2016年

1月

26日

台湾の小、中学校と交流へ 5月、石垣2校で受け入れ

今月19日、宜蘭県岳明小を訪れ、学校側から説明を聞くYVBメンバーら(YVB提供)
今月19日、宜蘭県岳明小を訪れ、学校側から説明を聞くYVBメンバーら(YVB提供)

 台湾からの修学旅行(教育旅行)誘致に向け、八重山ビジターズビューロー(YVB)の高嶺良晴理事長ら7人が18日から3日間、石垣市の姉妹都市である台湾蘇澳鎮で小、中、高校を訪れた。このうち南安国民中学校と岳明国民小学校は5月に石垣市を訪問する予定で、市教育委員会は石垣第二中、真喜良小での交流受け入れを軸に調整している。

 YVBは県の一括交付金を活用して蘇澳鎮を訪問。高嶺理事長のほかYVB理事で県八重山教育事務所長の武田智氏、八重山教育旅行誘致委員会委員長の兼島英樹氏らが参加した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html