2015年

9月

12日

AED活用や心肺蘇生学ぶ 救急法講習会に30事業者が参加

救命士(左)に教わりながら心肺蘇生の実習を行う参加者ら=11日午後、市総合体育館
救命士(左)に教わりながら心肺蘇生の実習を行う参加者ら=11日午後、市総合体育館

 緊急時に一人でも多くの命を救ってもらいたいと、救急医療週間(9月7日~13日)に合わせ、石垣市消防本部は11日午後、市総合体育館で、同市内のAED(自動体外式除細動器)を設置している30カ所のホテルや商店などの事業者や従業員など集めて、救急法講習会を開催した。
 講習会では、心肺蘇生法とAEDの使用方法を同消防本部の救命士2人がスライドを使って説明した後、参加者全員が人形を使って実際に胸を強く押す胸骨圧迫による心肺蘇生法やAEDの使い方を練習した。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html