2015年

10月

11日

沖縄と米国ハワイ州の…

 沖縄と米国ハワイ州の姉妹都市提携30周年を記念し、ハワイからデービッド・イゲ知事が来沖している。10日には那覇市内のホテルで記念式典・祝賀会が開かれ、翁長雄志知事は「30周年を契機に、ハワイと沖縄の友好の歴史に新たな一歩が生まれた」などと交流の深化を誓った。知事は、来年10月に開かれる第6回世界のウチナーンチュ大会への参加も呼び掛けた◆節目の年を契機に、県とハワイの間では、人材育成や学術交流、新エネルギー分野での協力促進などが検討されているという◆ハワイと沖縄がお祝いムードに包まれた今年は、奇しくも石垣市と台湾・蘇澳鎮の姉妹提携20周年でもある。沖縄本島ではハワイの陰に隠れて目立たなかったが、八重山と台湾の交流も歴史は長い◆9月には中山義隆市長を団長とする訪問団が台湾・蘇澳鎮に入り、協力関係をさらに強固なものとするための覚書を交わした。農林漁業の特産品生産販売に向けたコミュニティ立ち上げ、学校現場での教育と相互訪問による文化交流の促進、観光産業の促進と交通産業の連携が主な内容だ◆国境に接する沖縄は諸外国に対する日本の玄関口でもある。ウチナーンチュは、世界の多様な文化や価値観を受け入れる包容力を持っている。交流拠点としての期待は大きい。