2016年

2月

25日

死者数最大2千人超 石垣島東方沖地震で予想

 石垣市は24日に公表した地域防災計画の修正案に、石垣島東方沖地震と津波が発生した場合、死者数は2119人、建物の全壊数は4680棟に上るとの県の被害想定を掲載した。沖縄近海で最大クラスの地震、津波を想定した場合、津波到達時間は平野地区で3~5分、最大遡上高は伊野田地区で38・4㍍と予想されている。
 被害想定は、過去の震災データなどをもとに県が推計。このうち、八重山諸島南西沖、同南方沖、石垣島南方沖など、八重山関係で震源地が異なる10パターンの地震を想定したものを、そのまま市の地域防災計画修正案に掲載した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html