2015年

9月

15日

自衛隊めぐり「平行線」 市長と野党、噛み合わぬ議論

 14日の市議会一般質問では、石垣島への自衛隊配備計画をめぐり、野党の長浜信夫氏が「『日本一幸せあふれるまち』どころか、日本一不安を招く石垣市になる」と反対論を展開。一方、中山義隆市長は「戦争をしてはいけないことと、国を守るため備えることを同列に並べることは間違っている」と長浜氏の論旨を疑問視し、両者の主張は終始、噛み合わなかった。
 長浜氏は「市長は二度と戦争してはいけないと慰霊の日で誓った。しかし、わずか1日で舌の根も乾かぬうちにてのひらを返した」と、市長が自衛隊配備に向けた防衛省の調査を受け入れたことを批判。
 中山市長は「調査受け入れを表明したが、どれくらいの部隊をどこに配備するとかという話は一切来ていない。現状では私として判断はしていない」とかわした。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html