2016年

3月

31日

忘勿石の碑 遊歩道完成  進入道路は8月供用開始へ 西表東部

忘勿石の碑の裏側に入る形の遊歩道が完成した=3月8日撮影、竹富町提供
忘勿石の碑の裏側に入る形の遊歩道が完成した=3月8日撮影、竹富町提供

 西表島東部の南風見田海岸に建立されている忘勿石の碑に通じる遊歩道が25日に完成した。階段と平坦路を合わせたもので全長108㍍。竹富町は2016年度事業で町道からの進入道路と駐車場を一括交付金事業で整備する。8月から9月ごろの供用開始を目指す。

 完成した遊歩道の階段は一部、急勾配(こうばい)となっており、島民から「高齢者が歩きづらい」と指摘を受けていることについて商工観光課は、「国有地を借りて最短コースにした。(道路から)碑まで高低差が15㍍あり、(現場が)沖縄県の保安林でもあるため伐採もできない。スロープは現状では難しかった」と説明した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html