2016年

4月

30日

「日本に新政権試す思惑」 台湾支持、厳しく対日批判

 日本が東京都・沖ノ鳥島沖の排他的経済水域(EEZ)で台湾漁船を拿捕(だほ)したことを受け、中国国営テレビは28日、「この時期に日本が台湾船を拿捕した思惑は(総統就任直前の)蔡英文氏の出方を試すためだ」と主張する研究者のコメントを放送した。蔡氏が率いる民進党は日本に対して弱腰だと非難して馬英九政権支持を鮮明にし、反日感情をあおった。

 中国国営テレビに出演した研究者は、沖ノ鳥島について「島でなく、岩であることは疑問の余地がない」として「沖の鳥礁」と呼ぶべきだと主張。アナウンサーも終始「沖ノ鳥礁」という呼称を使い、日本の排他的経済水域(EEZ)を認めない姿勢を示した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html