2015年

9月

30日

与那国町に甚大な被害 住宅200戸超が損壊 ライフライン途絶も 台風21号

台風21号で、与那国町では陸揚げされた小型船が横倒しになっている(石垣航空基地提供)
台風21号で、与那国町では陸揚げされた小型船が横倒しになっている(石垣航空基地提供)

 与那国町で全国歴代4位の最大瞬間風速81・1メートルを記録した台風21号は、町に甚大な被害をもたらした。台風通過から一夜明けた29日、状況が徐々に判明した。県によると、全壊10戸を含め200戸を超す住宅に被害が出た。県は住宅損壊に伴うけが人を確認していないが、避難所となった体育館で28日に窓ガラス1枚が割れ、八重山署によると男性1人が破片で軽傷を負った。29日午後3時現在、約500戸が停電している。

 県は29日、電力などライフライン復旧のため、陸上自衛隊に災害派遣を要請。自衛隊ヘリコプター2機が軽トラックや電線、発電機などの資機材や、沖縄電力、NTT、ソフトバンクなどの作業員や沖縄気象台の職員ら36人を那覇市や石垣市から与那国町に運んだ。町役場は29日も電話がつながりにくい状態が続いた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html