2016年

3月

24日

さわやかに晴れ、まだ日差しも…

 さわやかに晴れ、まだ日差しも強くない午前中に街を歩くことは楽しい。20日に石垣市民憲章推進協議会が実施した「健康づくりウォーキング」。参加者の生き生きした表情を見て、久しぶりに歩きたくなった◆体調が悪くなると足取りが覚束なくなり、病が重くなると、もう歩けない。軽やかな歩行こそ、健康のシンボルだ◆歩くと考えがはかどる人は多い。沈思黙考する精神と、活発に手足を動かす肉体とのバランスが取れるからだろう。有名な推理作家にも、歩きながらストーリーやトリックを組み立てるという人がいた。それに歩く仲間がいれば会話も弾む。車を持たなかった学生時代、目的地まで友人と長い道のりを歩き、話題が尽きなかったことを思い出す◆しかし社会人になると、歩きたくても歩けないことに気づいた。仕事は時間厳守だから、車に乗らないわけにはいかない。昼間はとにかく忙しい。それならと涼しい夜に歩くと、道路には猛スピードの車がうようよして、危険極まりない。ダイエットでウォーキングやジョギングに励む人は多いが、痩せるために本当に必要なのは運動ではなく食事制限だ◆しかし、そう言って歩くことを億劫がるのは、老化が進んだ証拠だろう。渋る気持ちを叱咤激励して、スニーカーを履こう。