2015年

11月

12日

途上国の現状伝える 八重農の平得君、海外研修を報告

平得君がミャンマーの状況を報告した=11日、八重山農林高校
平得君がミャンマーの状況を報告した=11日、八重山農林高校

 おきなわ国際協力人材育成出前講座プログラム(青年海外協力協会(JOCA)主催)が11日、八重山農林高校で開かれ、夏休み期間中にミャンマーに派遣されていた同高の平得永大君(2年)が海外研修の報告を行った。平得君は「(現地の人と)触れ合うことで問題点や(自分の)意識が変わる」と話し、後輩たちに発展途上国の現状を伝えた。

 平得君は、「おはよう・こんにちわ・こんばんわ」の3つの意味がある言葉、「ミンナラバ」とあいさつしてスタート。ミャンマーの子どもたちが着ていたロンジーという衣装を着て解説した。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html