2016年

5月

11日

育鵬社版の不採択を要請  住民の会、採択協に

 子どもと教科書を考える八重山地区住民の会(共同代表・江川三津恵氏ら10人)は10日、石垣市教育委員会(石垣安志教育長)を訪ね、同委員会と教科用図書八重山採択地区協議会(崎原用能副会長)に対し、育鵬社版公民教科書を採択しないことなどを要請した=写真。
 要請で同会の江川共同代表は、現在石垣市と与那国町で採択されている育鵬社版の公民教科書は、学習指導要領の趣旨にもとる問題の多い教科書だと指摘した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html