2015年

12月

22日

年間全勝で王座に 投打で圧倒の八重泉 長夫旗争奪野球

年間最強、王座を手にした八重泉=20日、沖縄電力球場
年間最強、王座を手にした八重泉=20日、沖縄電力球場

 第24回石垣長夫旗争奪軟式野球王座決定大会(主催・八重山野球連盟、共催・八重山日報社)が20日、沖縄電力球場で行われ、八重泉(B級)が投打で圧倒して優勝。1年間の試合を全て制し、王座に輝いた。2位は八重山スターズ(成年)。3チームのリーグ戦形式で行われた。八重泉の前泊正人監督は「職域大会も含め年間で負けなし。優勝で今年を終えられてよかった」と喜んだ。

 八重泉は投手を中心とした守りの野球。B級と成年の試合だったこともあり、10点以上の差が付く展開となったが、「つなぐ意識を持ってバットを強く振った結果。選手みんなにとって1年間の成果が出たと思う」と話した。
 殊勲賞に選ばれた、投手の又吉大智は「来年も全勝し、県も制覇したい」と2年連続の完全優勝を目指す。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html