2015年

12月

14日

初の消火栓操法大会 自主防災会10チーム 練習成果競う

消火栓操法大会に出場した石垣市の各自主防災会=13日午後、市消防本部
消火栓操法大会に出場した石垣市の各自主防災会=13日午後、市消防本部

 消火栓、ホースなどの操作技術を高めようと、石垣市自主防災連絡協議会(池城孝会長)は13日、第1回自主防災会消火栓操法大会を市消防本部構内で開き、9つの自主防災会から10チーム、約40人が出場した。消防団による消防操法大会は各地で開催されているが、自主防災会が消火栓操法大会を開催するのは県内でも初めて。初代優秀賞者には石垣地区自主防災会4町内チームが輝いた。

 同大会は防火意識の高揚などが目的。開会式では選手が堂々と入場した。市自主防災連絡協議会の池城孝会長は「八重山の防災力を強化しなくてはならない。消防団に追いつけ、追い越せの気概で練習の成果を発揮してほしい」とあいさつ。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html