2016年

8月

03日

進捗率11%、厳しい状況 県議会文教厚生委が視察

新八重山病院建設現場を視察する県議会文教厚生委員会のメンバーら
新八重山病院建設現場を視察する県議会文教厚生委員会のメンバーら

1日から八重山を訪れている、沖縄県議会文教厚生委員会(狩俣信子委員長)のメンバー11人は2日、旧空港跡地で建設が進められている新八重山病院の建設現場を視察した。現場責任者らから人材不足など、厳しい進捗状況を確認した狩俣委員長は「離島の苦悩を実感した。遅れることなく開院できるよう働きかけていきたい」と話した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

8月

03日

「算数得意に」「字を上手く」 課題と向き合う夏

まいふなー教室が開級。子どもたちの学習が始まった=2日、市立図書館
まいふなー教室が開級。子どもたちの学習が始まった=2日、市立図書館

 石垣市教育委員会の冠鷲プロジェクト、「図書館まいふなー教室開級式」が2日、石垣市立図書館で開かれ、小学校1年から6年までの児童22人が夏休みの宿題や、各自の課題に向き合った。また、高校生2人がボランティア指導者として参加し、子どもたちに勉強を教えた。

 開級式では児童を代表して、真喜良小学校の増田ひまりさん(2年)と増田和晄君(1年)が決意表明。ひまりさんは「苦手な算数が得意になるようにしたい」、和晄君は「字をきれいに書けるようにしたい」とそれぞれ述べた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

8月

01日

日没前にツナヌミンも 来夏世の五穀豊穣を祈願

夕陽の残る中ツナヌミンが行われた=31日午後、新川真乙姥御獄前
夕陽の残る中ツナヌミンが行われた=31日午後、新川真乙姥御獄前

 八重山最大の伝統行事、四ヵ字豊年祭ムラプールが31日午後、新川地区の真乙姥御嶽で開催され、住民らが今年の豊作を感謝し来夏世の五穀豊穣を祈願した。

 会場では今年新調された大川字会の「祷時雨順風」をはじめ11団体15本の旗頭が舞い、太鼓や巻踊りなどの芸能が次々と神前に奉納された。終了時刻を早める取組みのため、今年のツナヌミンはまだ夕陽の残る午後7時半ごろ行なわれ、2013年以来の明るい中でのツナヌミン開催となった。
 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

 

2016年

8月

01日

日台は運命共同体 李登輝氏「共通の価値観」強調

講演する李登輝氏=7月31日午後
講演する李登輝氏=7月31日午後

 石垣市を訪れている台湾の元総統、李登輝氏(93)は7月31日、市内ホテルで講演し、石垣市の農業発展に台湾人移民が果たした役割を紹介した上で「台湾と日本は運命共同体だ。石垣島の例は、日台の協力関係を築く上でモデルになる」と指摘。強圧的な海洋進出に乗り出している一党独裁の中国を念頭に「日台はアジアで最も民主化が進んだ国家。人権、平和を重んじる共通の価値観を持つ。四方を海に囲まれた国で、利害が一致する」と訴えた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

 

2016年

8月

01日

「特産品交流」に期待 石垣市と泉佐野市が協定

 石垣市と大阪府泉佐野市が特産品を相互に取り扱う協定の締結式が31日、石垣市役所で行われた。
 泉佐野市の千代松大耕市長は「国内タオル生産で有名な泉州タオル、水ナス、漬物など、特産品で両市との交流が深まることを期待している」とあいさつ。
 石垣市の中山義隆長は「泉佐野市の特産品を観光販売所、JAファーマーズマーケットなどで販売したい。泉佐野市で石垣の特産品の扱いも検討してほしい」と要望した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

 

 

2016年

7月

31日

世果報雨に感謝 オンプールで奉納芸能 四カ字豊年祭

41年ぶりに里帰りした、初代雉牡丹頭が奉納された=30日午後、天川御嶽
41年ぶりに里帰りした、初代雉牡丹頭が奉納された=30日午後、天川御嶽

 八重山に伝わる最大の伝統行事、夏の風物詩の四カ字豊年祭オンプールが30日、市内各所で執り行われ、世果報雨の中、今年の豊作を感謝し来夏世の五穀豊穣を祈願した。

 このうち登野城地区の天為御嶽では、午前10時にオンプールがスタート。稲作発祥の地とされる同御嶽に、雉牡丹とオオゴチョウの2本の旗頭が奉納され、神酒を酌み交わすミシャグパーシィの儀式などが行われた。
 天川御嶽のムラプールは午後2時に始まり、1975年の国際海洋博に展示され、96年以降行方が分からなくなっていた初代「雉牡丹」頭が里帰り奉納された。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

31日

石垣島沖で竜巻2本 「7、8月は発生シーズン」

石垣島沖で竜巻が発生した=30日午後4時50分頃、石垣島地方気象台撮影
石垣島沖で竜巻が発生した=30日午後4時50分頃、石垣島地方気象台撮影

 石垣島地方気象台は30日、午後4時50分ごろ、同気象台から南方向約10㌔海上で2本の竜巻を確認した。竜巻は25日に石垣空港の沖でも観測されており、5日振り。同気象台によると「7、8月は大気が不安定になりやすい。竜巻の発生シーズン」と話した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

31日

「台湾、石垣の友好の証」 入植顕頌碑で先人に敬意 李登輝元総統が初来島

李登輝元総統が石垣島に初来島し、台湾農業者入植顕頌碑前で記念撮影した=30日、名蔵
李登輝元総統が石垣島に初来島し、台湾農業者入植顕頌碑前で記念撮影した=30日、名蔵

 台湾の李登輝元総統(93)が30日初めて石垣島入りし、名蔵にある台湾農業者入植顕頌碑前で式典を開き、先人の労苦に敬意を表した。同氏は「戦中、戦後の石垣で台湾の人々の貢献は大きい。一人の台湾人として誇りを感じる」と話し、「融和の象徴である碑が台湾と石垣島の友好の証として、歴史を伝えていくことを願う」とあいさつした。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

30日

IT交流拠点が開所 西表島にシェアオフィス 竹富町移住定住促進事業

開所式では関係者がテープカットした=29日、同所
開所式では関係者がテープカットした=29日、同所

 内閣府地方創生加速化交付金を活用した「竹富町就業創出及び移住・定住促進事業」の一環で竹富町は29日、西表島大原にシェアオフィスを設置し同所で開所式が行われた。Wi―Fi完備の同オフィスは島内のテレワーカー業務や、外部からのビジネスマンも利用可能で、島内のIT関連の交流拠点としての役割に期待が寄せられている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

30日

世界最大の蛾、成虫に ヨナグニサンが羽化

 【与那国】世界最大の蛾「アヤミハビル(和名・ヨナグニサン)」を飼育する町の文化施設アヤミハビル館で、29日、成虫の羽化した様子が見られた=写真。同館専門員の杉本美華さんによると、同個体は、4月下旬に同館でアヤミハビルの成虫が産卵・孵化した幼虫を飼育したもので、この日朝、雌の成虫が長さ約18㌢の羽を伸ばしていたという。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

30日

「改善なし」と苦言 島内8観光施設を視察 観光交流協会

石垣市観光交流協会が島内8観光施設を視察した=29日、南ぬ浜町人工ビーチ
石垣市観光交流協会が島内8観光施設を視察した=29日、南ぬ浜町人工ビーチ

 石垣島の主要観光地を視察して不備を確認しようと石垣市観光交流協会(高嶺良晴会長)の一行21人が29日、島内8施設を視察した。南ぬ浜町の人工ビーチを視察した高嶺会長は「更衣室が蒸し風呂状態。自販機もないし木陰も少ない。パラソルを立てるなど雰囲気を良くしたほうがいい」と提言。この日の全体の総評としては「去年と変化なし。新しい建物以外は改善なし」と苦言を呈した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

29日

マイバック悪用の手口も 万引き抑止で連絡協 八重山署

八重山署は「万引きは見つけしだい通報してほしい」と呼び掛けている=27日、市内スーパー(写真は記事とは関係ありません)
八重山署は「万引きは見つけしだい通報してほしい」と呼び掛けている=27日、市内スーパー(写真は記事とは関係ありません)

