2016年

2月

10日

伝統工芸に興味持って ミンサー織り体験 特別支援学校

ミンサー織りを体験する生徒と講師を務めた大浜公江さん
ミンサー織りを体験する生徒と講師を務めた大浜公江さん

 八重山特別支援学校(玻名城安教校長)は9日午前、大浜公江さん(みんさー工芸館取締役常務)を講師に招き、みんさー織りの体験学習を行った。
 同実習は郷土の伝統工芸に慣れ親しみ、関心を持たせるため、およそ30年前から毎年行われているもので、高等部の作業学習で「家庭」を履修している生徒4人が参加した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html