2015年

9月

25日

墓地の制度 現状など学ぶ 八重山文化研究会が定例会

発表を行う宇根底さん(右)=24日夜、石垣港離島ターミナル会議室
発表を行う宇根底さん(右)=24日夜、石垣港離島ターミナル会議室

石垣市の墓地について学ぼうと、八重山文化研究会(石垣繁会長)は24日夜、石垣港離島ターミナル会議室で9月定例会を開催し、「石垣島の墓地の現在」をテーマに会員や市民など10人余りの前で同市立図書館の臨時職員、宇根底洋子さんが発表を行った。

 定例会では宇根底さんが、沖縄の墓地制度の変遷について王府時代、廃藩置県後、復帰前、復帰後などの実態をスライドを使って説明。さらに自身の実家の墓や赤馬主之墓などを例に、個人墓地の現状を示した。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html