 八重山署管内での万引き被害は25日現在で21件発生し、前年同期比で4件(31・3%)増加した。マイバッグを悪用した万引きなど手口が巧妙化し、発見が困難になっていることからスーパー関係者が頭を抱えている。
 27日、八重山警察署で市内のスーパーやコンビニなどの関係者を集めた万引き抑止連絡会議が開かれた。同署の担当者は「マイバッグを持参しての万引きが増加している」と報告した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

29日

「友だち100人つくる」 夏休み利用し語学留学 与那国

 【与那国】夏休みを利用し語学留学をする町の中学生4人の出発式が、26日午前、与那国空港で行われた=写真。
 派遣されるのは、与那国中学校3年生の崎元美玖さん、仲黒島結子さん、久部良中学校3年生の和泉用樹君、2年生の城間美栄さん。
 短期留学は「与那国町海外ジュニア語学留学派遣事業」として毎年実施されているもの。4人は、8月16日までアメリカワシントン州シアトル近郊に滞在し、現地の学校に通う。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

29日

北部地区に政治の光を 5校連が市に振興策要請

要請書を手渡す柳澤正和野底小PTA会長(左)と金城弘一石垣市総務部長(右)=28日午後、石垣市役所
要請書を手渡す柳澤正和野底小PTA会長(左)と金城弘一石垣市総務部長(右)=28日午後、石垣市役所

 伊原間中学校区の小中学校、公民館などで組織する「石垣市北部五校地区連絡協議会」(兼元光誠会長)は28日、スクールバスによる完全送迎の実施や学校施設の補修、コミュニティFMの難聴解消などを求める要請を石垣市役所で行った。要請項目は石垣市に対するものが11項目、市教委に対するものが56項目、八重山土木事務所に対するものが4項目。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

28日

観光好調、過去最高も視野 上半期で前年比15%増

離島行きの船を待つ観光客(資料写真)
離島行きの船を待つ観光客(資料写真)

 八重山観光が好調を維持している。県八重山事務所が27日発表した2016年上半期(1~6月)の八重山入域観光客数は60万610人で前年比7万7818人(14・9%)増。112万人台を記録した14年の上半期も上回り、過去最高ペースとなった。国内、海外路線とも増加を続けており、武田智所長は「通年でも過去最高となる可能性は十分にある」と期待した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

28日

「大好きな平和伝える」 徳さん親子 長崎で取材へ

親子新聞記者に当選した徳誠司さん(右)と琉歌(るか)君と母親の小百合さん=24日午前、平得にある徳さんの学習塾で
親子新聞記者に当選した徳誠司さん(右)と琉歌(るか)君と母親の小百合さん=24日午前、平得にある徳さんの学習塾で

 日本非核宣言自治体協議会が公募した親子記者に石垣市から平得の学習塾経営、徳誠司さん(46)と二男の琉歌(るか)君(11)=大本小5年=が選ばれ、8月9日に長崎県で開かれる原爆犠牲者慰霊平和祈念式典などを取材することになった。

 親子記者には全国152組の応募があり、抽選で親子9組が選ばれた。徳さん親子は8月7日に石垣市を出発し、8月11日まで長崎県で取材する。
 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

28日

敷居高い警察に「癒やし」 さんご会が植栽活動

さんご会のメンバーと山城係長=27日、八重山警察署
さんご会のメンバーと山城係長=27日、八重山警察署

 八重山警察署(前田達史署長)の敷地出入り口で、さんご会(多宇美恵子会長)が5月下旬から植栽活動を行っており、8種類ほどの色彩豊かな花が咲いた。警察署は一般人には敷居が高いイメージだが、花々が訪れる人の心を癒やしている。
 同署交通課事故係の山城正人係長が、いつも庭の手入れをしている知り合いの多宇会長に植栽を依頼したことがきっかけ。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

27日

八重山商工の…

 八重山商工の衝撃的な春夏連続甲子園出場から10年。沖縄の高校野球に偉大な足跡を残した伊志嶺吉盛監督が退任を表明した◆10年前は八重山にとって「天の時、地の利、人の和」の三拍子がそろった千載一遇の機会だった。伊志嶺監督という名将、その薫陶を受けた優れた選手がいて、市民も一丸となって選手の島外流出を防いだ。当時のような熱気を、現在の八重山で感じることはできない。この10年間、八重山勢の甲子園出場がかなわなかったことは、ゆえなしとしない◆離島の八重山は、本島の高校に比べると大きなハンディを抱えている。お隣の宮古島からも、いまだに甲子園出場校は出ていない。生半可な覚悟では甲子園にたどり着けないことを、10年間の空白が教えてくれる◆それでも今年の八重山勢は健闘した。八重山高校が県王者となり、九州大会でも1勝して21世紀枠候補に初めて選ばれた。八商工も夏の大会で4強入りを果たした。しかし八重高は夏の大会で初戦敗退し、最大のライバルだった興南も早々に姿を消して、頂点に立ったのはダークホースの嘉手納だった◆沖縄の高校野球界は戦国時代に入っており、誰もが天下を狙って切磋琢磨している。勝負の世界で生き抜く厳しさを、改めて実感させられた1年でもあった。

2016年

7月

27日

一番おいしいのは? 生産農家らがマンゴー品評会

八重山のマンゴーをA試食する県職員ら=26日、県八重山合同庁舎
八重山のマンゴーをA試食する県職員ら=26日、県八重山合同庁舎

 マンゴー生産農家や関係機関からなる、八重山マンゴー研究会は26日午後、県八重山合同庁舎でマンゴーの品評会を開催し、庁舎内で勤務する職員らが12農家、4機関が生産したマンゴーの食べ比べを行った。

 同研究会は結成8年目。6年前から品評会を開催しており、現在は郡内29経営体が加盟している。
 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

27日

移住・定住支援で協議会 8月発足、人口増目指す

 移住・定住の促進による人口増を目指す石垣市は、専門家や移住経験者の市民などをメンバーにした移住・定住支援協議会を8月3日に発足させる。年度内に報告書をまとめ、具体的施策を来年度予算に反映させたい考え。国立社会保障・人口問題研究所の試算では、現状のまま推移した場合、市の人口は2025年をピークに減少する見通しで、須藤圭亮企画部長は「産業の担い手となる人に移住してもらい、アフターフォローも含めた支援をしたい」と話している。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

26日

新田氏で最終調整   野党、対抗馬擁立へ

 8月23日告示、28日投票の任期満了に伴う竹富町長選で野党側は、町議の新田長男氏(55)=竹富島=を擁立する方向で最終調整していることが25日、関係者への取材でわかった。3期目を目指す川満栄長氏(63)=西表住吉=は、すでに出馬表明している。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

26日

国連決議など上位 本紙HP上半期まとめ

 八重山日報社は25日、上半期(2016年1月~6月)の同紙ホームページのアクセス状況をまとめた。ページ表示回数が最も多かったのは「黒島に一年ぶり常駐医・吉山医師到着」。2位以降は国連の先住民勧告に対する石垣市の決議、元米軍属の女性遺棄殺人事件、竹富町の児童生徒の国歌斉唱状況などがランクインした。10位までまとめた。6カ月で14万7415人が同ホームページに訪問した。
 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

 

2016年

7月

26日

石垣島沖で竜巻確認 八重山で10カ月ぶり観測

石垣島沖で竜巻が観測された。上空には黒い雲が広がっている=25日、撮影・那覇航空測候所石垣航空気象観測所(沖縄気象台提供)
石垣島沖で竜巻が観測された。上空には黒い雲が広がっている=25日、撮影・那覇航空測候所石垣航空気象観測所(沖縄気象台提供)

 石垣島で25日午前9時18分頃、石垣空港の北東約8㌔沖で竜巻が確認された。石垣島地方気象台は「今後も大気が不安定な状況が続く。竜巻があった場合や、黒い雲が近づいてきたら頑丈な建物の中に」と注意喚起している。
 石垣島地方気象台は竜巻確認後の午前9時48分に竜巻注意情報を発表。竜巻の写真は那覇航空測候所石垣航空気象観測所の職員が撮影した。この日は雷注意報も出ていた。
 この日、発達した積乱雲が影響して竜巻が発生。同気象台によると、けが人などの連絡は入っていないという。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

 

