした。与党から、公有財産の管理のあり方などを調査する「公有財産の管理ならびに運用に関する調査特別委員会」の設置を求める声が上がった。



▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

10日

ファミマきょうオープン 4店舗で開店セレモニー

きょうオープンするファミリーマート。八重山市庁前店=9日
きょうオープンするファミリーマート。八重山市庁前店=9日

 石垣市内に初出店する株式会社沖縄ファミリーマート(本社・那覇市、大城健一代表取締役社長)は9日午後、10日の4店舗同時オープンを前に、各店で開店セレモニーを行った。沖縄県内の離島への出店は、宮古島、伊江島、伊良部島に続く4島目。開店を記念して、八重山の特産品を使用した商品を県内全店舗で販売する。


 10日午前10時に開店するのは、八重山支庁前店、730記念碑前店、中央運動公園前店、ゆいロード店の4店舗。年中無休。24時間営業。取扱商品は約3400点。銀行ATMの他、各種チケットを取り扱うFamiポートなどのサービスもある。



▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html


2014年

10月

10日

辺野古基地埋立工事に反対 県庁前で市民集会 

集まった市民らは「辺野古新基地NO」のボードを手に声を上げた=9日、県民広場(県庁前)
集まった市民らは「辺野古新基地NO」のボードを手に声を上げた=9日、県民広場(県庁前)

 辺野古の基地埋立拡張工事に反対する市民らが9日正午から1時間、県庁前の県民広場を中心に、北側を除く県庁周囲に集まり「止めよう新基地建設!10・9県庁包囲県民大行動」と題した集会を開いた。集会の呼びかけは仲宗根悟氏(社民・護憲)、奥平一夫氏(県民ネット)、渡久地修氏(共産党)、大城一馬氏(社大党)の4人の県議と同実行委員会で行われ、糸数慶子参議院議員や照屋寛徳衆議院議員も応援に駆け付けた。3800人(主催者発表)の参加者らは、配布されたブルーを基調としたメッセージボードを掲げ、「新基地反対、建設やめよう」と声を上げた。



▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

09日

ゴルフ場建設 期限切らず 計画なお具体化せず

 石垣市議会(知念辰憲議長)9月定例会は8日、一般質問2日目の日程に入り、井上美智子、仲間均、我喜屋隆次、伊良皆高信、長山家康の5氏が登壇した。ゴルフ場建設計画について中山義隆市長は「期限を決めると交渉ごとなので、いろんな支障が出てくる」と述べ、具体的な期限を明示することは避けた。ただ「二期目でゴルフ場のめどをつけたいという思いは変わらない」とも強調した。9月に行われた火葬炉設置工事の入札をめぐり、与党から特別委員会設置を求める声が上がった。

 ゴルフ場建設計画の進ちょく状況は仲間氏がただした。中山市長は「現実として成果が出てこないことに対して、信用できないと言われても致し方ないと思う」と計画が具体化していないことを認めた上で「現時点でも複数の企業と話をしている」と引き続き企業側と調整中であることを強調した。

 仲間氏は期限を切ってゴルフ場建設のめど付けを進めるべきだと求め、伊原間地区で市有地を活用してゴルフ場を建設するよう提案。中山市長は「市民の財産である市有地、税金を投入するという段階には来ていない」と否定した。ただ、民間企業による建設の可能性がなくなれば「市有地も活用し、公営的なゴルフ場も考える」とした。



▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

09日

ペンタス咲き誇る 伊野田の金城さん宅

「とにかく花が大好き」という金城ソノエさんが育てたペンタス=7日午前、金城さんの自宅
「とにかく花が大好き」という金城ソノエさんが育てたペンタス=7日午前、金城さんの自宅

