2015年

10月

15日

10年後の地域医療見据え 地区保健協医療構想検討委

2015年度八重山地区保健医療協議会と地域医療構想検討委員会が開かれた=14日、八重山合同庁舎
2015年度八重山地区保健医療協議会と地域医療構想検討委員会が開かれた=14日、八重山合同庁舎

 地域医療構想の策定への構想を練ろうと14日、八重山合同庁舎で2015年度第1回八重山地区保健医療協議会と第1回八重山地区地域医療構想検討委員会が八重山合同庁舎で開かれた。この日の主な内容として、団塊の世代が75歳になる10年後、2025年の医療を見据えるもの。

 八重山福祉保健所の崎山八郎所長は「2025年の医療提供体制を構築し、どのような施策を展開していくか」と趣旨を述べ、「団塊の世代が75歳を迎える時代。入院を必要とされている病床など在宅医療などを構築していく」と意気込んだ。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html