2016年

7月

25日

豊作祈願ウーニ健脚    独特な伝統行事に沸く

宮里村の亀田さんがウーニ競争を制した=24日、宮里海岸
宮里村の亀田さんがウーニ競争を制した=24日、宮里海岸

 今年の豊作に感謝し、来夏世の豊穣と地域住民の無病息災を祈願する黒島豊年祭(同公民館主催)が24日宮里海岸で行われ、村対抗のウーニ(走者)競争とパーレー競漕、ミーラク行列などに島が沸いた。村対抗パーレー競漕では、漕ぎ手はタイミングの良い櫂(かい)さばき。陸上では両者のウーニが健脚を披露し、豊作を祈願した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

25日

稚内市から雪だるま 園児とお年寄り、暑さ忘れ

普段見ない雪だるまを触り笑顔になる利用者=23日、デイサービスまなぶくん
普段見ない雪だるまを触り笑顔になる利用者=23日、デイサービスまなぶくん

 社会福祉法人紺碧の会デイサービスまなぶくん(翁長亜樹代表)で23日午前、利用者と児童養護施設ならさの子どもたちが、友好都市の稚内市から届いた雪だるまで交流した。
 ふだん見られない雪だるまに利用者と子どもらは「冷たい」と大喜び。夏の暑さを忘れて楽しい時間を過ごした。
 雪だるまは28個で、八重山青年会議所の根間斎理事長が2月に稚内市を訪れて製作し、大洋フーズの協力のもと冷凍庫で保管されていた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

24日

外国人客へ無料 Wi-Fi 地域振興にも期待の声 旧離島桟橋で実証実験

さんばしマーケット入り口に無料Wi―Fiを告知する看板が出ている。看板の後ろに移動式のWi―Fi端末がある=23日、旧離島桟橋
さんばしマーケット入り口に無料Wi―Fiを告知する看板が出ている。看板の後ろに移動式のWi―Fi端末がある=23日、旧離島桟橋

 2018年春ごろ常設化を始める予定の「やいま石垣さんばしマーケット」が開かれている旧離島桟橋で23日、外国人観光客向けのフリーWi―Fi実証実験がスタートした。石垣市商工会の平田睦事務局長は「インバウンドの観光客を美崎町につなげる情報センターになる」と見据え、観光客へのサービス向上と地域振興に期待を寄せた。同実験は3月まで。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

24日

ポケモンGOの行動様式 スマホで虫捕り/市内でも社会現象

県立八重山病院前のシードー線で水ポケモンのヤドンが現れた=23日夕、同病院前(スマホ画面)
県立八重山病院前のシードー線で水ポケモンのヤドンが現れた=23日夕、同病院前(スマホ画面)

 海外でも人気のスマホゲームアプリ「ポケモンGO」が22日に日本でも公開され、石垣市でも解禁初日から利用する人が出てきている。子ども向けのゲームに見えるが、大人も楽しんでいる様子だ。現実世界をスマートフォンのカメラでかざし、架空のモンスターをゲットするという新しいアプリが石垣市でも社会現象になっている。   (玉津盛昭)

 

■親子でGO
 22日、ポケモンGOの解禁を職場のテレビなどで確認した会社員らが、即日インストール。「社内にもポケモンがいる」と声を上げていた。ただ、ゲットしたポケモンの名前はわからないようで、これまでポケモンに親しみのない大人も楽しんでいることがわかる。また、自宅アパート周囲を夜な夜な歩きまわり、ポケモンを探しまわる親子の姿も目撃されており、親子でポケモンGOを楽しんでいることが伺える。
 「子どものためにインストールしたのに、私が楽しんでいる」と話す保護者(32)もいた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

24日

真夏に珍しい旅鳥 キョウジョシギが飛来

石垣島の海岸を飛翔するキョウジョシギ3羽。猛スピードで飛び去った=13日
石垣島の海岸を飛翔するキョウジョシギ3羽。猛スピードで飛び去った=13日

 八重山では冬に飛来して越冬もするキョウジョシギが、7月に現れて、海岸で餌をついばんでいるのが見られている。
 この真夏の時期にキョウジョシギが現れるのは珍しい現象だ。このほか、チュウシャクシギなどもいて、夏鳥のアジサシのそばで羽を休めているのが見られる。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

23日

マーケット常設化へ 旧離島桟橋の活用図る

「さんばしマーケット」が開かれている旧離島桟橋=23日午後
「さんばしマーケット」が開かれている旧離島桟橋=23日午後

 石垣市の旧離島桟橋を島産品販売の場として活用する「やいま石垣さんばしマーケット」の施設整備に向け、同マーケット整備基本計画策定委員会(委員長・角野幸博関西学院大総合政策学部教授)の初会合が22日、市役所で開かれた。委員からは、港と市街地を連携させる目玉施設として同マーケットに期待する声が挙がった。市は2018年春ごろのオープンを目指す。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

23日

反対派100人が工事妨害 3人搬送、過激化懸念も

ヘリパッド工事現場周辺で機動隊に排除される反対派=22日午前
ヘリパッド工事現場周辺で機動隊に排除される反対派=22日午前

 【東・国頭】東村と国頭村にまたがる米軍北部訓練場の一部返還に伴う東村高江周辺のヘリパッド(着陸帯)建設工事が22日、本格化した。工事を阻止しようと反対派が約100人集結。出入口付近の県道70号に座り込み、車約160台を停車させ、工事車両の進入を妨害した。この日だけで反対派3人が救急搬送され、妨害行動の過激化が懸念される事態となっている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

23日

波照間島見えた バンナ公園展望台

正面に見えるのが竹富島(標高33㍍)。後方に黒島(同15㍍)、波照間島(約60㍍)と続く=22日午後、バンナ公園展望台
正面に見えるのが竹富島(標高33㍍)。後方に黒島(同15㍍)、波照間島(約60㍍)と続く=22日午後、バンナ公園展望台

 22日は1年中で一番暑い日とされる大暑。この日、バンナ公園展望台から波照間島が見え、珍しい眺望に驚く人もいた。
 新川に住む男性(45)は22日が大暑ということからバンナ公園展望台を訪れ、黒島の奥に見える波照間島を確認。
 「波照間島はなかなか見られない。鉄塔までは見えなかったが、きれいに見えたほうだと思う」と喜んだ。

2016年

7月

22日

コスト増に懸念の声も 市議会、近く意見取りまとめ

市議会の新庁舎建設調査特別委員会で大城室長(右)に質問する市議たち=21日午前、市役所
市議会の新庁舎建設調査特別委員会で大城室長(右)に質問する市議たち=21日午前、市役所

 石垣市議会の新庁舎建設調査特別委員会(伊良皆高信委員長)は21日、市役所で会合を開き、新庁舎の設計者に選定された株式会社隈研吾建築都市設計事務所の技術提案書をめぐり意見交換した。委員からは、膨大な建設費がかかる可能性があるとして、建設コスト増を懸念する声が相次いだ。市議会は近く新庁舎に関する意見を取りまとめ、市に提出する方針。市は10月末までの設計完了を目指している。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

22日

ゴルフ場計画の理事辞任 市議、伊原間牧場の賃借困難

記者会見で法人の理事辞任を発表する伊良皆氏と今村氏(左から)=21日午前、市役所
記者会見で法人の理事辞任を発表する伊良皆氏と今村氏(左から)=21日午前、市役所

 石垣市の伊原間牧場でゴルフ場の建設を目指している一般社団法人石垣島ハイビスカスゴルフカントリーの代表理事を務めていた今村重治市議らが21日、市役所で記者会見し、今村氏とともに理事に名を連ねていた伊良皆高信氏、崎枝純夫氏を含めた3市議がいずれも辞任したことを明らかにした。現状では市から伊原間牧場の市有地を賃借する見通しが立たず「私たちが法人の内部にいては、ゴルフ場の開設は望めないと考えるに至った」としている。今後は市議会から伊原間牧場でのゴルフ場建設を支援する方針。
 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

21日

「集える庁舎」テーマに  中央に広場、防災拠点にも

▲全体俯瞰イメージ
▲全体俯瞰イメージ

 石垣市は、新庁舎設計者選定プロポーザルで最優秀賞を受賞した株式会社隈研吾建築都市設計事務所の技術提案書を20日までにホームページで公開した。「石垣とアマハジがつくる市民のユンタク~伝統的な石垣のコミュニティを引き継ぐ『集える庁舎』~」をテーマに、石垣市の自然や歴史的背景などを踏まえた設計を提案している。市は同事務所と来月までに契約する方針で、今後、新庁舎の設計作業が本格化する。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

 

