2015年

10月

26日

八重高、きょう秀岳館戦 甲子園懸けた大一番に 九州大会

4強進出を目指し、ランニングに励む八重高の選手たち=25日午後、武岡台高校グラウンド
4強進出を目指し、ランニングに励む八重高の選手たち=25日午後、武岡台高校グラウンド

 第137回九州地区高等学校野球大会の2回戦で、八重山高校(沖縄1位)は26日午前10時から、鹿児島市立鴨池公園野球場で秀岳館高校(熊本1位)と対戦する。勝てば4強に進出し、来年春の甲子園出場がほぼ確実となる。選手たちは25日午前、鹿児島県立鴨池野球場で秀岳館の市営を観戦したあと、午後は武岡台高校グラウンドで約2時間、練習に励んだ。友利有也主将は「あと1つまで来たが、やることは今までと変わらない。八重高らしく泥臭く、冷静に自分たちの野球を貫きたい」と意気込んだ。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html