2016年

2月

27日

感染情報 PCで共有 市内18施設に導入

サーベイランスで感染症状況を確認する伊本剛主任=26日、八重山福祉保健所
サーベイランスで感染症状況を確認する伊本剛主任=26日、八重山福祉保健所

 国立感染症研究所感染症疫学センターが提供する「保育園サーベイランス(Surveillance)」が石垣市内の公立保育園と認可保育園の計18施設で導入されており、インフルエンザなどの集団感染症をリアルタイムで共有できる体制となっている。

 これまで保育園などの感染症情報は、園自体が発信しないとわからなかったが、各園がサーベイランスに感染症情報を入力すると近隣の感染症流行状況が把握できるため、事前の対策が取りやすくなる。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html