2016年

2月

17日

県政の柱は「辺野古阻止」 翁長知事が所信表明 離島の水道広域化推進

翁長雄志知事が2016年の所信表明演説を行った=16日午前、県議会
翁長雄志知事が2016年の所信表明演説を行った=16日午前、県議会

 16日開会した県議会2月定例会で、翁長雄志知事が所信表明演説を行った。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設について「辺野古の新基地は造らせないということを引き続き県政運営の柱にし、県外移設を求めていく」と言明した。危険性除去については「5年以内の運用停止を含め、政府と調整する」と述べた。辺野古沿岸の埋め立て取り消し訴訟については「県の訴えが正当であることを主張・立証する」と改めて政府との対決姿勢を鮮明にした。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html