2016年

1月

17日

「現地」「旧空港跡地」二者択一 来月7日の住民投票

 石垣市新庁舎の建設位置を問う住民投票の選択肢は「現庁舎敷地」「旧空港跡地」の2つ。東日本大震災の教訓を踏まえ高台移転するか、中心市街地の空洞化を防ぐため現地にとどまるかが判断の分かれ目となる。

 県が想定する津波浸水被害は、現地の場合が2㍍以上5㍍未満。美崎町は埋め立て地のため、液状化による被害も考えられる。このため市役所を現地で建て替える場合は、6階程度の中高層ビルを建設し、避難ビルとしても活用できるようにする。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html