2015年

10月

02日

「強引な姿勢容認できず」 町田公室長、安保法批判 県議会代表質問

 県議会(喜納昌春議長)は代表質問2日目の1日、町田優知事公室長が安全保障関連法について「国民の理解を十分得られていない重要法案を、強引に推し進める政府の姿勢は容認しがたい」と県の見解を表明した。
 渡久地修氏(共産)が「戦争法について」と質問したことに対し、自民党会派県議らから「戦争法という法律はない」と反発の声が上がり、議会は一時中断となった。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html