2015年

10月

14日

賛成多数で改正案可決 職員から資格を除外 投票は11月29日予定 役場移転住民投票条例 

川満町長が改正案を上程し可決した=13日、竹富町議会議場
川満町長が改正案を上程し可決した=13日、竹富町議会議場

 竹富町議会臨時会が13日午後、竹富町役場で開かれ、川満栄長町長は、石垣市に住所を有する町役場職員の投票資格を削るなどの修正がある「竹富町役場の位置についての意見を問う住民投票条例の一部を改正する条例」を上程し、6対4の賛成多数で可決された。住民投票条例は9月定例会で全会一致で可決されており、全会一致で可決された条例への改正条例案が可決したのは竹富町政史では初めて。可決を受け川満町長は「政治家の根っこは民意。民意を得たなかでの可決を評価したい」と話し、「住民投票は11月29日に行う予定」と述べた。

 改正住民投票条例の特徴は①石垣市に住所を持つ町役場職員を投票資格者から外す②「結果の尊重」を町長のみから「町長及び町議会」に変更―など5項目。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html