2016年

7月

21日

「素敵な星まつりに」 最優秀賞は八商工生徒会

高校生が消灯プランをプレゼン。八商工生徒会(前列中央)が最優秀賞となった=20日、石垣市立図書館
高校生が消灯プランをプレゼン。八商工生徒会(前列中央)が最優秀賞となった=20日、石垣市立図書館

 8月6日に行われる南の島の星まつりの「石垣島一斉ライトダウン」のアイデアを募ろうと南の島の星まつり実行委員会(中山義隆委員長)が20日、石垣市立図書館で高校生8組を対象としたアイデアコンテストを行い、高校生たちが嗜好を凝らした消灯プランを立案してプレゼンに挑んだ。審査の結果、八重山商工高校生徒会の案が最優秀賞となった。生徒会の島袋小春副会長(2年)は「素敵な星まつりが出来るようにしたい」と意気込んだ。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

21日

二中が全国大会へ 8月本番に向け気合

石垣第二中学校野球部が「優勝目指しがんばるぞ!」と気勢を上げた=20日午後、同校校門
石垣第二中学校野球部が「優勝目指しがんばるぞ!」と気勢を上げた=20日午後、同校校門

 8月14日から横浜市で開催される第33回全日本少年軟式野球大会に沖縄県代表として出場する石垣第二中学校野球部(山城恵隆監督、部員51人)は夏休みスタートを翌日に控えた20日、「優勝目指して頑張るぞ!」と気勢を上げた。
 上唐健副顧問は「課題はひとつになって行動できる『チーム』になること」と指摘。ピッチャーの山田侑弥は精神力が強く、クリーンナップは打率約3割を誇る。「小さな南の島の離島でも優勝できることを証明したい」と意気込んだ。
 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

続きを読む

2016年

7月

20日

大浜、保久盛氏の活躍期待  県部長と地銀常務に

同級生より花束を受け取る保久盛長哲常務(右)と大浜浩志環境部長=18日夜、サザンプラザ海邦(那覇市)
同級生より花束を受け取る保久盛長哲常務(右)と大浜浩志環境部長=18日夜、サザンプラザ海邦(那覇市)

 【那覇】県環境部長に就任した石垣市大川出身の大浜浩志氏(57)と沖縄銀行常務取締役に就任した西表島豊原出身の保久盛長哲氏(57)の合同祝賀激励会(主催・同実行委員会)が18日夜、那覇市のサザンプラザ海邦で行われ、同窓生や郷友の先輩後輩など約1000人が激励に駆け付けた。2人はともに八重山高校出身で、参加者全員で同校の校歌を歌う場面もあった。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

20日

金品被害など5日間で4件 窃盗の手口類似、同一犯か

被害にあった市内新川の店舗=15日、市内新川
被害にあった市内新川の店舗=15日、市内新川

 石垣市内の飲食店や事務所などから金品を奪う未遂を含む窃盗事件が14日から19日の5日間で4件発生しており、八重山警察署は手口も類似していることから同一犯の可能性もあるとみて捜査を進めている。

 1件目は市内新川の飲食店で、14日夜から15日朝の時間帯に、窓ガラスを割られ現金が盗まれていた。2件目と3件目は、市内平得でいずれも18日夜から19日朝の時間帯に事務所の窓ガラスが割られ、室内の机やキャビネットなどが荒らされていたが、窃盗被害はなかった。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html



2016年

7月

20日

ビッチュル石を奉納 川平で地域挙げ伝統の豊年祭

ビッチュル石の奉納が行われた=19日午後、赤イロ目宮鳥御嶽
ビッチュル石の奉納が行われた=19日午後、赤イロ目宮鳥御嶽

 川平地域の4御嶽で19日、豊年祭が行われ、今年の豊作を感謝し来夏世の五穀豊穣を祈願した。そのうち赤イロ目宮鳥御嶽では、重さ60㌔の俵型の石を担ぎ境内を回るビッチュル石の奉納が行われ、独特の行事に大きな拍手が湧いた。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

 

2016年

7月

19日

イベント多彩、親子歓声  旧離島桟橋にぎわう

もずくつかみ取りに挑戦した子どもたち。準備されたもずくは1斗缶10缶分=18日午前、旧離島桟橋
もずくつかみ取りに挑戦した子どもたち。準備されたもずくは1斗缶10缶分=18日午前、旧離島桟橋

 海の日に石垣港の魅力や役割をPRする「2016年石垣港みなとまつり」(同実行委員会主催)が18日、離島ターミナルと旧離島桟橋周辺で開かれ、多くの来場者でにぎわった。多彩な体験型のイベントがあり、参加した家族連れや観光客らが夏の3連休の最終日を楽しんだ。

 

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

19日

巡視船「いぜな」公開 海猿ファンが大挙

「いぜな」甲板で機動救難士に手を振る参加者=18日、石垣港
「いぜな」甲板で機動救難士に手を振る参加者=18日、石垣港

 石垣海上保安部は「2016年石垣港みなとまつり」に合わせて石垣港で18日、尖閣専従体制のうちの1隻、最新鋭の大型巡視船「いぜな」を一般公開した。また海保石垣航空基地は、ヘリ「かんむりわし」と機動救難士の訓練も展示公開し、海保の仕事に関心を持つ海猿ファンが大挙。ヘリに乗った救難士に手を振った。
 石垣海保の金川和司次長によると、広く一般公開するのは約5年振り。尖閣専従体制が完成したことで、公開できる巡視船が確保できたという。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

 

2016年

7月

19日

大綱引きに沸く 一時中断も上の村が勝利

大綱引きは5分21秒で上の村が勝利した=18日午後、大浜集落
大綱引きは5分21秒で上の村が勝利した=18日午後、大浜集落

 大浜公民館(當山信佳館長)は18日、崎原道路で大浜豊年祭ムラプールを開催し、全長130㍍の八重山で最も長い大綱引きや住民総出の余興を楽しんだ。少雨傾向で農作物の生育が心配される中、会場は世果報雨にも恵まれ、来場者らは今年の豊作に感謝し来年の五穀豊穣を祈願した。
 ムラプールは午後2時、カースンヤ―ぬ願いでスタート。大浜集落内にある5つの御嶽にみたてた石の前で神司らが願いを行い、海の彼方から神々を招き入れた。
 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

17日

テレワーク業種拡大 定住促進 第2弾始動 29日にオフィス開所 竹富町

シェアオフィスの開所式が29日に行われる(竹富町提供)
シェアオフィスの開所式が29日に行われる(竹富町提供)

 就業機会の創出と移住定住促進を目指す竹富町は前年度の「ふるさとテレワーク推進のための地域実証事業」に続き、ウェブデザインやプログラムなど業種を増やしたテレワーク事業の第2弾をスタートさせる。総事業費は4320万円。29日には西表島大原でWi―Fi通信環境を備えたシェアオフィスの開所式を行う。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

17日

Wi-Fi備えた中型機就航 JTAがセレモニー 石垣―羽田直行便 夏期運航スタート

おーりとーり八重山の横断幕をかかげるJTA八重山支社の職員ら=16日午後、石垣空港
おーりとーり八重山の横断幕をかかげるJTA八重山支社の職員ら=16日午後、石垣空港

 JTA日本トランスオーシャン航空は16日から、石垣―羽田直行便のうち1往復で中型機B767型機の夏期運航を開始し、同日午後石垣空港で歓迎セレモニーを行った。B767型機の夏期運航は新石垣空港開港以来3年連続。機内設備を一新し、Wi―Fiなどの設備を備えた「JAL SKY NEXT」仕様機が主に就航する。同型機の就航は8月31日まで。
 羽田からの初便となったJTA73便は、連休初日ということもありほぼ満席の255人の乗客を乗せ、17時すぎ石垣空港に到着。JTA八重山支社の職員らが「おーりとーり八重山へ」の横断幕をかかげ出迎えた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

16日

石垣誘致へ機運盛り上げ  あすシンポ、トークショー

街頭演説で国立自然史博物館の誘致を訴える中山市長=15日午後、730交差点
街頭演説で国立自然史博物館の誘致を訴える中山市長=15日午後、730交差点

 琉球列島の豊かな自然を全世界にアピールする拠点となる国立自然史博物館を石垣市に誘致しようと、中山義隆市長と市議、民間団体「プロジェクトY」のメンバーが15日、730交差点で街頭演説し、市民に協力を求めた。17日には3市町と琉球大などが主催するシンポジウムや、地元主催のトークショーなどが市民会館大ホールで開かれる予定で、市は誘致に向けた機運盛り上げにつなげたい考え。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

