2016年

4月

14日

夏そろそろ到来 平年より3週間早い開花 天文台のテッポウユリ

万勢岳の石垣島天文台の入口でテッポウユリが花を咲かせた=12日夕、同所
万勢岳の石垣島天文台の入口でテッポウユリが花を咲かせた=12日夕、同所

 竹富島、小浜島、黒島、西表島が一望できる万勢岳(標高197㍍)にある石垣島天文台入口で、白い清楚なテッポウユリが開花した。
 12日の夕方、気温は26度に上がり、夏の到来を思わせる中、9輪の花が咲き、周囲は独特の香りに包まれた。
 沖縄県造園建設業協会支部会員で、花と緑あふれる地域コンクール審査員代表の新垣能一さんは「テッポウユリは4月中旬につぼみを付け、5月上旬は満開する。天文台の開花は3週間ほど早い。市街地での多くはまだつぼみを持っている」と話す。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html