2015年

12月

18日

新庁舎、年明けに2検討委 町職員の競馬問題追及 竹富町議会一般質問

 竹富町議会(新博文議長)定例会一般質問2日目の17日は渡久山康秀、新田長男、三盛克美、那根操の4氏が登壇した。新庁舎建設の基本方針策定業務の一環として2検討委員会が年明けに設置されることがわかった。白浜団地建設の入札は不調となり、25日に再入札を行う。新田氏は町役場職員が勤務時間中に競馬をしていた問題を追及した。

 那根操氏は役場移転後の取り組みについて質問。勝連松一企画財政課長は基本方針策定について、①庁舎移転に伴う環境への影響調査②庁舎内の電算システム、備品の整備調査③交通ネットワークの検討④最適な行政施設の配置⑤現課長で構成する検討委員会と町の各種団体を含めた検討委員会―を検討事項として掲げ「年明けの早い時期に発足させたい」と述べた。町の各種団体の検討委には学識経験者や有識者、公民館館長などが入る見込み。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html