16日

安全にマリンレジャー楽しんで 海難防止強調運動始まる

具志堅用高像にライフジャケットをつける石垣海上保安部の中村次長と海上保安協会の辻野ヒロ子支部長=15日午前、離島ターミナル
具志堅用高像にライフジャケットをつける石垣海上保安部の中村次長と海上保安協会の辻野ヒロ子支部長=15日午前、離島ターミナル

 全国海難防止強調運動がきょう16日から31日まで行われるのを前に、石垣海上保安部は15日、同運動のPR活動を離島ターミナルで行った。
 PR活動には、同保安部職員と海上保安協会八重山支部の辻野ヒロ子支部長らが参加。石垣海上保安部の中村直人次長と辻野支部長が具志堅用高像にライフジャケットを着用させたのち、道ゆく観光客らにマリンレジャーの安全をよびかけた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

 

2016年

7月

16日

480㌔の大物駆除 サメ水揚げに歓声

水揚げされた大物のサメ=15日、八重山漁協
水揚げされた大物のサメ=15日、八重山漁協

 八重山漁協の電灯潜研究会(宮里政吉会長)によるサメ駆除で15日、新栄町にある八重山漁協の水揚げ場には、前夜に仕掛けた針にかかったサメが続々と水揚げされた。
 同研究会の船12隻にそれぞれ6、7人が乗り込んで、人力でロープをたぐり、かかったサメを駆除した。宮里政吉会長は「電灯潜り漁の最中にサメに獲物を奪われたり、フィンをかじられたりと、未然に危険を避けるためにサメを駆除している。前日に仕掛けたが、月夜で明るかったために今回の駆除数は少ない」と話す。この日の駆除数は27匹と、やや振るわなかった。ただ380㌔と480㌔の大物が捕れた

 

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

15日

「石垣らしい交流空間を」 公開プレゼン 隅研選定 市新庁舎設計者審査

公開プレゼンに多くの市民が参加した=14日、石垣市民会館中ホール
公開プレゼンに多くの市民が参加した=14日、石垣市民会館中ホール

 石垣市新庁舎建設設計者選定プロポーザル審査委員会(小倉暢之委員長)は二次審査(最終審査)となる公開プレゼンテーションを14日、石垣市民会館中ホールで行い、株式会社隅研吾建築都市設計事務所=東京都=の技術提案書を最優秀に選定した。担当者はプレゼンで、赤瓦の屋根、伝統的な民家の雨端(アマハジ)を利用した庁舎をスクリーンで紹介し、「石垣らしい交流空間を庁舎のなかに造りたいと考えた」とPRした。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

15日

タクシー運賃値上げへ 9月から、初乗り510円 厳しい経営に理解求める 県ハイヤー協会

 県内離島地区のタクシー運賃改定にむけ、沖縄県ハイヤー・タクシー協会(湖城秀實会長)は14日、市健康福祉センターで行政や地域住民、観光事業者を対象とした公聴会を実施した。同協会はレンタカーの増加や燃料費の高騰により、タクシー業界は非常に厳しい経営が続いているとし、値上げに理解を求めた。

 沖縄総合事務局の試案によれば、初乗り運賃は現行の430円から510円に値上げされる見通し。初乗り経過後の距離制運賃も、現行の365㍍ごと60円から302㍍ごと80円に値上げされるため、市役所―八重山病院間は750円(現行550円)、市役所―徳洲会病院間は1390円(現行970円)離島ターミナル―新石垣空港間は4350円(現行2830円)程度となる予定。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

15日

太古の航海に挑戦 草舟きょう以降与那国出航

左が草舟1号「どぅなん」と与那国メンバー。右が草舟2号「シラス」と西表島メンバーの漕ぎ手
左が草舟1号「どぅなん」と与那国メンバー。右が草舟2号「シラス」と西表島メンバーの漕ぎ手

 【与那国】太古の航海を再現し、人類のルーツを探る国立科学博物館主催の「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」チーム(海部陽介代表)の草舟の与那国島出航予定日が、当初の13日~15日から、15日~17日に変更された。台風1号の通過後、10㍍以上の強風が続いており、出航を見合わせている。海況が改善しだい、早朝5時~6時に出航の予定だが、17日に出航できない場合は中止する。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

14日

与党、混乱収拾を模索 陸自配備に悪影響懸念 市議会対応めぐり〝分裂〟

 石垣島への陸上自衛隊配備計画をめぐり、市議会与党の自民党石垣市支部(支部長・仲嶺忠師市議)が事実上の分裂状態に陥った問題で、早期の混乱収拾を模索する動きが始まった。支部脱退を表明した市議らが、同支部の常任総務会招集を働き掛けており、話し合いで事態の打開を目指す考え。ただ「支部を脱退した市議には常任総務会に参加する資格はない」と異論の声も上がっており、早期に招集できるかは見通せない。与党の混乱が長期化すれば、陸自配備計画に悪影響を与える上、市政の不安定化にもつながりかねない。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

14日

基地問題解決に意欲 伊波氏に当選証書付与 参院選

参院選沖縄選挙区で勝利し、当選証書を受け取った伊波氏=13日午前、県庁
参院選沖縄選挙区で勝利し、当選証書を受け取った伊波氏=13日午前、県庁

 【那覇】県選挙管理委員会(当山尚幸委員長)は13日、第24回参院選沖縄選挙区で当選した元宜野湾市長の伊波洋一氏(64)に対し、当選証書付与式を県庁で行った。

 当選証書を受け取った伊波氏は「責任の大きさを実感している。沖縄の課題をしっかり解決できるよう取り組みたい。米軍基地がもたらすさまざまな弊害や、子どもの貧困問題を含めて解決していきたい」と抱負を語った。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

14日

うえち雄大さんが新曲PR 16日のビアフェストで披露

新曲をPRしたうえちさん=12日午後、八重山日報社
新曲をPRしたうえちさん=12日午後、八重山日報社

 俳優兼歌手のうえち雄大さんが12日午後、八重山日報社を訪れ、16日にニューアルバム「天地一杯」全14曲入りをリリース、同日行われる「オリオンビアフェスト2016in石垣」のライブステージで新曲を発表すると報告した。
 うえちさんは「『天地一杯』はアルベルト城間さんが作曲してくれた。スケール感のある彼なら精度の高い愉快な曲を作ってくれると思い、お願いした」と話した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

13日

参院選は…

 参院選は翁長雄志知事を支える「オール沖縄」の新人、伊波洋一氏が自民現職で沖縄担当相の島尻安伊子氏に圧勝した。当選後のインタビューでは「国政で離島の課題にも取り組みたい」と離島振興に意欲を示した。有言実行に期待したい◆と言うのも、基地反対を訴えて当選した国会議員は、概して基地のない離島には関心が薄いからだ。「オール沖縄」の国会議員が選挙以外で八重山を訪れた姿を見たことがない◆有権者との触れ合いがないため、中央政界で離島振興に向け、どのように活動しているのかも見えてこない。伊波氏には同じ轍(てつ)を踏まないようクギを刺したい◆伊波氏の当選直後、翁長知事が「県民の良識の勝利だ」とコメントしたことも納得し難い。確かに伊波氏と大差はついたが、島尻氏が約25万票を獲得した事実も重い。県議選からの「オール沖縄」の連勝で、知事が慢心したような印象を受ける◆中央政界では「安倍一強」が批判されるが、沖縄ではまさに「翁長一強」の状況が出現している。県議会で与党が圧倒的な多数を占め、衆参選挙区の自民党議員がゼロになったのは、県政のチェック機能が大幅に低下したことを意味する。県民が一定の警戒心を保ち続けなければ、予想外の「暴走」が始まりかねない。

2016年

7月

13日

多彩な実習を体験 中学生60人余が見学ツアー

八重農高の授業を見学する中学生たち=12日午後、同校
八重農高の授業を見学する中学生たち=12日午後、同校

 八重山農林高校(渡久山修校長)で12日、郡内中学生を対象とした学校見学ツアーが開催され、石垣第二中や伊原間中、西表中などから同校への入学を検討している生徒約60人が参加した。同ツアーは学校外にも広大な実習施設を持つ農林高校の楽しさを中学生に知ってもらおうと、今年初めて企画されたもので、農業クラブ役員の生徒6人が運営を担当した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

