2016年

1月

20日

八重山芸能を披露 仲宗根さん、観光客ら魅了 那覇市

鮮やかな紅型衣装で「上原ぬ鳥節・でんさ節」を踊った=16日午後、ひやみかちマチグァー館(那覇市)
鮮やかな紅型衣装で「上原ぬ鳥節・でんさ節」を踊った=16日午後、ひやみかちマチグァー館(那覇市)

八重山民謡の唄者で、那覇市文化協会八重山芸能部会の会長である仲宗根充さんが16日午後、那覇市の平和通りにある「ひやみかちマチグヮー館」で、芸能公演「琉球芸能・八重山の歌と踊り」を行った。仲宗根さんのほか、玉城弘子さん(八重山古典民謡筝曲保存会)、国吉昭子さん(孫明太鼓の会)、中野夢さん(笛)の地謡と、八重山舞踊勤王流祥吉範乃会(新垣範会主)の踊りが観客を魅了した。会場は県外、海外からの観光客や八重山民謡ファンなどで満席となり、この日の2回公演で延べ200人以上が訪れた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html