2015年

11月

04日

地域の熱意  読書の輪広げる 潮平さん夫妻に感謝状 みやとり文庫

石垣字会の池城会長から感謝状を受け取る潮平俊さん=3日、宮鳥御嶽のみやとり文庫前
石垣字会の池城会長から感謝状を受け取る潮平俊さん=3日、宮鳥御嶽のみやとり文庫前

 地域の子どもたちが自由に読書を楽しめる場にしてほしいと、石垣市石垣で1978年「みやとり文庫」を開設した潮平俊さん(80)、夫の正道さん(82)に、3日、石垣字会(池城孝会長)から感謝状が贈られた。地域住民の熱意に支えられ、読書の輪を広げてきた宮鳥文庫。俊さんは「八重山だからできた。私のほうが皆さんに感謝状を捧げたい」と感慨深げに語った。

 娘の誕生をきっかけに、東京で読み聞かせ活動をしてきた俊さんは、夫婦で77年に帰郷。さっそく公立図書館や学校図書館を回ったが「子どものための本は少なく、古い」と衝撃を受けた。学校長だった故・田真米三氏らの協力を得て、地域に文庫を設置する活動を始めた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html