2015年

11月

30日

「平和の一議席守る」 県議選、新人次呂久氏が出馬表明

次呂久氏の出馬表明会見後、ガンバロー三唱で気勢を上げる次呂久氏(右から2人目)と支援者=29日午後、後援会事務所
次呂久氏の出馬表明会見後、ガンバロー三唱で気勢を上げる次呂久氏(右から2人目)と支援者=29日午後、後援会事務所

 来年6月の県議選で、革新系新人の次呂久成崇氏(41)が29日、真栄里の後援会事務所で記者会見し「オール沖縄として、平和の一議席をしっかり守る」と述べ、正式に出馬を表明した。若さや市職員として福祉行政に関わってきた経験などもアピールした。高嶺善伸県議は「後継者にしっかりバトンタッチするのが私の責務」と、次呂久氏を自らの後継者と位置付けて全力で支援する考えを示した。


 次呂久氏は「行政経験を持ち、現在も子育てを行い、今後迎えるであろう親の介護を考える世代の私自身が挑戦すべきであると決意するに至った」と強調。「今こそ若い世代が勇気と責任を持ち、幅広い年代をリードしなくてはならない」と訴えた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html