2016年

3月

25日

出前授業で模擬投票 市選管、5月に初計画 18歳選挙権 高3対象

大分県選挙管理委員会では小中学生を対象に「マニフェスト選挙ゲーム」を行い、どのようなまちを作りたいか話し合って投票した(総務省資料)
大分県選挙管理委員会では小中学生を対象に「マニフェスト選挙ゲーム」を行い、どのようなまちを作りたいか話し合って投票した(総務省資料)

 石垣市選挙管理委員会が2016年度5月のゴールデンウィーク(GW)明けに、市内の高等学校で出前授業での模擬投票を計画していることが24日までにわかった。市選管の出前授業は初の試み。模擬投票の内容は、2月に行われた石垣市役所の建設位置を問う住民投票。18歳にも選挙権が付与され、クラスに有権者が誕生することから、投票の仕組みを伝える狙いがある。対象は新高校3年生を予定している。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html