2016年

2月

26日

「がんじゅーどー」で健康に ウォーキング向けゴム舗装

「がんじゅーどー」整備後のイメージ図
「がんじゅーどー」整備後のイメージ図

 県は、住民の健康づくりの一環としてウォーキング、ジョギング、サイクリングしやすい道路を整備する「がんじゅーどー事業」を県内5地区で進めている。石垣市では、長間橋付近からバンナ公園南口付近までの1・8㌔を整備する計画で、昨年から工事に着手。従来のアスファルト舗装に代わり、歩行者のひざへの負担が少なく、転倒しても比較的安全な「ゴム弾性舗装」などを行う。八重山土木事務所維持管理班の担当者は「年間を通じて安心してウォーキングなどができる。長寿県沖縄の復活を目指したい」と意気込む。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html