2016年

4月

20日

赤い羽とさわやかな鳴き声 リュウキュウアカショウビン

 「キュロロロロ」久々の鳴き声は、やはり際立ってさわやかだ。
 11日、石垣市クリーンセンター近くの雑木林でリュウキュウアカショウビンの鳴き声が聞こえた。目を凝らして探すと、赤く動く野鳥が見える=写真。隣にはキジバトだ。しばらく赤い姿を見せた後、飛び去った。
 夏鳥のリュウキュウアカショウビンは、フィリピンなど東南アジアで越冬して、3月から4月にかけて八重山に飛来し、営巣して繁殖。秋には南へ飛び去る。独得な鳴き方が知られており、梅雨に入るとこの声が原野からよく聞こえてくる。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html