2015年

10月

10日

「ナショナリズム」「教員無視」 採択協の発言問題視 住民の会

 子どもと教科書を考える八重山地区住民の会は9日、官公労共済会館で記者会見し、情報公開請求で中学校教科書を選定した八重山採択地区協議会の議事録を入手したことを明らかにした。メンバーは、議事録に記載された委員の発言を問題視した。
 採択協委員からは「沖縄人は古くから日本人だ」「人名は外国語読みではなく、日本語読みにするべきだ」という趣旨の意見が出た。住民の会メンバーは「偏狭なナショナリズムの発言」と非難した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html