 金城ソノエさん(72)=伊野田=の自宅の庭先に10月初旬から、緋色(ひいろ)のペンタスが咲き誇っている。

 ペンタスは、アカネ科の植物。

 緋色の花弁と紫色の花芯が、気持ちよさそうに秋風にそよいでいた。

 金城さんは、「花の世話をするのは大変だけれど、とにかく花が大好き。咲いたときには、とてもうれしい」と顔をほころばせた。

2014年

10月

09日

「独自の自然、文化紹介したい」 外国人観光客誘致で講演

講演するジャンボツアーズの谷村勝己代表取締役社長=8日午後、ホテル日航八重山
講演するジャンボツアーズの谷村勝己代表取締役社長=8日午後、ホテル日航八重山

 ㈱ジャンボツアーズ(本社・那覇市)の谷村勝己代表取締役社長を講師に招き、講演会(石垣市観光交流協会主催)が8日午後、市内ホテルで行われ、谷村社長が、インバウンド観光(外国人観光客誘致)で取り組むべき施策など体験談を交え、紹介した。

 谷村社長は「旅行好きで、自分が実際に感動し、楽しいと思ったものを多くの人々に伝えたい」との思いで、旅行社を起業した経緯から、「八重山の各離島には独自の自然や文化があり、それを紹介していきたい」と述べ、ギリシャ、イタリア、トルコなどの観光地や独自で掘り起こした魅力などを紹介した。



▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

08日

海の青さに感動! シュノーケル体験満喫

シュノーケル体験を楽しんだ市子どもセンターの児童・生徒たち=9月27日、提供写真
シュノーケル体験を楽しんだ市子どもセンターの児童・生徒たち=9月27日、提供写真

石垣市子どもセンターは、9月27日に八重山ダイビングサービスフィールドの星野さんの協力を得てシュノーケル体験を行った。小学4年生から中学1年生の児童・生徒8人が参加し、カクレクマノミや小魚の群れに大喜びし、海の青さや透明度に感動していた。

 毎年夏休みの行事として行っており、今年は7月末に予定していたものが台風と重なり延期未定のままだったが、ようやく開催となった。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html


2014年

10月

08日

米国のある富豪は…

 米国のある富豪は、1日のうち一定の時間を思索に当て、一室に引きこもるという。思索のあと、彼はやおら部屋から出て電話を取り上げ、部下にビジネスに関する的確な指示を出す。そして富豪の財産はさらに増えていく◆どんなに多忙であっても、1日1回、一人になって思索に集中できる時間を持つことが本来は望ましい。しかし最近、意外なことに気づいた。思索に集中しようとしても、できないのである。老いて集中力が衰えたというだけではない。仕事、生活、人間関係など、雑念が次から次と湧いて出て、精神の統一を持続できないのだ◆ヨガや禅の瞑想などを傍から見ていると、目を閉じて座っているだけなら何の苦もない、と勘違いしてしまう。しかし実際には、何もせず座っていることが大変な苦痛なのだ◆思索や集中というのも一つの訓練であり、毎日の多忙さの中で置き忘れていると、その力が確実に衰えていくことを知った◆あるテレビ番組で、瞑想中、雑念が湧いた場合はどうするか問われた禅僧の答えを思い出す。彼はこともなげに「受け流す」と言った。集中とは雑念がないことではなく、雑念を何らかの方法で克服することだ。雑念とは心の闇であり、放っておくと体ごと吸い込まれるブラックホールなのだ。

2014年

10月

08日

保育所の民営化視野に 将来的な運営形態で検討 昼窓業務、来年4月拡大へ 市議会一般質問

 石垣市議会(知念辰憲議長)9月定例会は7日から一般質問の日程に入り、初日は平良秀之、長浜信夫、箕底用一、仲嶺忠師、東内原とも子の5氏が登壇した。市立保育所の将来的な運営形態について知念修福祉部長は、認定こども園に移行した上で、将来的な民営化も視野に入れる考えを明らかにした。嘉数博仁企画部長は、市役所の昼休み窓口業務(昼窓)について、来年4月から取り扱い内容を拡大する方針を示した。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

08日

拉致問題に協力要請 県内の特定失踪者、全国2位

県内の特定失踪者の家族、濱端俊明さん(左から2番目)、下地元枝さん(同3番目)らが仲井真知事を訪問した=6日、県庁
県内の特定失踪者の家族、濱端俊明さん(左から2番目)、下地元枝さん(同3番目)らが仲井真知事を訪問した=6日、県庁

 北朝鮮による拉致被害者が沖縄にも多数存在するとして「『忘れないで、特定失踪者』沖縄集会」実行委員会のメンバーが6日、県内の特定失踪者の家族らとともに県庁を訪れ、仲井真弘多県知事へ問題解決に向けた協力を要請した。