 

2016年

7月

13日

自公に異変  参院選苦戦

当確の報を受け、カチャーシーで喜びを爆発させる伊波氏(左から2人目)と翁長知事。「オール沖縄」が八重山にも浸透しつつある=10日夜、那覇市の伊波選対事務所
当確の報を受け、カチャーシーで喜びを爆発させる伊波氏(左から2人目)と翁長知事。「オール沖縄」が八重山にも浸透しつつある=10日夜、那覇市の伊波選対事務所

 参院選で、八重山地区では落選した自民現職の沖縄担当相、島尻安伊子氏(51)が3候補でトップの1万561票を獲得したものの、当選した新人の元宜野湾市長、伊波洋一氏(64)に528票差と肉薄された。背景には石垣島への陸上自衛隊配備計画をめぐる自民党石垣市支部内の混乱や、沖縄本島を席巻する「オール沖縄」の八重山への浸透を指摘する声がある。各種主要選挙で連戦連勝の自公に異変が起きているのか。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

12日

先島への陸自配備反対 尖閣問題「外交で解決を」 伊波氏、離島振興にも意欲 当選から一夜

初当選から一夜明け、インタビューに答える伊波氏=11日午前、宮古毎日新聞那覇支社
初当選から一夜明け、インタビューに答える伊波氏=11日午前、宮古毎日新聞那覇支社

 参院選沖縄選挙区で初当選した元宜野湾市長の伊波洋一氏(64)は11日、那覇市内で宮古、八重山の報道各社のインタビューに応じた。先島諸島への陸上自衛隊配備計画に反対する考えを改めて示し、尖閣諸島問題について「平和外交で解決すべきだ」と訴えた。

 ―初当選から一夜明けた気持ちは。
 「県民の思いをしっかりと受けて頑張りたい。各離島も含めた課題に国政でどのように取り組めるか、しっかり研究したい」

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

12日

国の財政支援「恒久化を」 公共施設の高台移転で県 県議会一般質問 潜在保育士の復職支援

一般質問に立つ次呂久成崇氏=11日、県議会
一般質問に立つ次呂久成崇氏=11日、県議会

 県議会(新里米吉議長)では一般質問3日目の11日、石垣市区選出の次呂久成崇氏(社民・社大・結連合)が登壇した。国が自治体の庁舎など、公共施設の高台移転を財政支援する緊急防災・減災事業債の継続について、下地明和企画部長は「全国知事会は恒久化を要請しており、県も全国知事会と連携し、17年度以降の存続を国に求めたい」と答弁した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

12日

窃盗容疑者の画像公開 県全域、情報提供呼び掛け 八重山署

防犯カメラで撮影された容疑者の画像(八重山警察署提供)
防犯カメラで撮影された容疑者の画像(八重山警察署提供)

 八重山警察署(前田達史署長)は11日、今年5月に石垣市内で発生した強盗未遂事件容疑者の画像を公開し、市民に広く情報提供を呼び掛けている。画像の公開は範囲を広げ、県内全域で行われる。
 八重山署によると、同容疑者は5月25日午前3時10分ごろ、市内の深夜営業店舗に侵入。店舗カウンターで男性店員に対し、カッターナイフを突きつけ「金を出せ」と脅したが、あとから出てきた別の男性店員が「レジが開かない」と要求を拒否したため、男は何も取らずに逃走し未遂に終わった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

11日

伊波氏が初当選  島尻氏に10万6000票差圧勝

当選の報を受け、バンザイ三唱で喜ぶ伊波氏と支持者=10日午後8時過ぎ、那覇市の選対事務所
当選の報を受け、バンザイ三唱で喜ぶ伊波氏と支持者=10日午後8時過ぎ、那覇市の選対事務所

 参院選は10日投開票され、沖縄選挙区は新人の元宜野湾市長、伊波洋一(64)が35万6355票を獲得、3選を目指した自民現職で沖縄担当相の島尻安伊子氏(51)=公明、おおさか維新推薦=に10万6400票差で圧勝し、初当選を果たした。翁長雄志知事と共闘し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設阻止を訴える伊波氏の当選で、「オール沖縄」勢力は安倍政権との対決姿勢をいっそう強めそうだ。自民党は、沖縄で衆参選挙区すべての議席を失った。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

11日

沖縄担当相辞任へ 島尻氏「大変残念」

 那覇市にある島尻安伊子氏の選対事務所では、開票作業が始まって早々に相手候補の当確が伝えられ、重苦しい雰囲気に包まれた。島尻氏は「今日まで応援してくれた皆さんに感謝したい。大変に残念です。私は今日で去るが、沖縄の明るい将来のために皆さまとともに引き続き努力していきたい」と頭を下げた。「参院議員の職がなくなるので、大臣の職は辞することになると思う」と、沖縄担当相を辞任する考えも示した=写真。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

11日

当確最速喜び爆発 自衛隊配備反対「浸透した」

伊波氏の当確を受け、バンザイ三唱する伊波陣営=10日、同事務所
伊波氏の当確を受け、バンザイ三唱する伊波陣営=10日、同事務所

 伊波洋一氏を支援する「ひやみかち・うまんちゅの会石垣・竹富支部」の事務所では午後8時頃、テレビの速報で伊波洋一氏の当確を確認。全国の選挙区で最速の当確に「まさかトップバッターとは」と支持者も驚いた。その後、バンザイ三唱で喜びを爆発させた。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

10日

基地、経済めぐり審判 3陣営 打ち上げで気勢 参院選

 参院選はきょう10日投開票される。沖縄選挙区では幸福実現党新人の金城竜郎氏(52)、自民現職で沖縄担当相の島尻安伊子氏(51)=公明、おおさか維新推薦=、無所属新人で元宜野湾市長の伊波洋一氏(64)が立候補。米軍普天間飛行場の辺野古移設問題や沖縄の経済振興などを争点に、激しい選挙戦を繰り広げてきた。3陣営は9日夕、支持者を動員して打ち上げ式を開き、必勝を期して気勢を上げた。10日夜遅くに大勢が判明する見通し。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

10日

嘉手納さん(伊良部商工会)に最優秀賞 商工会青年部の経営者が主張 先島大会

若い経営者の主張発表大会先島大会が行われた=9日午後、商工会館ホール
若い経営者の主張発表大会先島大会が行われた=9日午後、商工会館ホール

 石垣市商工会館ホールで9日、「若い経営者の主張発表大会先島大会」(主催・沖縄県商工会青年部聯合会先島支部)が開催され、宮古島市伊良部商工会青年部の嘉手納竜一さんが最優秀賞に入賞した。同大会は次代を担う若手経営者の資質向上と宮古・八重山地区会員の交流を目的に毎年開催されており、今年で31回目。
 主張発表は「青年部活動に参加して」をテーマに行われ、嘉手納さんと竹富町商工会青年部の池村剛さん、石垣市商工会青年部の糸洲寛麿さんがスピーチを行った。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

09日

3陣営 きょう打ち上げ 候補者不在 関心喚起課題 参院選

 参院選は10日投開票される。自民現職で沖縄担当相の島尻安伊子氏(51)=公明、おおさか維新推薦=、新人で元宜野湾市長の伊波洋一氏(64)が事実上の一騎打ちを繰り広げており、浮動票の獲得に向けて最後の追い込みに入った。9日には打ち上げを行う。候補者不在の八重山地区では選挙戦が盛り上がりを欠き、投票率の低下が懸念されており、各陣営とも懸命に投票の呼び掛けを行っている。幸福実現党新人の金城竜郎氏(52)も立候補している。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

09日

先住民問題「答えない」 県民に議論ないと翁長知事 県議会一般質問

 沖縄県民が先住民族かどうかの議論をめぐり、翁長雄志知事は8日、「私が右だ左だとお答えするのは適当ではない。私からすると、そのような形では答弁する必要はない」と述べ、県としての認識は示さなかった。県議会(新里米吉議長)で花城大輔氏(自民)の一般質問に答えた。

 花城氏は、翁長知事が昨年、県民を先住民に認定させる運動を展開するNGОのサポートで国連演説を行ったことを挙げ「知事もそういう考えだということになる」と指摘。改めて知事の認識をただした。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

09日

「食は世界の架け橋」 八商工、美島商娘が優秀賞 県商業研究大会

「美ら天使」のプレゼンで美島商娘が優秀賞となった=8日、県立教育センター(提供写真)
「美ら天使」のプレゼンで美島商娘が優秀賞となった=8日、県立教育センター(提供写真)

