2016年

3月

10日

中国発客船の寄港中止 尖閣問題で圧力指摘も

 スタークルーズ社が中国人観光客を八重山に送客するため、今年から計画していたクルーズ船「スーパースターリブラ号」の石垣寄港が中止になったことが9日までに明らかになった。中国発で7月から34回寄港する予定だったが、船舶代理店の沖縄シップスエージェンシー(松田新一郎支店長)によると、寄港地は宮古島に変更される。理由は不明だが、尖閣諸島問題に絡んだ中国政府の圧力という見方も出ている。
 同社が台湾人観光客を八重山に送客している「スーパースターアクエリアス号」も今年から寄港地の一部を宮古島に変更した。クルーズ船は八重山観光の柱の一つになっているが、同社が寄港地を八重山から宮古島へシフトさせる傾向が鮮明になった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html