2016年

2月

23日

草舟航海の実証へ 台湾→与那国→西表まで可能か 再現プロジェクトに支援を 国立博物館

「日本人はどこから来たか」を説明する海部陽介氏=22日午後、健康福祉センター
「日本人はどこから来たか」を説明する海部陽介氏=22日午後、健康福祉センター

 国立科学博物館は、与那国島に自生する雑草を束ねた草舟で、台湾から与那国、与那国から西表まで航海が可能か実証する「3万年前の航海再現プロジェクト」(海部陽介プロジェクトチーム代表)を企画しており、22日健康福祉センターで説明会を行った。

 

 説明会で海部氏は、「日本人はどこから来たか」と題し、石垣島の白保竿根田原遺跡や沖縄本島にある遺跡の状況から、日本人はおよそ3万年前、船に乗り台湾方面から移住してきたとの学説を示し、当時の技術で製造可能であった草舟で台湾から与那国まで航海可能か実証したいと述べた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html