 政府認定拉致被害者は17人だが、拉致の疑いがある行方不明者883人の捜査を警察庁は行っている。また同行した特定失踪者の藤田進さんの弟、藤田隆司さんは「883人すら氷山の一角」と訴えた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

07日

新「教育長」見据え? 教育委員人事で憶測

 首長が議会の同意を得て教育長を直接任命する新教育委員会制度が2015年4月からスタートするのを前に、中山義隆市長が「新制度を初年度から活用したい」との意向を示しており、玉津博克前教育長の後任となる教育委員人事も絡んで波紋を呼んでいる。現時点で後任の教育委員を任命した場合、現在の教育委員会制度が適用されるため、与党内で「来年3月まで教育委員人事を提案しないのでは」との憶測を呼んでいるためだ。教育長の長期不在を避けるため、教育委員を任命するが、教育長に来年3月で辞職してもらい、新制度の「教育長」にバトンタッチする「条件付き任命」の案も浮上している。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

07日

教育委員に花城氏   選任 欠員10カ月ぶり解消 竹議会最終本会議

竹富町議会9月定例会の最終本会議が開かれ、閉会した=6日午後、町議場
竹富町議会9月定例会の最終本会議が開かれ、閉会した=6日午後、町議場

 竹富町議会(新博文議長)9月定例会の最終本会議が6日開かれ、2013年度町決算認定の7件を認定、14年度一般会計補正予算や訴えの提起など8議案を原案通り可決した。また、委員1人が欠員している教育委員会委員の同意案が上程され、花城正美氏(65)=小浜出身=の選任を同意。八重山広域市町村圏事務組合議会議員には、三盛克美氏、山盛力氏を選任し、閉会した。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

07日

沖縄料理店が連携 島々の魅力PRへ

沖縄観光コンベンションビューロー東京事務所で「島の輪通信」の発足を発表する記者会見が行われた
沖縄観光コンベンションビューロー東京事務所で「島の輪通信」の発足を発表する記者会見が行われた

 首都圏の沖縄料理店をネットワーク化し、沖縄の魅力をPRする「東京 島のわ通信」が発足することになり、東京の沖縄観光コンベンションビューロー東京事務所でこのほど、記者発表が行われた。郷土料理店のネットワーク化は国内で初の試み。

 現在、首都圏には500店舗を超える沖縄料理店があるが、横のつながりはほとんどなく、それぞれが個々に営業活動している。

 一方で来店客にはメニューにはないさまざまな沖縄料理や音楽、観光、人との交流などに興味を持ちもっと沖縄の雰囲気を楽しみたいという人も多く、単独では多様なニーズに応え切れないという事情がある。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

04日

緑豊かな郷土づくりを 石垣市で都市緑化祭

シッサスやクビナガバレリアなどの花・苗木が無料で配布された=4日午後、市民会館
シッサスやクビナガバレリアなどの花・苗木が無料で配布された=4日午後、市民会館

 「未来へつなぐ 花と緑の南ぬ島」をテーマに、「2014年度沖縄都市緑化祭in石垣市」(沖縄総合事務局、県、市主催)の式典が4日、石垣市民会館中ホールで開かれ、都市緑化功労者や琉球みどりの文化賞、亜熱帯緑化事例発表の表彰と講評が行われた。石垣市からは都市緑化功労者に石垣市婦人連合会(金城綾子会長)、新田實さん、純子さん夫妻が受賞したほか、亜熱帯緑化事例発表で県八重山土木事務所が優秀賞を受賞した。式典では、八島小学校みどりの少年団が誓いの言葉を述べ、緑豊かな郷土づくりの推進に決意を新たにした。

 沖縄都市緑化祭は、毎年10月の都市緑化月間に伴い、緑化の普及と啓発のために開催されている。石垣市での開催は2004年以来10年ぶり。

 式典は、八重山商工高校郷土芸能部による舞踊で幕開け。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

04日

多彩な「命草」に感嘆 JHS役員が来島

(写真左から)岩下幸司農水部長、中山義隆市長、熊谷博理事長 木村正典専務理事 嵩西洋子八重山支部長、八重山支部の當銘光子さん、石井早苗さん=2日、市役所(市提供)
(写真左から)岩下幸司農水部長、中山義隆市長、熊谷博理事長 木村正典専務理事 嵩西洋子八重山支部長、八重山支部の當銘光子さん、石井早苗さん=2日、市役所(市提供)

