2016年

3月

18日

「オメガ」を介助犬に認定 障がい者の手助けに期待 県内初

デモンストレーションを行う新開さんと介助犬「オメガ」=17日午前、八重山合同庁舎
デモンストレーションを行う新開さんと介助犬「オメガ」=17日午前、八重山合同庁舎

身体に障がいがある人の生活を手助けする「介助犬」の認定に向け、トレーニングを続けてきた新開秀雄さん(51)とオスのラブラドールレトリバー「オメガ」(3歳)は先月、認定試験に合格し、17日八重山合同庁舎で介助犬給付式が行われた。介助犬の認定は県内初。
 徐々に手足の力が弱まる難病、脊髄性筋萎縮症の新開さんは、本部町に在住していた3年前に介助犬の存在を知り、昨年11月からオメガと共に、愛知県にある介助犬総合訓練センターで訓練を重ねてきた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html