2015年

9月

17日

あらゆるルートで誘致 自然史博物館、来年シンポも 石垣小、18年度建て替え 市議会一般質問

 石垣市議会(知念辰憲議長)9月定例会では一般質問3日目の16日、大石行英、今村重治、石垣涼子、崎枝純夫の4氏が登壇した。日本学術会議が沖縄と東北への設置を提言している国立自然史博物館について中山義隆市長は「あらゆるルートを通じて石垣に誘致したい」と強調した。老朽化が進む石垣小校舎の建て替えについて市教育委員会の成底啓昌教育部長は、2018年度の工事着手を目指す方針を明らかにした。

 自然史研究の拠点となる「国立自然史博物館」の誘致については大石氏が取り上げ「千載一遇のチャンス到来」と市の取り組みを促した。中山市長は今年度の施政方針で誘致を明言している。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html