ジャパンハーブソサエティー(JHS)の熊谷博理事長、木村正典専務理事が2日、全国ハーブサミット石垣市大会及びハーブフェスティバルin八重山(来年2月6日~12日、市健康福祉センターなど)に関する意見交換、打合せのため来島=写真。熊谷理事長一行は、市内のハーブ園の視察やハーブ料理に八重山の多彩な「命草」を堪能、感嘆していた。

 JHSは、全国ハーブサミット連絡協議会のメンバーとしてこれまでサミットの開催を支えてきた団体であり、八重山での開催もJHSの嵩西洋子八重山支部長の尽力で決定した。

 熊谷理事長、木村専務理事、嵩西支部長らのメンバーはこの日、中山義隆市長を表敬し意見交換を行った。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

04日

「崎ちゃん」再び放鳥 カンムリワシ交通事故増加

2度目の交通事故に遭い、再び放鳥されたカンムリワシの崎ちゃん。左は発見した石垣真宣さん=4日午前、崎枝
2度目の交通事故に遭い、再び放鳥されたカンムリワシの崎ちゃん。左は発見した石垣真宣さん=4日午前、崎枝

今年2月に崎枝小中学校で放鳥したカンムリワシの「崎ちゃん」が再び交通事故に遭い、 環境省石垣自然保護官事務所は4日、発見現場近くの崎枝地区で放鳥を行った。放鳥には、交通事故に遭った崎ちゃんを発見した石垣真宣さん(78)も立ち会い、元気な姿を喜んだ。放鳥されたカンムリワシが再び交通事故に遭い、放鳥されるケースは珍しいという。石垣自然保護官事務所はカンムリワシの交通事故の増加を懸念し、ドライバーに注意を呼びかけている。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html


2014年

10月

04日

八商工 健闘3位 スターリングテクノラリー県大会

「第7回スターリングテクノラリー沖縄県大会」が開催された=3日午後、八重山商工高校
「第7回スターリングテクノラリー沖縄県大会」が開催された=3日午後、八重山商工高校

 「第7回スターリングテクノラリー沖縄県大会」(主催・沖縄県工業教育研究会など)が2、3の両日、八重山商工高校で開催された。八商工は、スピードクラスで3、4、5位を独占。宙返りクラスで3位と健闘した。


 スピードクラスでは、沖縄工業高校が優勝。那覇工業高校(定時制)が準優勝に輝いた。3位の八商工との差は、わずか0・01秒だった。
 宙返りクラスでは、那覇工業高校(定時制)が優勝。南部工業高校が準優勝に輝いた。八商工は3位で惜敗した。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

04日

「沖縄から強い知事を」 下地陣営が事務所開き 県知事選

下地氏(奥左)の必勝を期して、全員で手を繋ぎ、ガンバロー三唱を行った=3日夜、石垣市の事務所
下地氏(奥左)の必勝を期して、全員で手を繋ぎ、ガンバロー三唱を行った=3日夜、石垣市の事務所

 県知事選に出馬表明している元郵政民営化担当相、下地幹郎氏(53)の八重山事務所開きが3日、石垣市内で行われ、下地氏は子どもの教育費の完全無料化と米軍普天間飛行場移設問題について県民投票の実施を掲げ、「沖縄から強い知事を生まないといけない。これからは沖縄のことをちゃんと主張し、首相と交渉を行い、ワシントンへ沖縄の基地問題について物を言う。これをやらせて頂きたい」と訴えた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

04日

石垣進出をアピール 「ビギやまマート!」展開 沖縄ファミマ

「ビギやまマート」で石垣進出をPR=1日、ファミリーマート北谷町役場前店
「ビギやまマート」で石垣進出をPR=1日、ファミリーマート北谷町役場前店

 ㈱沖縄ファミリーマート(大城健一代表取締役)は、「みんなと沖縄をつないで沖縄を元気にする」結プロジェクトの一環で、石垣島出身のアーティスト「BIGIN」と「きいやま商店」を起用した「ビギやまマート店舗ラッピング」を行い、10月の石垣進出をアピールしている。


