2015年

10月

09日

ヤマネコ保護で連携 竹富町・対馬市が共同宣言

堅い握手を交わす川満町長(左)と対馬市の比田勝副市長=8日、竹富町離島振興総合センター
堅い握手を交わす川満町長(左)と対馬市の比田勝副市長=8日、竹富町離島振興総合センター

 竹富町と長崎県対馬市の両自治体でイリオモテヤマネコとツシマヤマネコの保護に関する連携を図るため「ヤマネコ愛!ランド共同宣言」(主催・イリオモテヤマネコ発見50周年記念事業実行委員会)が8日、竹富町離島振興総合センターで開かれ、竹富町の川満栄長町長と対馬市の財部能成市長との間で共同宣言が結ばれた。財部市長の代理で比田勝尚喜副市長が出席した。

 川満町長は「これまで保護の連携はなかった」と話し、今回の共同宣言について「大きな喜び。友愛の絆を深め、自然環境保護を推進していく」と連携を強調。4月15日を条例で「イリオモテヤマネコの日」としたことにも触れ、「(今後)ふさわしい取り組みを実践してゆく」と決意した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html