2016年

3月

23日

さまざまな「舞姿」披露 市出身の山里恵子さん 浦添市

山里恵子さん(右)、静香さん(左)が「古見ぬ浦節・とぅばらーま」を親子共演した=21日午後、国立劇場おきなわ(浦添市)
山里恵子さん(右)、静香さん(左)が「古見ぬ浦節・とぅばらーま」を親子共演した=21日午後、国立劇場おきなわ(浦添市)

 八重山伝統舞踊勤王流惠の会の会主で石垣市白保出身の山里恵子さんの独演会「舞姿 春風に舞う」(主催・有限会社スタジオ1011)が21日午後、浦添市の国立劇場おきなわで開催され、郷友や八重山芸能ファンなど約250人が訪れ、舞台を楽しんだ。
 公演は2部構成で、第1部は八重山伝統舞踊、第2部は創作舞踊中心に行われた。艶やかな女踊りや快活な男踊り、創作舞踊など、演目ごとにさまざまな表情を見せる舞踊に、観客は大きな拍手を送った。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html