2016年

3月

13日

作ろう防災バッグ 災害から家族守る 防災カフェ

親子連れなどが防災バッグ作りを行った=12日、白保公民館
親子連れなどが防災バッグ作りを行った=12日、白保公民館

 東日本大震災から5年が経ち、防災面での教訓を生かそうと「family防災カフェ」(主催・NPO八重山ハザードマップ研究会)が12日、白保公民館で開かれ、親子連れの参加者が来場し、防災バッグの作り方や講話などから家庭でできる防災術を学んだ。

 防災士の川満陽一さんが防災バッグの中身の選び方を参加者に紹介。基本的な装備としてライト・水・携帯電話を挙げる。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html