 第19回沖縄県高等学校生徒商業研究発表大会が7日、沖縄県立総合教育センターで開かれ、八重山商工高校のマーケティング・リサーチ部「美島商娘(ちゅらしましょうこ)」が優秀賞となった。同部は「食は世界の架け橋だ~台湾人観光客に対する嗜好調査と商品開発について~」と題して12分間のプレゼンを行い、最優秀賞に次ぐ優秀賞を受賞した。
 プレゼンで用いたのはパウンドケーキ「美ら天使(ティナ)」。台湾人観光客への嗜好調査と商品開発について説明した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

08日

地元要請「今後は対処」 市議団〝冷遇〟批判で県 尖閣問題

県議会で答弁する翁長知事(5日)
県議会で答弁する翁長知事(5日)

 尖閣諸島問題の要請で石垣市議団が県庁を訪れた際、翁長雄志知事ら三役が面会に応じず、〝冷遇〟したとの批判が出ている件で、安慶田光男副知事は7日、「今後、そういうことに対しては十分に対処していく。漁民の安心安全を確保するため、国との連携も強化したい」と釈明。今後の対応を改善する考えを示した。県議会(新里米吉議長)一般質問で座喜味一幸氏(自民)に答えた。

 市議団は6月29日、尖閣諸島周辺の接続水域に中国軍艦が侵入した事件をめぐり、県に対策強化を要請した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

08日

ヤマネコ絶滅危機 また死亡事故 半年で過去最多並ぶ

交通事故で死亡したヤマネコ(西表野生生物保護センター提供写真)
交通事故で死亡したヤマネコ(西表野生生物保護センター提供写真)

 6日午後9時45分ごろ、西表島上原の県道上で、交通事故で死亡したイリオモテヤマネコが発見された。死亡したのはオスの幼獣で、ヤマネコの交通事故死は今年に入り6件目。すでに2013年に並ぶ過去最多件数の事故が発生しており、環境省はヤマネコが絶滅する恐れが高まっているとして、交通事故多発警報を発令している。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

08日

鮮やかな青色 干潟に映える ルリマダラシオマネキ

 八重山諸島では、国内で最も鮮やかなルリ色のカニ、ルリマダラシオマネキが干潮の干潟に巣穴から現れて、きれいな青を見せてくれる。
 6月30日、石垣島北部の海岸に現れたルリマダラシオマネキは、雄が大きなはさみを持ち、雌は足が鮮やかに真っ赤で、小石が混ざる泥地に華を添えていた=写真。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

07日

台風襲来 備えはよいか 1号、今夜最接近へ

 気象庁によると、猛烈な台風1号は6日午後6時現在、フィリピンの東にあり、時速30㌔で西北西に進んでいる。石垣島、与那国島両地方は7日昼過ぎに暴風域に入る見通し。台風の最接近は石垣島地方が7日夜、与那国島地方が8日未明から明け方となる見通し。
 勢力は昨年、最大瞬間風速81・1㍍を観測した台風21号に匹敵しており、進路によっては大きな被害が出る恐れがあるため、警戒を呼び掛けている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

07日

7人が草舟で出発へ 「カタブル浜」から西表へ航海 国立博物館

本番用の草舟を制作するメンバーら。島に自生するトウツルモドキを使って束ねる。
本番用の草舟を制作するメンバーら。島に自生するトウツルモドキを使って束ねる。

 【与那国】与那国島で6月23日から実験航海の準備を進めている国立博物館主催の「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」のメンバー代表の海部陽介氏らが、5日、久部良ナーマ浜で会見し、本年度の与那国島から西表島航海の実験出発予定日を12日~15日、1艇につき漕ぎ手7人、出発地を「カタブル浜」と決定したと報告した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

07日

創部初の海外公演へ 8月20日からハワイで 八重農郷芸部

創部初の海外公演となる八農高郷土芸能部=6日、同校
創部初の海外公演となる八農高郷土芸能部=6日、同校

 八重山農林高校(渡久山修校長)の郷土芸能部が8月20日から、創部初の海外公演をハワイで行う。6日、同校で会見を開き、内盛実奈部長(3年)が「交流会がもてることに感謝している。八重山の舞踊を全員でハワイの人に届けたい」と、ハワイ公演に向けての意気込みを語った。
 ハワイ公演は、ハワイ在住の日系3、4世を中心とした琉球芸能グループ「御冠船歌舞団」(エリック和田代表)が同校を招へいしたことがきっかけ。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

06日

県「尖閣は国の問題」 砂川氏、離島軽視と追及 県議会代表質問 他人事のような答弁も

代表質問に立つ砂川県議=5日午後、県議会
代表質問に立つ砂川県議=5日午後、県議会

 県議会(新里米吉議長)は5日から代表質問の日程に入り、初日は石垣市区選出の砂川利勝氏(自民)らが登壇した。尖閣諸島周辺海域に中国軍艦が侵入した問題をめぐり、謝花喜一郎知事公室長は「尖閣と辺野古の大きな違いは、外交関係の違いだ。外交は基本的に国の専権事項だ」と答弁。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設問題には積極的に取り組む一方、尖閣問題に関しては消極的な県の姿勢が浮き彫りになった。砂川氏は「辺野古も尖閣も同じ沖縄の問題だ。離島軽視と言わざるを得ない」と県の対応を厳しく批判した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

06日

人材の有効活用へ 3社統合で新会社 「JALスカイエアポート沖縄」発足

中山市長を表敬訪問したJALスカイエアポート沖縄の上島社長=5日午後、石垣市役所
中山市長を表敬訪問したJALスカイエアポート沖縄の上島社長=5日午後、石垣市役所

 石垣空港、那覇空港をはじめ、県内各空港でJALグループのハンドリング業務を行う「JALスカイエアポート沖縄株式会社」が1日発足し、同社社長に就任した上島治氏(日本航空㈱沖縄空港支店長兼任)は5日、石垣市の中山義隆市長を表敬訪問した。

 県内各空港におけるJALグループのハンドリング業務は、これまで那覇空港の航空機誘導・貨物業務を沖縄エアポートサービス、同空港の旅客サービス業務をJALスカイ那覇、離島空港のハンドリング業務をJTAサザンスカイサービス社が担ってきた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

06日

八重山あす暴風域 昨年匹敵の最強勢力か 台風1号

 気象庁によると、非常に強い台風1号は5日午後9時現在、フィリピンの東にあり、時速30㌔で西北西に進んでいる。八重山地方は7日午後から8日にかけて暴風域に入る恐れがある。石垣島地方気象台は「進路によっては、家屋や電柱の倒壊、断水、停電など、最大瞬間風速81・1㍍を観測した昨年の台風21号に匹敵する災害が予想される」と警戒を呼び掛けている。真夏の台風接近で観光産業の打撃は大きく、農作物への影響も懸念される。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

05日

坂東正明さんが2連覇 120㌔の丸焼きに大歓声 与那国カジキ大会

120㌔のカジキの丸焼きに歓声をあげる来場者ら=3日午後、久部良漁港
120㌔のカジキの丸焼きに歓声をあげる来場者ら=3日午後、久部良漁港

「第27回日本最西端与那国島国際カジキ釣り大会」は3日、最終日となり計5本のカジキが釣りあげられた。トローリングの部では196㌔のカジキを釣り上げた、チームエンジェルOICの坂東正明さん(東京都)が2連覇を果たした。競技終了後のアトラクションでは、重量120㌔のカジキの丸焼きが参加者らに振る舞われ、大きな歓声が上がった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

05日

石垣市の総務部長…

 石垣市の総務部長、當真政光さんが55歳で急逝した。中山市政の番頭役として存在感を発揮していただけに、當真さんの死は市役所の一職員の死にとどまらず、市政運営にも大きな波紋を広げている◆當真さんと取材を通じて個人的に知り合ったのは10年以上前。当時、教育委員会の係長だった當真さんに個人的な悩みなどを相談したが、嫌がらずに真摯に対応してくれたのを覚えている。公私混同せず、多少親しくなっても常に発言には気を使い、滅多に軽口を叩かなかった◆中山市長の就任とともに抜擢され、総務課長、総務部長を歴任した。温厚な性格だったが、議会などで市長の「盾」となるべき時には毅然として立ち上がり、論敵に妥協しなかった。「プレッシャーも大きかっただろう」と周囲は推測する◆プロの行政マンとして着実に仕事を進めていたが、珍しい一面をかいま見たのは今年、市議会で、議案の文面の誤りを議員に指摘された時。「本当に恥ずかしい」と身を縮めていた謙虚さが印象的だった◆八重山で、この20年ほどの間に、政治や行政の第一線で活躍していた人が突然亡くなったのを何人か目にした。石垣市の大浜永造元助役、後原保一元市議、尾辻吉兼元与那国町長など。當真さんもその一人に加えていいだろう。

