2015年

9月

27日

〝自己決定権〟に危うさも 飛び交う「併合」「植民地」「先住民」

演説する翁長を背後の席で見守るNPОの上村代表=21日、スイス・ジュネーブの国連人権理事会
演説する翁長を背後の席で見守るNPОの上村代表=21日、スイス・ジュネーブの国連人権理事会

 翁長雄志知事は21日(日本時間22日未明)、スイス・ジュネーブで開かれた国連人権理事会で演説し、安倍政権が進める米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設について「沖縄の人々は自己決定権や人権をないがしろにされている」「あらゆる手段を使って新基地建設を止める」と訴えた。「自己決定権」という言葉は反基地派やマスコミによって「沖縄独立論」の根拠として使われることが多く、議論を呼ぶことは必至だ。

 ▽独立国
 「沖縄はかつて独立国として、営々とやって来た」
 演説直前、同じ国連ビル内で「沖縄の軍事化と人権侵害」をテーマにしたシンポジウムが開かれた。出席した翁長知事は、辺野古移設反対の訴えに沖縄の歴史を絡めた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html