 対象店舗は58号線沿いの北谷町役場前店。店舗の外観デザインのほか、両グループとコラボしたTシャツやタオルなどの限定販売を行っている。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

03日

27年度に3架橋建設 空港アクセス道路で県 県議会一般質問

砂川氏は離島振興について質問した=2日、県議会
砂川氏は離島振興について質問した=2日、県議会

 県議会9月定例会最終日の2日は、一般質問を行い、砂川利勝氏(自民)が登壇。離島振興の観点から八重山の農水産業や石垣空港アクセス道路整備、波照間空港整備について質問し、進捗状況や県の課題認識について確認した。


 冒頭、砂川氏は11月16日投開票の県知事選に向けて「仲井真知事の3選こそが、地域振興にとってなくてはならない」として仲井真氏を応援。議場内与党から拍手が送られた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

03日

「島の魅力全国へアピール」 ファミマがフォトブック贈呈

石垣島フォトガイドブック「石垣島に行きたい」
石垣島フォトガイドブック「石垣島に行きたい」

 沖縄ファミリーマート(代表:大城健一)はファミマ・ドット・コム(代表:市川透)の協力のもと石垣島への出店記念として、フォトガイドブック「石垣島に行きたい」を10日から県内の同社全店で先行販売することを中山義隆石垣市長に報告し、同書を5冊贈呈した。


 同書は石垣島の魅力を紹介したガイドブックで、島の魅力を最大限に伝えるために全国で発売していく予定。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

03日

成績優秀でW学位授与 大浜出身の林慎也さん

関西外国語大学の学位記授与式で、学部生を代表して学位記を受け取る林慎也さん=9月6日、同大学の中宮キャンパス(同大学提供)
関西外国語大学の学位記授与式で、学部生を代表して学位記を受け取る林慎也さん=9月6日、同大学の中宮キャンパス(同大学提供)

 石垣市大浜出身の林慎也さん(23)=大阪府大阪市=が9月6日、関西外国語大学外国語学部英米語学科を優秀な成績で卒業。大阪府にある同大で行われた学位記授与式では、61人の学部生を代表して、谷本義高学長から学士の学位記を受け取った。また、今年の5月17日には、ニューヨーク州立大学も卒業。2つの学位を授与されたことになる。林さんは「将来、外国人を対象にした日本語教師になりたい」と語り、外大大学院日本語学日本語教育学コースに進学する。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

02日

「ウチナーンチュの誇りを」 翁長陣営が事務所開き

翁長氏(前列左から3人目)の必勝を期してガンバロー三唱する支持者=1日午後、石垣市の事務所
翁長氏(前列左から3人目)の必勝を期してガンバロー三唱する支持者=1日午後、石垣市の事務所

県知事選に出馬表明している那覇市長、翁長雄志氏(64)を支援する「うまんちゅの会」石垣支部事務所開きが1日、石垣市内で行われ、翁長氏は「基地は沖縄の経済振興の最大の阻害要因」と米軍普天間飛行場の辺野古移設反対を掲げ「ウチナーンチュの誇りと尊厳を持って豊かさを築いていこう」と訴えた。

 石垣支部の高嶺善伸共同代表(県議)は「新基地を造らせない運動で、県民の先頭に立つ翁長氏を県知事に」とあいさつ。

 選対本部となる「ひやみかちうまんちゅの会」副会長で元石垣市長の大浜長照氏は「八重山は国防の砦として狙われている。基地を増やそうとする勢力を打ち負かし、沖縄の良識を世界に示す選挙だ」と翁長氏への支持を呼び掛けた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

02日

定期便を通年運航 石垣―台北線 中華航空が週2往復

チャイナエアラインの担当者が、定期便の通年運航を中山義隆石垣市長に報告した=1日午後、市長室
チャイナエアラインの担当者が、定期便の通年運航を中山義隆石垣市長に報告した=1日午後、市長室

 チャイナエアライン(中華航空、日本支社・東京都)は、8月6日から定期便として運航している石垣―台北(タイペイ)線を、冬季スケジュールでも継続運航することを発表した。同社沖縄支店の井上孝太営業部長と岡野真営業課長が1日午後、市役所を訪れ、中山義隆石垣市長に報告。同社による同便の通年運航は、今回が初。

