2016年

2月

25日

犯人役、木刀で威嚇 沖縄公庫支店で防犯訓練

訓練で犯人役が木刀で職員を威嚇し、600万円を強奪したという設定=24日、沖縄振興開発金融公庫八重山支店
訓練で犯人役が木刀で職員を威嚇し、600万円を強奪したという設定=24日、沖縄振興開発金融公庫八重山支店

 2015年に沖縄県内で25件の強盗事件が発生していることもあり24日、沖縄振興開発金融公庫八重山支店(古堅宗俊支店長・職員12人)で防犯訓練が行われ、犯人役2人の警察官が大声で職員に命令し、木刀を振り回し床に打ち付けて威嚇するなど本番さながらの訓練となった。
 訓練内容は、犯人役2人がカウンターに近づき、現金600万円を要求し、現金強奪後、店外に逃走して、職員が車にカラーボールを投げ、警察署に逃走方向や服装、車のナンバーなどを適切に通報するもの。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html