2015年

9月

28日

クラシック名曲にうっとり 石垣フィル、家族コンサート

石垣フィルのファミリーコンサートが開かれた=27日午後、市民会館中ホール
石垣フィルのファミリーコンサートが開かれた=27日午後、市民会館中ホール

 石垣フィルハーモニー管弦楽団(西倉佳代団長)のファミリーコンサートが27日、市民会館中ホールで開かれ、親連れなど大勢の市民らが訪れてクラシックの名曲に耳を傾けた。

 昨年12月に石垣市で開かれたベートーヴェンの「第9」コンサートを機に、島内のアマチュア音楽家で結成。県立芸大教授の庭野隆之氏を芸術監督に迎え、臨時メンバーも加え約30人の陣容でコンサートに向けた練習を積んできた。

 この日は第1部でベートーヴェン「運命」、モーツァルト「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」など、有名曲の聴きどころを紹介。第2部では指揮者体験コーナーを設け、第3部ではレハール「金と銀」、ブラームス「ハンガリアン舞曲5番」など親しみやすい名曲を披露した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html