2015年

12月

22日

町内加工品の販路強化 免税制度導入も視野 竹富町物産観光振興公社が設立

離島ターミナル内にオープンした「島土産」=21日、離島ターミナル
離島ターミナル内にオープンした「島土産」=21日、離島ターミナル

 株式会社竹富町物産観光振興公社(上勢頭保代表取締役)の設立総会が21日、離島ターミナルで行われ、同日石垣空港に続き店舗「島土産」が、離島ターミナル内でグランドオープンした。同公社は竹富町内生産加工業者の商品販路の窓口として店舗を運営し、町内業者の経営基盤強化を目指すもの。将来的には竹富町内で買い物をした外国人観光客への免税制度導入も視野に入れている。

 総会で上勢頭代表は「社会のグローバル化のなかで、結束して生活防衛をする必要がある」とあいさつ。持続可能な地域経済を目指すと宣言し、「目先の利益でなく竹富町、八重山ブランドを育てていこう」と決意した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html