2016年

7月

05日

明石小が団体9連覇 個人も上位独占、全国大会へ 子供自転車県大会

子供自転車県大会で9連覇を達成し、石垣空港に凱旋した明石小児童ら=3日午後
子供自転車県大会で9連覇を達成し、石垣空港に凱旋した明石小児童ら=3日午後

 第40回交通安全子供自転車沖縄県大会(主催・県警、県交通安全協会連合会)が3日、県警運転免許センターで開かれ、石垣市から出場した明石小学校が団体で9連覇と15回目の優勝を達成。8月3日に東京ビックサイトで開かれる全国大会に県代表として出場することが決まった。同校は個人でも竹原瑚子さん(5年)が優勝するなど、1位から3位を独占する活躍を見せた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

05日

自衛隊「抑止力にならず」 遺族会会長、慰霊祭で訴え 尖閣遭難事件

尖閣列島戦時遭難者慰霊碑に手を合わせる慰霊祭参列者=3日午後
尖閣列島戦時遭難者慰霊碑に手を合わせる慰霊祭参列者=3日午後

 尖閣列島戦時遭難者遺族会(慶田城用武会長)主催の慰霊祭が3日、石垣市新川の慰霊碑前で開かれた。慶田城会長は式辞で、尖閣諸島周辺海域への中国軍艦侵入や、防衛省が進める石垣島への自衛隊配備計画に触れ「軍艦同士が対峙することがないよう、中国と解決に向けて話し合うべきだ。自衛隊基地は抑止力としては機能せず、攻撃を受けるのみ。これは市民の総意だと思う」と配備反対を訴えた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

03日

初日はクロカワカジキ2本 水温高く大物上がらず 与那国カジキ大会

42㌔のカジキを釣り上げた太郎丸の榎倉健さんら=2日午後、久部良漁港
42㌔のカジキを釣り上げた太郎丸の榎倉健さんら=2日午後、久部良漁港

 第27回日本最西端与那国島国際カジキ釣り大会(主催・与那国町)は2日、フィッシング競技の初日が行われ、計2本のクロカワカジキが久部良漁港に水揚げされた。重量は36㌔、42㌔とやや小ぶりで、地元漁師が「ここ数週間は水温が高く、条件が悪い」と話す通り、100㌔超の大物は揚がらなかった。

 競技は午前7時にスタートし、25隻の船が一斉にポイントへ。午後5時までの制限時間中、懸命に当たりを追い求めた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

03日

国内最古の全身骨格 人骨片1000点、10数体分 白保竿根田原洞穴遺跡で説明会

同遺跡で説明会が行われた=2日、白保
同遺跡で説明会が行われた=2日、白保

 2010年から発掘調査を行っている白保竿根田原洞穴遺跡=市内白保=の現地説明会が2日、同所で行われ、沖縄県立埋蔵文化財センター職員が発掘調査の状況を報告した。同所では約2万年前(旧石器時代)の人骨が見つかっており、発見された人骨片は約1000点。そのうち八重瀬町の港川人(約1万8千年前)以来となる国内最古の全身骨格、顔が判別可能とみられる頭骨が4体で、計10数体分の旧石器時代の人骨があることが発掘調査でわかった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

03日

町民ら熱戦にクギ付け 与那国で「闘牛&闘山羊」大会 カジキ釣り大会記念

【与那国】第27回日本最西端国際カジキ釣り大会を記念した「闘牛&闘山羊」大会が、1日午後、祖納の与那国イベント広場にて開催され、会場に駆けつけた多くの町民、観光客らが熱戦に釘付けとなった=写真。
 闘牛の前に行われた闘山羊は、島では今回が初の取り組みで、島の人達も普段見慣れない山羊の闘いに興味津々。「島の言葉では『ひびだ(山羊)あやみ(闘い)と言います」とアナウンスで紹介されたあと、山羊が頭上高くから角を振り下ろしてカツンとぶつけ合うたびに、会場から歓声と拍手が成り響いた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

02日

大漁へ「いざ勝負」 カジキ釣り大会開幕 与那国

祖納青年会は勇壮な棒で会場を沸かせた=1日夜、久部良漁港
祖納青年会は勇壮な棒で会場を沸かせた=1日夜、久部良漁港

 「黒潮大一番 かかってこい! 大物カジキ いざ勝負!」をキャッチフレーズに、与那国島で1日、第回日本最西端与那国島カジキ釣り大会が開幕した。大会ではトローリング部門に隻人、磯釣り部門に人が参加し、2日から2日間の熱戦を繰り広げる。
 初日となった1日は、闘牛大会と与那国島初開催となる闘ヤギ大会(ヒージャーオーラセー)で幕開け。最長で分にもおよぶ熱戦に湧いた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

02日

子ども「癒やしの場に」 ホッ!とステーション開所 無料で生活、学習支援 石垣市

「子どもホッ!とステーション」の開所式後、記念撮影する漢那副市長とスタッフ=1日午後
「子どもホッ!とステーション」の開所式後、記念撮影する漢那副市長とスタッフ=1日午後

 保護者が経済的な困難を抱える子どもたちが下校後に通い、無料で学習支援などを受けられる居場所となる「子どもホッ!とステーション」が1日、石垣市大川の旧やしの実保育園園舎で開所した。市が設置し、一般社団法人石垣市ひとり親家庭福祉会(大濵民江代表理事)が運営委託を受けている。大濵代表理事は「子どもたちの癒やしの場所が誕生した」と述べ、子どもの積極的な参加や物心両面でのボランティアを呼び掛けた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

02日

海水浴場がオープン 9月までの期間限定で供用開始 南ぬ浜町

海水浴を楽しむ子どもたち=1日、南ぬ浜町海浜緑地の人工ビーチ
海水浴を楽しむ子どもたち=1日、南ぬ浜町海浜緑地の人工ビーチ

 市街地に一番近い海水浴場として、サザンゲートブリッジ先の南ぬ浜町海浜緑地にある人工ビーチの一部が1日、9月までの期間限定で供用開始された。初日のこの日は平日ということもあり、海水浴客は少なめだった。
 人工ビーチは安全対策の観点から監視員を配置し、ビーチの一部に張られたネット以外は遊泳禁止。管理棟には職員2人が常駐。トイレ、シャワー室を男女別に1棟ずつ整備されている。
 遊泳時間は午前9時から午後7時まで(9月は6時まで)、開門時間は午前9時から午後7時半まで。

 

2016年

7月

01日

「自公」対「革新」の激戦に 保守陣営は分裂状態 参院選

 7月10日投開票の参院選は、自民現職で沖縄担当相の島尻安伊子氏(51)=公明、おおさか維新推薦=と新人で元宜野湾市長の伊波洋一氏(64)が激戦を繰り広げている。八重山では、島尻氏を支える自民党石垣市支部が自衛隊配備計画をめぐる路線対立から分裂、市議らは別々に事務所を構えて選挙運動を展開している。一方、「オール沖縄」を標榜する伊波氏は革新支持層が運動の核。選挙戦は事実上、「自公」対「革新」の構図となっている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2016年

7月

01日

救助技術の向上目指す 市消防、航空基地が覚え書き

石垣市消防本部と海保石垣航空基地で覚書が結ばれた=6月30日、石垣市消防本部
石垣市消防本部と海保石垣航空基地で覚書が結ばれた=6月30日、石垣市消防本部

 所属する職員の救助技術向上と迅速で的確な人命救助を目指すため、石垣市消防本部(慶田城用充消防長)と海保石垣航空基地(大河内克朗基地長)は6月30日、石垣市消防本部で「救助・救急等の技術にかかる相互協力に関する覚え書き」を締結した。

 同覚え書きは、石垣航空基地が市消防職員に懐中捜索や海中作業の指導助言を行い、市消防は同航空基地にトリアージ訓練など、救助や救急等に関する指導を行うもの。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html