2015年

10月

27日

八重高、4強進出ならず 秀岳館に1―8で敗退 九州大会

敗退し、肩を落としベンチに帰る八重高の選手ら=26日午後、鹿児島市鴨池公園野球場
敗退し、肩を落としベンチに帰る八重高の選手ら=26日午後、鹿児島市鴨池公園野球場

 第137回九州地区高等学校野球大会(主催・九州地区高等学校野球連盟)に出場している八重山高校(沖縄1位)は26日、鹿児島市鴨池公園野球場で秀岳館(熊本1位)と対戦したが、1対8で敗れ、来春の選抜大会出場の目安となる4強進出を惜しくも逸した。

 秀岳館は1回表に先制点を上げ、4回表にも本塁打などで3点を追加した。
 4点を追いかける八重高は4回裏、黒島投真が右前打を放ち、新里光平が打者席で投手を揺さぶり四球。与那嶺匡が犠牲バントで送り、代打の喜友名真矢はゴロだったが2死2、3塁の好機。続く又吉海智の内野ゴロに秀岳館のエラーが重なり、又吉が執念のヘッドスライディングで安打にし、黒島の生還で1点を返した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html