 同便は、火曜日と土曜日の週2日、2往復4便。往路は午前10時5分石垣発、復路は午前7時(現地時間)台北発。

 冬季スケジュールの期間は、今月26日から来年3月28日まで。

 座席は、エコノミークラス150席、ビジネスクラス8席の計158席。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

02日

〝ちびっこ〟門下生が奮闘 伊良皆高吉研究所

「第37回八重山古典音楽コンクール」に向けて練習に励む伊良皆高吉研究所の〝ちびっこ〟門下生(同研究所提供)
「第37回八重山古典音楽コンクール」に向けて練習に励む伊良皆高吉研究所の〝ちびっこ〟門下生(同研究所提供)

 東京都にある安室流保存会・伊良皆高吉研究所の〝ちびっこ〟門下生4人が、三線部門のあやぱに賞受賞に向けて、奮闘している。東京都にある研究所の門下生が同賞に挑戦するのは、今回が初。

 練習に励んでいるのは、松本仁君(11)=文京区=、髙澤馨(けい)君(10)=同区=、髙澤ひまりさん(8)=同区=、伊良皆眞凛さん(7)=葛飾区=の4人。全員東京生まれ東京育ち。生粋(きっすい)の〝東京っ子〟だ。家族旅行で八重山に度々訪れるうち、八重山の文化に興味を持つようになり、三線に出会ったという。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

01日

副市長、教育長が退任 人事案件の提案見送り 市議会

 石垣市の漢那政弘副市長、玉津博克教育長が30日、任期満了で退任した。中山義隆市長は同日の市議会(知念辰憲議長)9月定例会で、2人を再任する人事案件を提案する予定だったが、与党内での調整がつかず、見送った。市は10月1日から副市長、教育長が不在という異例の事態になる。中山市長は取材に対し「(副市長、教育委員の人事案件を)早めに提案できるようにしたい」と述べた。


 市議会本会議では予算案や条例案などが提案されたあと、中山市長が人事案件を追加議案として提案する考えを示し、議会運営委員会(仲嶺忠師委員長)で了承された。このあと休憩し、中山市長と与党議員団が調整に入った。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2014年

10月

01日

「突然」の退任劇 現場去る漢那、玉津氏

退任式で職員から記念品を受け取る玉津教育長=30日夕、市教委
退任式で職員から記念品を受け取る玉津教育長=30日夕、市教委

 30日付で任期満了となった漢那政弘副市長と玉津博克教育長。与党内では2人とも続投するとの観測が流れており、反対の動きも表面化していなかっただけに「突然」の退任劇となった。行政現場を去る両氏は議会終了後、それぞれ副市長室、教育長室に戻り、慌ただしく私物の片づけを始めるなど、身辺整理に追われた。


 副市長室に10月以降のカレンダーをあえて貼っていなかったという漢那氏。

 「4年間いろいろなことがあったが、一番の思い出は新石垣空港の開港。県職員時代は造る立場で、開港時は副市長として入ってくる人たちを迎える立場だった。開港に立ち会えて感激した」と、笑顔で淡々と語った。教育委員会では教育委員の任期が満了した玉津氏の退任式が開かれ、玉津氏は笑顔で職員から花束を受け取った。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html


2014年

10月

01日

地元で熱唱ライブ 宮良出身の成底ゆう子さん

ライブで歌う成底ゆう子さん=9月30日午後、石垣リゾート
ライブで歌う成底ゆう子さん=9月30日午後、石垣リゾート

 石垣市宮良出身のシンガーソングライター・成底ゆう子さんのライブが9月30日、コンドミニアム「石垣リゾート」で開かれた。成底さんは「ふるさとからの声」などオリジナルソングを熱唱。観客たちは成底さんの歌声に聴き入った。


 成底さんは2010年にメジャーデビュー。今年4月には生まれ島沖縄色の強いサードアルバム「生まり島」をリリースし、東京や大阪でワンマンライブを行った。今回のライブは、宮良川再生プロジェクトの一環として開催。ライブでの収益は、宮良川再生基金などの寄付金として活用される。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html