2015年

12月

12日

尖閣警備の3専従船入港 年度内に14隻体制へ 海保が就航式

石垣海上保安部に配備された特定運用巡視船「いらぶ」=11日、石垣港
石垣海上保安部に配備された特定運用巡視船「いらぶ」=11日、石垣港

 石垣海上保安部に配属された特定運用巡視船「たらま」「いけま」「いらぶ」の3隻と乗組員(第5~第8)130人の就航式が11日、石垣港の第6上屋で行われた。3船は尖閣海域の領海警備に従事する専従船。4つのクルーが3船に交互に乗り込む複数クルー制を採用しており、稼働率アップを図る。今年度中に12クルー14隻体制となる予定。
 石垣海上保安部の宮崎一巳部長は、尖閣海域での中国の海警船の領海侵入や、同意の無い調査活動について触れ、「高い緊張状態が続いている」と述べ、「21世紀の防人としての使命の全うを」と激励した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html