2016年

5月

13日

〝継承の拠点〟関心喚起課題  八重山平和祈念館 入館者数、1日13人

今年4月、八重山平和祈念館を訪れた県外の修学旅行生(資料写真)
今年4月、八重山平和祈念館を訪れた県外の修学旅行生(資料写真)

 八重山戦争マラリアの悲惨な歴史を継承する拠点となる八重山平和記念館だが、住民の関心喚起が課題になっている。同館のまとめによると、2015年度の入館者数は4160人で、一日平均13人。6月23日の「慰霊の日」に向けて児童生徒の平和学習などが活発に行われているが、一般住民はなかなか足を運んでいないのが現状。同館の担当者は「ホームページの充実など、情報発信の強化を進めたい」と話す。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html