2016年

4月

02日

商品開発目指し試食会 波照間産「もちきびだんご」 八重農

提供された3色のきびだんご。
提供された3色のきびだんご。

 【波照間】八重山農林高校(渡久山修校長)製菓・製パン部の新3年生4人は、波照間島産のもちきびを原材料とした「もちきびだんご」100食を作り、2日午後、波照間島内三カ所で試食会を行った。同部では昨年夏から新商品プロジェクトを立ち上げ「もちきび」を利用した商品開発に取り組んでおり、試食会は同校内、ゆらてぃく市場についで3回目。

 波照間島の中心部にある名石売店前では、午後2時から八重農高生2人が観光客や子どもたちに試食やアンケートを行い、約20分で品切れとなった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html