2016年

4月

20日

約27%が「問題飲酒」 20代女性、全国比4倍

 八重山保健所健康推進班が19日、「八重山地域における飲酒実態」についてまとめ、八重山地区の20代女性27・3%が「問題飲酒ではあるがアルコール依存症までは至っていない」「アルコール依存症が疑われる」を含む「問題飲酒」以上で全国比の約4倍となっていることがわかった。男性はどの年代でも「問題飲酒」以上となっており、全国比の約2倍。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html